arrow_back JOURNALDecember 2017 arrow_forward
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
26
27
28
29
30
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01
02
03
04
05
06
closeCLOSE

【UX MILK主催】freeeに集う“UXデザイナー” 3つのバックグラウンド徹底解剖

UX MILKが主催する、サービスやプロダクトづくりの現場や働き方をテーマとした勉強会&交流会イベント「UX MILK Workstyle」。10月11日に開催されたvol.9となる回では、クラウド会計ソフトを提供しているfreee株式会社における、UXデザインの取り組みや事例に焦点が当てられた。参加者はUX中級者から上級者で、イベント中盤には全員参加型ワークショップも開催した。その内容を紹介しよう。
TEXT BY REIKO MATSUMOTO
17-10-30-Mon
伊原 力也(いはら・りきや)
freee株式会社 UXデザイナー
9 6(KuRo・くろ)
freee株式会社 UXデザイナー
神戸 慎一(かんべ・しんいち)
freee株式会社 UXデザイナー
関口 聡介(せきぐち・そうすけ)
freee株式会社 ICX(Internal Communication & eXperience)

freeeにおけるチームの働き方を考えたい

イベントの司会を務めたのは、UX MILK三瓶氏とfreee関口氏。

関口 今回のイベントは、freeeにおけるチームの働き方や、組織の中でどうデザイナーが輝いていくかが皆さんに伝わるイベントにしたいと、デザイナーチーム一丸となって考えました。freeeのミッションは、「スモールビジネスに関わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるようサポートすること」。大型の資金調達もして、全メンバー熱く毎日がんばっているところです。皆さんのイメージと異なるかもしれませんが、社員の想いとしては「これからの会社」なんです。

そんな関口氏の熱いトークから始まったイベントのプログラム第一部は、freee所属のUXデザイナーによるライトニングトーク3本立て。ルーツの異なる3人のUXデザイナーが登壇し、これまでの経験や仕事におけるこだわりを披露してくれた。

ディレクター出身UXデザイナーは、ユーザーの行動を理解することにこだわる

一人目に登壇したのは、ディレクター出身のUXデザイナー、伊原力也氏。実は7営業日前に入社したばかりだという。

伊原 わたしは、2000年頃、アルバイトでWEBサイトを作ることからキャリアをスタートしました。当時はiモードの公式サイトを作ったりしていましたね。IA(情報アーキテクチャ)をやりたかったんですけど、そのとき勤めていた会社にかけあったら『そんな仕事はうちにはありません』と言われて。

そのため、まずマークアップエンジニアとしてキャリアをスタートし、

この記事の続きを読むには
「無料会員登録」または「ログイン」が必要です。

Facebookで登録・ログインする
メールアドレスで登録する場合はこちらから