INSIGHT
NUMBER
38

押さえておきたい資金調達ニュース──ソニーが注目する香りを可視化するセンサーや、著名エンジェル投資家が支持する資金調達管理プラットフォームなど

資金調達が活況となり、日々のニュースが溢れている。
全てを追いきれない読者のために、FastGrowでは週次で国内外スタートアップの資金調達ニュースを紹介。
今週は日本から4社をピックアップした。

2019年3月4日〜2019年3月10日分

過去の週報はこちら

  • TEXT BY HAYATE KAWAJIRI
  • EDIT BY TOMOAKI SHOJI
SECTION
/

ニューラルポケット:画像や映像をAI技術で解析し、各領域を効率化させる

ニューラルポケット

資金調達概要

調達額
6億円
調達先
未来創生ファンド
シニフィアン
みずほキャピタル
SMBCベンチャーキャピタル
Deep30

サービス概要

画像や映像を解析するAI技術の研究開発と事業化を展開。ファッション、スマートシティ、デジタルサイネージ(広告)にAIを活用し、未来社会の実現を目指す。

これまではファッショントレンド解析サービス「AI MD」を展開し、トレンド把握に基づく商品づくりと、洋服値引や廃棄の縮小を通じた顧客企業の収益化に取り組んできた。

今回の資金調達を機に、社名を「ファッションポケット株式会社」から「ニューラルポケット株式会社」へ変更。事業領域をファッション以外にも拡大し、アジアを代表するグローバルAI企業への飛躍を目指すという。

また、シニフィアン株式会社と資本業務提携を結び、共同代表の3名が顧問に就任した。同社の企業ネットワークや事業成長ノウハウを活かし、事業を一層加速させていく。

SECTION
/

DIRIGIO:テイクアウトする料理を事前注文・決済し、待ち時間をなくす

DIRIGIO

資金調達概要

調達額
7000万円
調達先
KlabVenturePartners
iSGS
Japan Angel Fund
西川順氏
赤坂優氏
有安伸宏氏

サービス概要

テイクアウトする料理を事前に注文・決済し、待ち時間なくキャッシュレスで出来たてのまま商品を受け取れるサービス「PICKS」を展開。スマホアプリから事前に注文と決済を済ませる仕組みは「モバイルオーダー&ペイ」と呼ばれており、海外ではスターバックスやマクドナルドをはじめ、様々なシーンで活用が進んでいる。

2018年5月のサービス開始からパートナー店舗は増加し続けており、2019年3月現在で国内の約175店舗で導入されているという。

軽減税率に導入による外食と中食の価格の違いをはじめとして、中食への大きな風が吹く中、テイクアウトプラットフォームしてさらなるスケールアップを行っていく。

SECTION
/

アロマビット:国内外で注目されるニオイセンサーを開発する

アロマビット

資金調達概要

調達額
2億5000万円
調達先
Sony Innovation Fund
既存株主(名称非公開)

サービス概要

香りを可視化するイメージングセンサーと同センサーを活用した新サービスを開発。同社のセンサーは、特定物質を検知する従来のガスセンサーと異なり、生物の嗅覚のように様々なニオイを入力すると可視化パターンを出力してくれるという。

食品や日用品、ロボティクス、モビリティ、アグリカルチャーなどの領域で、当初の想定を超える広範囲な用途顧客から、国内外で問い合わせや商談が増加しているという。

今後は、イメージングセンサーのさらなる高機能化や小型化に加え、新サービスの開発や世界初のデジタルニオイデータベース拡充、グローバル展開への組織体制を強化していく予定だ。「ニオイイメージング技術を通して、ニオイ・カオリが可視化された世界を実現し、より豊かな社会を実現する」という同社のビジョンを追求していくという。

SECTION
/

smartround:著名エンジェル投資家が支持する、資金調達管理プラットフォーム

smartround

資金調達概要

調達額
5500万円
調達先
赤坂優氏
朝倉祐介氏
有安伸宏氏
伊藤英佑氏
漆原茂氏
海老根智仁氏
荻原国啓氏
片尾英和氏
久保泰一郎氏
佐藤裕介氏
島田亨氏
杉山全功氏
関喜史氏
孫泰蔵氏
高梨大輔氏
高野秀敏氏
中川綾太郎氏
三木寛文氏
山木学氏
脇丸俊郎氏

サービス概要

スタートアップの資金調達業務や株主とのコミュニケーションを円滑にし、投資家の各種業務を効率化するプラットフォーム「smartround」を提供。

調達ラウンド管理や契約書などのファイル共有といった起業家や投資家に嬉しい機能を兼ね備えたサービスとなっている。ファイナンスに詳しくない起業家でも、ガイドに沿って必要事項を入力するだけで適切な資金調達の計画が作成でき、資本政策のシミュレーションが可能という。投資家との円滑なコミュニケーションもサポートする。

今回の資金調達では自社サービスを一部活用し、20人超の著名エンジェル投資家からの出資を実現したという。今後は商用サービスの公開に向けて、機能改善を進める予定だ。

今週は計4社の調達状況を紹介した。今後も、FastGrowは週次で調達状況を発信していく。

関連タグ

執筆

川尻 疾風

ライター・編集者(モメンタム・ホース所属)。在学中に、メルマガ・生放送配信やプロデュース・マネジメント支援を経験。オウンドメディアやSNS運用などに携わったのち、現職へ。起業家やクリエイターといった同世代の才能と伴走する存在を目指す。

編集

庄司 智昭

ライター・編集者。東京にこだわらない働き方を支援するシビレと、編集デザインファームのinquireに所属。2015年アイティメディアに入社し、2年間製造業関連のWebメディアで編集記者を務めた。ローカルやテクノロジー関連の取材に関心があります。

デスクチェック

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。 「ライフハッカー[日本版]」副編集長、「北欧、暮らしの道具店」を経て、2016年よりフリーランスに転向。 ライター/エディターとして、執筆、編集、企画、メディア運営、モデレーター、音声配信など活動中。

こちらの記事は2019年03月13日に公開しており、記載されている情報が異なる場合がございます。