開催済
08/27 11:00-11:50
1日程

【CFO鼎談】「上場」と「調達」の裏側
非連続的成長を遂げる3社の「迷いと決断」から学ぶ

登壇者
山田 聡

三菱商事株式会社でロシア・カザフスタン向けの自動車販売事業・現地販売会社のM&A及びPMIを経験。その後、米系PEファンドであるCarlyle Groupに参画し、おやつカンパニーやオリオンビールの投資・PMIを実行。Wharton MBA(2017年)。10X以外にもVoreas北海道を始めとするスポーツチームの経営支援に関わる。

関連タグ

レイターステージで○億調達、上場まで後もう一歩?
上場への道がそんなに甘い訳がない、
これが調達と上場のリアルだ!

日本のマーケットの評価が変化し、海外VCやクロスオーバー投資家の参戦が活発になり、盛り上がりを見せた昨年の国内スタートアップ市場。

一方で、昨今のウクライナ情勢や、ウィズコロナ下の影響により、常に経済には不安定さがつきまとっている。

しかし、先の見えない今だからこそFastGrowは皆さんに発信する、
調達を終えた経営陣は「今」何を考えているのか、上場をいかに見据えるのか?

ミドルステージ・レイターステージ・プレ IPOといったフェーズの異なる3社が明かす「調達と上場のリアル」

また、調達目的もタイミングも企業によって千差万別。
教科書的な知識ではなく、特に世界情勢や金融動向が不安定な今、どのような条件・タイミングで調達すべきなのだろうか?

本イベントでは、教科書的な理論に止まらない、「上場」に立ちはだかる壁、生々しいほどの「調達」のリアルを3社の視点から皆様にお届けします。

10X:昨年シリーズBで15億の調達
READYFOR:2022年7月 シリーズ C ラウンドで約17億円を調達
AnyMind Group:IPO延期発表から4ヶ月後に約50億円の調達

こんな話をします

  • 上場を視野を見据えることで見えてきた壁、経営者自信が乗り越えなかければならない最大の難所とは
  • 上場は手段か?ゴールか?三者三様の考え方
  • 長期目線でのファイナンスと、目先の事業施策。ベストな意思決定をするためには

イベント概要

お申し込み

外部申し込み

開催日時

2022年08月27日(土)11:00-11:50

申込締切日

2022年08月27日(土)11:00

お問合せ先

FastGrow事業部

E-mail:fastgrow@slogan.jp

開催方法

オンライン

開催は終了しました

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン