とりあえず起業したい人が今身につけるべき「起業戦闘力」とは【Payme後藤×TIGALA正田対談】 | Pedia News | Encyclopedia of Startup News

9月20日、渋谷・株式会社CAMPFIREのイベントスペース内で、連続起業家コミュニティ「pedia salon」が主催する、株式会社ペイミー代表・後藤道輝さんとサロン代表の正田圭との対談イベントが開催されました。 テーマは「起業戦闘力を高めろ!」起業するうえで欠かせない基礎力として定義した「起業戦闘力」について、起業家ならではの意思決定や苦悩を実体験を交えて語っていただきます。 白熱したトークで盛り上がったイベントの様子を、レポートとともに追いかけていきましょう。 ビジネスモデルよりも先に身につけるべきなのは「起業戦闘力」 まずは、今回のテーマでもある起業戦闘力について、「pedia salon」代表の正田が語ります。 正田圭(まさだ・けい) 15歳で起業。インターネット事業を売却後、M&Aサービスを展開。事業再生の計画策定や企業価値評価業務に従事。2011年にTIGALA株式会社を設⽴し代表取締役に就任。2017年12月より、「pedia」を運営。 著書に『サクッと起業してサクッと売却する』『ビジネスの世界で戦うのならファイナンスから始めなさい』『15歳で起業したぼくが社⻑になって学んだこと』(いずれもCCCメディアハウス刊)がある。 正田:「起業戦闘力」は、僕が主宰を務めるpedia salonのなかで3ヶ月前から流行っている言葉なんです。起業時のビジネスモデルを考えるよりも先にやるべきことがあるよねと思って僕がつくった造語です。 というのも、起業しようと考える人って、みんなとりあえずビジネスモデルを考えはじめるんです。でも、一度考えてみてほしくて。ベンチャー界隈を見てみると、本当に儲かるのかわからないけれど、しっかりと資金調達ができている企業もあると思うんですね。 それはきっと、起業戦闘力が強いことの証なんです。ちなみに、ここでいう起業戦闘力とは、メディアに取り上げられたり、人に愛されたりといった項目などを総合的に見た力のことを指します。 僕のサロンでは、ビジネスモデルを考えるよりも前に、起業戦闘力を高めてほしいです。ビジネスモデルを問わない方法で起業できるような人材の育成をしたいと思って、起業戦闘力の向上を目指しています。 起業戦闘力を構成する10の要素…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

Pedia Newsに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン