連載 “大丸有”から生まれる、イノベーション最前線

世界で保険会社140社にAI自動車事故損害調査ソリューションを導入。独インシュアテック企業が考えるレガシー産業と新興テクノロジーの付き合い方。

ディープラーニング、AI、機械学習などの最先端技術が、私たちの日々をより豊かに便利なものへと変化させている。国内でAI活用が叫ばれるようになったのは2008年頃と13年も前のことだが、未だにAIを賢く活用できている企業はそう多くないのが事実ではないだろうか。 今回、話を伺ったのはドイツに本社を構えるインシュアテック企業、ControlExpert。2019年に日本法人を立ち上げ、組織こそ小規模ながらすでに大手損害保険会社との取引を行うなど、着実に実績を積み上げている。 彼らが得意とするのは、自動車事故損害調査分野だ。ディープラーニングやAIなどの技術とカーエキスパートであるアジャスター(*)との融合によって、迅速かつ高い精度で自動車事故損害調査を行う。 ControlExpertのドイツ本社が立ち上がったのは2002年、それから19年に渡って最先端技術を取り入れながら世界中に140社を超える顧客を抱えて成長を遂げてきた。今回は、日本法人CEOである望月重成氏にAIを始めとする最先端技術との良い付き合い方について尋ねる。 *アジャスター・・・自動車事故の損害調査業務を行う専門職員 …

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

xTECHに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン