現在、サイト上の画像表示に障害が出ております。

デザインの力でビジネスを前進させる、グローバルデザインカンパニー

株式会社グッドパッチ

掲載中の求人
中途採用
【Design Div】プロジェクトマネージャー
中途採用
【Design Div】アカウントマネージャー
中途採用
【Design Div】UXデザイナー
ミッション
ハートを揺さぶるデザインで世界を前進させる
主要な運営サービス

ReDesigner

https://redesigner.jp/

ReDesigner(リデザイナー)は、デザイン会社がはじめた、デザイナー特化のキャリア支援サービスです。デザインの専門知識を持ったエージェントが、デザイナーと企業の間でしっかりサポートします。

ReDesigner for Student

https://student.redesigner.jp/

ReDesigner for Studentは、デザイナーを目指す学生と、デザインの力を信じる企業をマッチングする就活プラットフォームです。

Goodpatch Anywhere

https://anywhere.goodpatch.com/

Goodpatch Anywhereは日本や世界各地から集まるデザインチームです。UI/UXデザイナーをはじめ様々なスペシャリティを持つメンバーで構成されたチームが、フルリモートであなたのプロジェクトをサポートします。

Strap

https://beta.strap.app/

リモートコラボレーションの可能性を広げるクラウドワークスペース『Strap』のβ版の利用登録を開始しました。現在β版を公開中です!

Prott

https://prottapp.com/ja/

Prottはアプリやサービスのアイディアを素早く形にし、チームでのコラボレーションを円滑にするプロトタイピングツールです。UIデザイン会社・グッドパッチが提供しています。

代表者
土屋 尚史

btrax Inc.にてスタートアップの海外進出支援などを経験し、2011年9月に株式会社グッドパッチを設立。自社で開発しているプロトタイピングツール「Prott」はグッドデザイン賞を受賞。2017年には経済産業省第4次産業革命クリエイティブ研究会の委員を務める。2018年にデザイナーのキャリア支援サービス「ReDesigner」を発表。

注目ポイント
  • クライアントの課題にデザインパートナーとして並走する、ほかにはないやりがい。事業の最上流戦略レイヤーとユーザーニーズをつなぎ、一貫性のあるプロダクト開発から文化醸成まで一気通貫で支援を行う
  • デザイナー・エンジニアが100人以上在籍しており、体系化されたプロセスにより属人性を下げ、品質の再現性を重視。社内にはナレッジが3万件以上集まり、自主的に学びを言語化し共有するカルチャーが根付く
  • メンバーは深い専門知識を持つプロフェッショナルでありながら、美大卒の人材は全体の約3割。個人の多様なバックグラウンドと指向性が尊重され、許容性と不確実性が高い環境で裁量を持って課題解決を行う

クライアントの課題にデザインパートナーとして並走する、ほかにはないやりがい。事業の最上流戦略レイヤーとユーザーニーズをつなぎ、一貫性のあるプロダクト開発から文化醸成まで一気通貫で支援を行う

表層のスタイリングのデザインだけではなく、企業の思想とユーザーニーズを一貫性ある形で繋ぎ、本質的な事業の成長に貢献します。事業と組織両方を支援することで、一気通貫の支援を実現しています。

ブランドエクスペリエンスやビジネスデザイン、UI/UXデザイン、開発など複数領域にまたがる専門性を持ち、プロジェクトの性質に応じて最適なチームを組んでゴールに向かって共創する体制を構築。0→1からグロースまであらゆる事業フェーズに対応し、経営者や事業責任者のデザインパートナーとして戦略立案からプロダクト開発、グロースまで区切ることなく並走しています。

「顧客」ではなく「パートナー」と呼ぶクライアントは、いまでは大企業からスタートアップまで多岐に渡ります。

代表的な事例としては、リンクアンドモチベーションのSaaSプロダクト「モチベーションクラウド」の立ち上げにおいて、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進による売上成長に貢献。他にも、出前館アプリのフルリニューアル、SPEEDAのユーザーリサーチやプロダクト戦略策定支援など、様々なクライアントのデザインパートナーを務め、ビジネスを前進させた実績があります。

誰もが知る企業から、急成長待ったなしのスタートアップ創業期まで、さまざまなフェーズにある事業を徹底支援できるのが、グッドパッチの大きな魅力です。

デザイナー・エンジニアが100人以上在籍しており、体系化されたプロセスにより属人性を下げ、品質の再現性を重視。社内にはナレッジが3万件以上集まり、自主的に学びを言語化し共有するカルチャーが根付く

フルリモートデザインチーム「Goodpatch Anywhere」を含むとデザイナー・エンジニアは200人以上にのぼります。メンバー同士がフィードバックし合う仕組みとしては体系化されたデザインプロセス、デザイナー育成のための社内研修、メンター制度などが挙げられます。

ナレッジを循環させるため、終了したプロジェクトは全社で振り返り、プロセスや学び、成果物を共有することで、独自のノウハウ資産が蓄積される仕組みを構築しています。クライアントと共創するデザインパートナー事業について、代表の土屋は「クライアントワークを舐めるな」とこだわりを持っており、実際にグッドパッチのメンバーはクライアントと同じ熱量でコミットしています。

クライアントの期待を超えることが求められるプレッシャー、そして経営者や事業責任者などステークホルダーを巻き込むための言語化力、構造化力が鍛えられることで、急速に成長できる環境があるのです。

「人材成長カンパニー」を目指す中で、人に向き合うことを大切にしており、人の成長に投資を続けています。社内にはメンバーの体験を向上するためのPeople Experienceチームが存在し、ビジョンとミッションに向かうためのバリュー、それを体現する様々な社内イベント、社員総会などを定期的に開催し、カルチャーを醸成し続けています。

メンバーは深い専門知識を持つプロフェッショナルでありながら、美大卒の人材は全体の約3割。個人の多様なバックグラウンドと指向性が尊重され、許容性と不確実性が高い環境で裁量を持って課題解決を行う

現在、グッドパッチでUXデザイナー、デザインストラテジスト、プロジェクトマネージャーとして働くメンバーの経歴は、美大やデザイン会社といった出自が多いわけでは決してありません。

具体的には広告代理店や外資系コンサルティングファームでのプロデューサー、ディレクター、プロダクトマネージャー、BizDevなどが大半になっています。彼らの共通点は、デザインの可能性を信じ、同社のコアバリューでもある「良いデザインを良いビジネスにする」に共感していることなのだといいます。

求められるのは、既存の枠組みにとらわれずクライアントのニーズを丁寧に深掘りして最適な解決策を提示すること。ビジネスを前進させるため、意思決定に必要な情報を言語化・構造化し、そこから新たな価値を見つけ出すことを日々実践しています。

コロナショックによって企業のDXが加速する今だからこそ、ユーザー体験の設計と、人の生産性に密接するソフトウェアのUIデザイン改善によって顧客体験価値を向上させ、企業のDX推進及び企業価値の向上に取り組んでいきます。

2020年6月30日に果たした東証マザーズへの上場。ミッションである「ハートを揺さぶるデザインで世界を前進させる」ことに、より一層スピードを上げて取り組んでいくタイミングがまさに今なのです。

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります