IT業界20年の「伝説の事業家」が描く「全員起業家・100社構想」!
サイバーエージェントで専務取締役COOを務めた西條氏が牽引する、日本を代表するStartup Studio

XTech株式会社

ミッション
XTech(クロステック)は既存産業×テクノロジーで新規事業を創出するコンセプトの会社です。 テクノロジーと掛け合わせることで劇的に変わる既存産業の変化をビジネス機会と捉え、「Startup Studio」のプロ集団が新規事業によって非連続的に新しい価値を生み出していきます。
主要な運営サービス

イークラウド 株式会社(株式投資型クラウドファンディング)

https://corp.ecrowd.co.jp/

イークラウド株式会社のコーポレートサイトです。イークラウド株式会社では、金融・IT・VC(ベンチャーキャピタル)で培ってきた経験・ノウハウを融合し、株式投資型クラウドファンディングプラットフォーム「イークラウド」を提供しています。ベンチャー投資に関する情報と機会を一般投資家に提供し、起業家には新たな資金調達の選択肢を提供します。

クロスマート 株式会社(食材のB2Bマーケットプレイス)

https://xmart.co.jp/

新たな価値を生み出す、食のマーケットプレイスをつくる

M&A BASE 株式会社(IT業界に特化したM&A仲介)

https://mabase.co.jp/

M&A BASEは、IT領域のスタートアップや大企業に対して、専門知識を持つスタッフがM&Aに関するアドバイザリー、仲介、デューデリジェンスやPMIの支援、M&A戦略の立案など、M&Aに必要な支援事業を行います。

Radiotalk 株式会社(音声配信プラットフォーム)

https://radiotalk.jp/

Radiotalk(ラジオトーク)は、無料であなたのラジオができる音声配信サービスです。

エキサイト 株式会社(インターネット関連事業)

https://info.excite.co.jp/corp.html

エキサイト株式会社は、メディア事業・ブロードバンド事業・課金事業に加え、時代変化に合わせた新規事業を生み出している、インターネット総合会社です。

XTalent 株式会社(時短×ハイパフォーマンス人材向けの転職サービス)

https://www.with-your.work/

東京23区内のWebベンチャー企業を中心に、リモートワーク可、フレックス、時短OKなど柔軟な働き方のできる求人をご紹介いたします。正社員、業務委託の案件を取り扱っています。

XTech Ventures (クロステックベンチャーズ)

https://xtech-ventures.co.jp/

XTech Ventures(クロステックベンチャーズ)は志をもって起業を考えている優秀な起業家のためのベンチャーキャピタルです。

BizSuite 株式会社(スタートアップ向け管理業務BPO)

https://biz-suite.co.jp/

BizSuiteはベンチャー企業向けに管理系業務のBPOを請け負う会社です。単純なアウトソースではなく、数々のベンチャー企業の管理系業務を担ってきたメンバーが考えた「ベンチャー企業が最低限やっておくべき業務」をこちらから提案し、作業指示の負荷をかけず、成長しているベンチャー企業の管理系業務を提供します。

代表者
西條 晋一
  • XTech株式会社 代表取締役CEO 
  • XTech Ventures株式会社 代表取締役CEO 
  • エキサイト株式会社 代表取締役CEO 

1996年に新卒で伊藤忠商事株式会社に入社。2000年に株式会社サイバーエージェントに入社。2004年取締役就任。2008年専務取締役COOに就任。2013年WiL共同創業者ジェネラルパートナー2014年、Qrio株式会社代表取締役に就任した後、2018年、XTech、XTech Ventures株式会社の2社を創業、XTechの子会社であるXTech HP株式会社を通じて、エキサイト株式会社全株式を取得し、完全子会社化。

注目ポイント
  • これぞ真のStartup Studio。創業3年目で11社のグループ会社設立。率いるのは元サイバーエージェント専務取締役COOの西條晋一氏
  • 「100社以上が集うメガベンチャーを、本気で目指す」。3年で新規事業を130以上検討し、創業以来3ヶ月に1社ペースで新会社を設立中
  • 採用像は「起業しても成功する人材」。多発的に、非連続成長する新規事業を創出し続けるべく、事業家同士がノウハウとナレッジをシェアし合うカルチャー

これぞ真のStartup Studio。創業3年目で11社のグループ会社設立。
率いるのは元サイバーエージェント専務取締役COOの西條晋一氏

現在20代でベンチャーで働く方、興味がある方の中には「西條晋一」という名前を聞いてもピンとこない方も多いのではないでしょうか?

しかし、XTechグループを知る人に「どんな会社ですか?」と聞くと、十中八九でてくるフレーズが、「西條さんが創業した会社」というものでしょう。

そんな西條氏がベンチャー界隈に関わったのはまだ20代のとき、2000年でした。サイバーエージェント時代には、10以上もの新規事業を創業し、全て黒字化を実現(うち1つであるFX事業は210億円でヤフーが買収)。同社米国法人の社長も務めたのち退任し、2013年からはFintechスタートアップであるコイニーの取締役と、ベンチャーキャピタルであるWiLの共同創業者ジェネラルパートナーを兼務。

2018年にはXTechおよびXTech Venturesを創業し代表取締役に就任。同年9月には、上場企業であったエキサイト社を55億円でTOBし、同社の代表取締役も兼任。「こんなTOBスキームめったに聞かない」と、金融関係者でさえも騒然とさせました。

このように20年以上もの間、事業家・起業家・投資家という3つの側面を持ちあわせ、ここまで多くの成功する事業に関わってきたIT業界の20年選手は、そこまで多くありません。西條氏は間違いなく、日本のベンチャー界を代表する「経験と実績ある事業家 兼 投資家」だといえます。

その西條氏が持つ事業立ち上げノウハウや実績・信用を社内のグループ企業および全メンバーが駆使しながら、「新しいことがやりたい」というスペシャリストを集め、スタートアップ企業を多発的・非連続的に生み出す。それがXTechグループの仕事の流儀です。

「100社以上が集うメガベンチャーを、本気で目指す」。
3年で新規事業を130以上検討し、創業以来3ヶ月に1社ペースで新会社を設立中

そんな西條氏が描いているのは、まさにStartup Studioを体現するビジョンです。それは、「XTechグループから100社以上を創業し、日本を代表するメガベンチャーグループになる」というもの。

そんな日本で誰も成し遂げたことがない壮大なビジョンのもとに、実績や経験ある様々な人材が吸い寄せられていく採用力も、XTechグループの凄さ。

実際にグループでは、年齢も経験も異なる多様な人材が事業家として活躍しています。

例えばミドル人材でいえば、サイバーエージェントでの子会社役員や、メルカリファンドを経てグループジョインした波多江氏。現在は、大和証券とのジョイントベンチャーであり、株式投資型クラウドファンディングプラットフォームを運営するイークラウド社のCEOを務めています。

一方で、年齢や経験を問わず、学生や新卒にも事業家として活躍するチャンスを与えるのもXTech流です。Twitterでも企業分析情報を投稿するアカウントを運用し著名となった廣川航氏が、新卒入社してすぐにグループ会社M&A BASEの取締役に就任したことでも話題をさらいました。

このように、なんといってもXTechには事業家・経営者としてのポジションが無限にあることが魅力。「100社以上のグループ企業を創造」すべく、創業から約2年経過した現在でも、3ヶ月に1社のペースでグループ会社が生まれ続けています。言い換えれば、3ヶ月に1回のペースで、企業の経営者や役員ポジションがどんどん生まれている、というわけです。

そんなハイペースでの会社設立を支えているのが、毎週木曜日に必ず開催される「新規事業会議」。XTechグループ内すべての事業責任者が集まり、全員で「次の新規事業は何をすべきか?」「いまのトレンドは何か?」をディスカッションしています。

そのため、「事業ドメインを制限していない」XTechらしく、創業から2年間で検討した新規事業案はゆうに130を越えているといいます。

採用像は「起業しても成功する人材」。
多発的に、非連続成長する新規事業を創出し続けるべく、事業家同士がノウハウとナレッジをシェアし合うカルチャーも強み

そんなXTechグループで働くことは、「トレンドを読み、社会にインパクトある事業を創造したい」、「まだ事業案はないが、絶対に起業したい、事業家になりたい」と強く想う人にとっては、学びの宝庫です。

サイバーエージェント時代や、ベンチャーキャピタリストとして事業家育成にも力を入れてきた西條氏は、事業家として必要な「情報感度」を高めるためのカルチャーや仕組みづくりにも力を入れています。

その1つの取り組みが、「10X会議」。グループ内の全経営者が月1回、一同に介し、直近の事業実績や、成功事例・失敗談をシェアするというもの。

年代を問わず、国内外のスタートアップやベンチャーのトレンド・情報収集に余念がないテック系企業から猛者がグループにジョインし、入社後も継続的に刺激を与え合うカルチャーを維持するための仕掛けです。

またXTechグループでは、「卒業後に0から起業しても成功できる起業家」の輩出を掲げていることも特徴です。著名企業で子会社社長を務めた経験がある人材ですら、いざ実際に起業してみると、「定款の書き方がわからず登記が進まない」、「本社に任せきりだったから経理が全くわからない」といった、「人任せ」にしていた業務につまづくことがよく起こります。

XTechグループでは、本当の意味で「起業家と同じ体験」をしてもらうため、グループ内で会社設立する場合は、社長になる人に定款作成や登記といった作業も任せることにしています。

グループ内で起業した後ももちろん、カルチャーや組織づくり、外部からの資金調達の方針までも、その企業のCEOが決定権を持っているため、まさに経営方針は千差万別。「なぜここまで自由なのか」と驚くほど「グループ企業の社長の自由にさせる」方針には驚くばかりだと経験者は語ります。

これは一重に、サイバーエージェントのようなメガベンチャーでの企業立ち上げから、XTech自体の起業まで幅広く経験している西條氏だからこそ。「グループにいながらにして、本当の起業家と同じ経験ができる環境」にこだわっているからだといいます。

年代を問わず、「将来起業したいがまだアイデアがない」、「起業するか少し迷っている」といった方がいたら、まずはXTechグループとの接点を持つことをオススメします。

ジョインしてすぐに会社設立とならなくても、XTechグループのメンバーに負けないように、グループ会社を横断的に支援したり、ほかメンバーの起業準備を手伝ったりするうちに、「自分がやりたいアイデア」と出会うタイミングがやってくることでしょう。

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in