現在、サイト上の画像表示に障害が出ております。

IT化の未踏領域「契約」に切り込む!新市場“契約マネジメント”を創造するイノベーションでマーケットリーダーとなり「世の中から紛争裁判をなくす」ため一直線

株式会社Holmes

掲載中の求人
中途採用
デジタルマーケティング
中途採用
コンテンツマーケティング
中途採用
プロダクトマーケティングマネージャー
ミッション
世の中から紛争裁判をなくす
主要な運営サービス

ホームズクラウド

https://www.holmescloud.com/holmes/

ホームズクラウドは契約業務を最適化・効率化する国内初の契約マネジメントシステムです。電子契約をはじめとする作成・締結・承認・管理の契約書単位の課題解決ではなく、契約業務全般を一元管理するクラウド型の契約マネジメントシステムです。

代表者
笹原 健太

司法試験合格後、弁護士として法律事務所に勤務。2013年に弁護士法人 PRESIDENTを設立。 「世の中から紛争裁判をなくす」という志を実現すべく、 17年に株式会社リグシー(現・株式会社Holmes)を設立。 現在は弁護士登録を抹消し、CEOとして同社の提供する契約マネジメントシステム「ホームズクラウド」の成長に向けて力を注いでいる。

注目ポイント
  • 世の中で騒がれている「脱ハンコ」・「契約書の電子化」はあくまでも起点に過ぎない。企業の本質的な契約業務の課題解決に突き進む原動力は、「世の中から紛争裁判をなくす」という志の高さと、「権利と義務が自然と実現される仕組みを作る」という使命感にある
  • 導入先は三菱地所やJリーグなどの大手企業から、クラウドワークス・Preferred Networksなどの注目ベンチャーまで。"導入して終わり"ではなく、導入前後も徹底的に顧客に寄り添うコンサルティングに強み
  • 求めるのは「とことん壮大な戦略が描ける人」!リクルート、メルカリ、アドビ、オラクル、freee、グリー、ワークスアプリケーションズなど大企業・メガベンチャー出身者が多数活躍。社員数も1年で3~4倍と急拡大中

世の中で騒がれている「脱ハンコ」・「契約書の電子化」はあくまでも起点に過ぎない。企業の本質的な契約業務の課題解決に突き進む原動力は、「世の中から紛争裁判をなくす」という志の高さと、「権利と義務が自然と実現される仕組みを作る」という使命感にある

「脱ハンコ」ムーブメントを追い風に企業各社で導入が進み、盛り上がりを見せている電子契約市場。他方で、契約は”締結して終わり”ではない。その前後の課題も含めて解決するのが「ホームズクラウド」です。

多くの企業は、契約プロセスと契約書管理基盤が適切に構築されていないことで、様々な非効率が発生しています。これらの最適化を一気通貫で行うのがホームズクラウド。電子署名や書面の電子化にフォーカスしている競合サービスにはない「課題解決レベルの壮大さ」という強みがここにあります。

このサービス開発構想は、代表笹原氏の弁護士としての経験が基に。裁判で企業を弁護し勝訴したものの、多大な工数と費用がかかり実際には損をしている……そもそも裁判を防ぐ仕組みづくりが必要なのでは?という志から成るビジョンが「世の中から紛争裁判をなくす」です。

争いを無くすため、スムーズな契約プロセスを実現し、「権利」と「義務」が自然に実現される仕組みを構築するインフラになっていきます。これまで日本には存在しなかった“契約マネジメントというイノベーション”を、初めて起こし、新たな市場を創造しています。

アナログな世界をIT化して成功したラクスルやSansan。これらと同様の世界観実現を狙うSaaSの注目株、それがHolmesです。

導入先は三菱地所やJリーグなどの大手企業から、クラウドワークス・Preferred Networksなどの注目ベンチャーまで。"導入して終わり"ではなく、導入前後も徹底的に顧客に寄り添うコンサルティングに強み

創業4年目で大企業から有望ベンチャーまで、導入先企業は規模・業種・業界が多岐にわたります。例をあげれば、三菱地所、TOTO、高島屋、Jリーグ、クラウドワークス、Prefferrd Networks、Coral Capitalなど……。

「契約」という機密事項にあふれた分野のSaaS、求められるのは高いセキュリティレベルとユーザー視点の使いやすさです。これらが評価されている証拠です。

定量データは非公表ながら、SaaSとして順調な成長を見せているというホームズクラウドの将来性に、期待は高まります。UI/UXなど、根幹から生まれ変わるプロダクトの大型アップデートも近々予定。開発が急ピッチで進められています。

目指すのが「紛争裁判をなくすこと」であるため、クライアントの法務領域を広く抜本的に変革させていく必要があります。だから、ホームズクラウドというSaaSはあくまでビジョン実現の一手段でしかないと断言。最適な契約マネジメントシステムの提案と導入を進めるサービスを確立し、新たな柱に据えていきます。

つまり
「世の中から紛争裁判をなくす」ためのサービスを、あらゆる角度から提供していきます。

求めるのは「とことん壮大な戦略が描ける人」!リクルート、メルカリ、アドビ、オラクル、freee、グリー、ワークスアプリケーションズなど大企業・メガベンチャー出身者が多数活躍。社員数も1年で3-4倍と急拡大中

現在はSaaSが事業の中心であるにもかかわらず、求めるのはSaaSスタートアップ経験者ではないと断言。「構想する世界観と解決すべき課題のスケールが大きいので、大企業やメガベンチャーで大きなものごとと対峙して苦労した経験を持つ方がマッチします」とのこと。

出社やハンコなど、これまで日本では当たり前だった価値観が変わろうとしています。国や大企業の考え方が変わってきています。拙速なツール導入にならないよう、知見を持つプロが広い視野を持ってクライアントをリードし、適切な形に導かなければなりません。そのためには、手数を打って目の前の売上を作ることが得意な人材ではなく、長期的視点で壮大な戦略を描くことのできる人材が必要になります。

現在の事業を牽引するメンバーの出身は、NTTデータやオラクルといった大企業や、Amazon・メルカリといったメガベンチャー系など。経験豊富でスキルも十分な面々が揃っています。

もちろん法曹バックグラウンドを持つメンバーもいます。平均年齢31歳と、4年目のスタートアップとしては大人な雰囲気も一つの魅力です。

これまでは代表笹原氏の経験と想いをベースに作ってきたプロダクトとビジネス。今後は本格的なスケールに向け、チームでビジネスを磨き込む構造を整備していくフェーズに。スケール絶大スタートアップ創業期の組織づくりに関われる最後のチャンスが今です!

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります