CSの申し子今田氏が「世界が熱狂する楽しさを実現させる」。カスタマーサクセスの属人化を徹底改善する“事業のファンづくり”SaaS『coorum』で、顧客の売上最大化に全力コミット!

株式会社Asobica

掲載中の求人
中途採用
開発(エンジニア)職
中途採用
中途・ビジネス職
新卒採用
新卒・ビジネス職
ミッション
"遊びのような熱狂を、世界中に”(Asobica Innovation to the world)
主要な運営サービス

coorum

https://coorum.jp/

ユーザーコミュニティ構築ツールならcoorum。コミュニティを活用することで、ユーザーのエンゲージメントを高めることができ、解約率の削減や、LTVの向上が見込めます。

代表者
今田 孝哉

2015年ファインドスターグループ(スタークス株式会社)に入社。年間トップセールス及び、社内の歴代記録を更新する。カスタマーサクセス(CS)領域における2つのSaaSの立ち上げに従事し、多くの会社のCS部門を支援。その中で業界の課題を痛感し、自身でサービスを立ち上げ、株式会社Asobicaを創業。2019年4月には30歳未満のアジア30人「Forbes Under30 2019」に選出。

注目ポイント
  • CS特化でSalesforce以上のSaaSを!競合プレイヤーがほぼいない成長領域で虎視眈々と独り勝ちへ。500社の支援経験の今田氏と元Sansan小父内氏が牽引
  • シニフィアン朝倉氏や本田圭佑氏も投資。「CSは全ての企業で事業の核になる」と語る代表今田氏のCSに対する強い想い、語れば右に出る者無しの熱量とこだわり
  • 事業の「コアなファンづくり」がしたいなら!“熱狂するプロダクト・サービス”の創出を支援。日本独特「おもてなし」が最も活きるのがCS、世界進出も目指す
関連タグ

CS特化でSalesforce以上のSaaSを!競合プレイヤーがほぼいない成長領域で虎視眈々と独り勝ちへ。500社の支援経験の今田氏と元Sansan小父内氏が牽引

新卒入社先のスタークスでトップセールスを勝ち取った後、カスタマーサクセス(CS)の重要性を知った今田氏。顧客に最適なナレッジを提供することに特化したSaaSを開発・提供し、満足度を最大化することの意義を見出したのが長いCS人生の始まりです。

初期のSaaSを提供する中で、多くの企業でCSが十分に力を発揮していないことを知ったといいます。必要なのはユーザー(カスタマー)とのコミュニケーション最適化と考え、ついには独立。Asobicaを創業し、他にはない顧客データ活用機能を兼ね備えたSaaS『coorum(コーラム)』のローンチに至りました。CSに特化したSaaSを提供する競合は少なく、先行優位で独り勝ちへ一直線に向かっていきます。

そして今田氏とタッグを組むCCOは、SaaS企業としてお手本のようなスケールを見せたSansanの創業期から約10年以上勤め、名刺管理アプリEightのコミュニティをゼロから立ち上げた経験もある小父内信也氏。同社CEO寺田親弘氏が東京から小田原の自宅まで入社を口説きに行ったほどの人物です。

この尖った2人が目指すのは「CS領域特化のSalesforce」、追いつき追い越せの精神で開発と拡大を進めています。CSのSaaSというからには気になるその継続率は97%と、さすがの高さを誇ります。

ユーザー企業はfreee、サイボウズ、Sansan、マネーフォワードとSaaSトップ企業を抑え、さらにはリクルート、NTTなどにも活用されるなど大企業にも導入。CS支援企業だからできるきめ細かい対応で、カスタマーサクセスを強化する企業強く支持されています。エンタープライズへの導入がさらに進むことで、国内における売上貢献面のインパクトを絶大なものにしていきます。

シニフィアン朝倉氏や本田圭佑氏も投資。「CSは全ての企業で事業の核になる」と語る代表今田氏のCSに対する強い想い、語れば右に出る者無しの熱量とこだわり

ベンチャー界隈では市民権を得てきたCSという仕事も、「大企業に目を向けてみると浸透はまだまだ」と今田氏は指摘します。まだまだ「啓蒙フェーズ」と表現、しかしそれは無限大に広がる伸びしろがあることを示してもいます。

そんな今田氏は「Forbes Under30 Asia 2019」にも選出され知名度と注目度が急上昇中。事業ビジョンの評価も高く、2018年には本田圭佑氏率いるKSK Angel FundやEast Venturesといった著名VCに加え、シニフィアン朝倉祐介氏・中川綾太郎氏ら著名エンジェル投資家からの出資も集めています。 本田氏は「独自の技術とアイデアでコミュニティを世界中に作ることで、世界を良くしようとしている」という点を評価。朝倉氏は「増えつつあるコミュニティを支え、強固にするサービスの実現という社会実験」と期待を示しています。

今田氏はCSについて「今後、全ての企業で事業の核になる」との見立てを示します。モノやサービスの売り方が、売り切り方から定額制・サブスクリプション型にシフトしていく流れの中で、解約率を抑え、顧客のLTV(生涯顧客価値)を高めるためのCSの重要性は増していくと指摘。Asobicaの事業はこの向きに全振りさせて攻め続け、国内のCS市場を席巻していきます。

事業の「コアなファンづくり」がしたいなら!“熱狂するプロダクト・サービス”の創出を支援。日本独特「おもてなし」が最も活きるのがCS、世界進出も目指す

今田氏が語るCSの一番の魅力は「事業・サービスのコアなファンをつくっていけること」。コミュニティマネジメント、あるいはユーザーエンゲージメント向上といった表現で、その魅力を語ります。

そのためのバリューが“遊びのような熱狂を世界中に”です。モノやサービスを購入した後の体験を最適化していく事で、「知れば知るほど好きになる」「使い続ける事で愛着が湧く」という、熱狂を生み出せるような顧客体験を増やしていきたいという想いが込められています。

「ファン作り支援」や「他者との共創」がしたい、という理由で集まるメンバーが多いとのこと。人間同士の血の通った交流を生むことで、単なる仕事の関係から、より深い関係性を作り出し、より良い仕事を生み出す、そんな世界観に共感するメンバーが増えていっています。

これから目指すのは、それまでのコミュニケーションデータをAIが分析し、次の最適な関わり方の決定を自動化する仕組み。それによりCSで最も重要な「対面でのコミュニケーション」に時間を使えるようになり、「顧客サポート」ではなく、「顧客のファン化」のための施策に時間を投資できるようになると言います。

事業・サービスのファンを増やすために何ができるか、という観点でサービスを広げていく構想を描いています。CSという表現も、ある一側面に過ぎないかもしれません。

過去、企業が売り上げを向上させる策は「営業に力を入れろ」「マーケ予算を拡充しよう」だった、これをより広い観点で考えることそれ自体がCS、ひいてはAsobicaの目指す支援といえます。

海外では競合となる大きなサービスも現れているといいます。一方でセールステックにおけるSalesforceほど大きな存在でもないと指摘し、まだ海外で勝ち抜く可能性も十分にあると自信を見せます。「CSは日本独特のおもてなし文化が活きる仕事。日本発で、海外でも受け入れられるサービスを目指したい」と今田氏は力強く語っています。世界で勝てる日本のSaaS実現へ、本格スケールの仲間になってみたいと思いませんか?

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります