テーマは「”再現性のある事業創造”と”永続的な企業成長”の研究・実践」。
永続的な成長のためには変化と創造が必須であり、事業創造という難易度/抽象度の高い領域に再現性を構築するというチャレンジに挑む。また、複雑性の高さや産業史の古さ等に起因した大小多数の課題を抱える巨大産業だからこそ、テクノロジーによる生産性向上や情報の非対称性解消など価値提供の可能性は無限に広がっている。

株式会社アーキベース

掲載中の求人
中途採用
事業企画・経営企画
中途採用
セールス
中途採用
webマーケティング
ミッション
情報・技術プラットフォームを提供し、 住環境の持続的発展に貢献する
主要な運営サービス

建職バンク

https://kenshoku-bank.com/

電気工事士・電気主任技術者など電気業界に特化した転職支援サービス【建職バンク】。電気工事士、電気主任技術者、各種施工管理技士などの資格や、経験を活かせる仕事をご紹介します。施工管理や設備管理といった希望の職種からも求人を探せます。

代表者
岩木 亮介

1990年生まれ。大阪大学法学部卒業。福岡銀行を経て、ドーガンへ参画。ベンチャーキャピタル、コンサルティング、事業マネジメントに従事。その後、アクセンチュアを経て、2017年1月にREAPRA Venturesに参画。産業創業の対象となる投資領域の定義、産業リサーチ、事業開発の一般化等に従事。また複数の投資先経営支援も行う。2017年10月、アーキベースを創業。

注目ポイント
  • 50兆円市場の建設業界をはじめとした住環境領域に挑む!2020年以降も課題が膨らみ続ける巨大かつ複雑な産業領域に向け、情報・技術プラットフォームを構築し変革の旗手となる。
  • キーワードは「再現性のある事業創造」と「永続的な企業成長」。エス・エム・エス創業者であり現REAPRA CEO諸藤氏の元で学んだ事業創造・育成ノウハウを実践の場で磨き研究し続け、その継承により社内から「事業家」を輩出し続ける。
  • 「社長」を体験したい方、求む。部門ごとにP/Lやキャッシュフロー管理まで一任される環境で、経営者/事業家としての素質を磨け。

50兆円市場の建設業界をはじめとした住環境領域に挑む!2020年以降も課題が膨らみ続ける巨大かつ複雑な産業領域に向け、情報・技術プラットフォームを構築し変革の旗手となる。

「建設領域?自分には関係ない、興味ない」そう思う人もいるでしょう。実際にアーキベース代表の岩木氏も「この領域でなにか原体験があったわけではない」と言います。そんな岩木氏の事業領域選定の軸は3つ。1. 「創業する2017年時点で、時間軸とともに課題が大きくなっていくこと」。2. 「バリューチェーン複雑性が高く、IT・情報で解決可能性のある課題が顕在・潜在的に複数存在していること」。3. 「日々の生活の幸福に直接・間接的に貢献できる、未来の社会インフラ創りができること」。

そうしてリサーチを進め、岩木氏が「3つを満たす領域」として選定したのが、50兆円の建設業界をはじめとした住環境領域。ミッションは「情報・技術プラットフォームを提供し、住環境の持続的発展に貢献する」こと。アーキベースでは「住環境 」を「建設」・「資材」・「不動産」・「エネルギー」・「施主」といった建設物を中心とした生活のライフサイクルに関わる産業領域と定義しています。まさに社会インフラとなる「住む」「暮らす」に関わる領域で発生している「生産性向上/効率化の停滞」や「情報の非対称性」などの課題をテクノロジーで解消していく企業が、アーキベースだということです。

なぜ「生産性向上/効率化の停滞」「情報の非対称性」が発生しているのか?それは同領域の構造に起因しています。例えば、専門性が高度かつ多様であることから中小事業体が数多く存在し、必然的に重層下請け構造が発生することでバリューチェーンが複雑化してしまっている点。また、産業史が古く旧来の仕事の進め方や商習慣等が深く根付いているためIT化をはじめとした生産性向上手法が浸透するために時間を要してしまう点などが要因として挙げられます。

さらにこの巨大市場は、「人口減少による日本全体の動態変化」・「建設投資額の質的変化」・「労働力不足の深刻化」など、大きな変革の時期を迎えています。

これらの課題は事業家にとっては当然大きなチャンスです。また、人が動き、広告予算が大量投下され、資材などモノも動く、という巨大な市場規模は非常に魅力的であるはずです。しかし、前述のような要因は産業構造の中で根深く、現状はこの領域で目立った成功企業が現れていません。。例えば、人材、EC、メディア、といった単体のビジネスモデルだけでは、バリューチェーンの一部の課題解決しかできず、企業として永続的に成長することも、領域全体の課題を解決することも、到底出来ないのです。

このような「巨大で魅力的だけれど、複雑がゆえに複数事業を連続的に成功させ続けることでしか本質的な課題解決ができない、難易度が高いマーケット」の最適化にチャレンジしている稀有なベンチャーが、アーキベースなのです。

キーワードは「再現性のある事業創造」と「永続的な企業成長」。エス・エム・エス創業者であり現REAPRA CEO諸藤氏の元で学んだ事業創造・育成ノウハウを実践の場で磨き研究し続け、その継承により社内から「事業家」を輩出し続ける。

岩木氏は学生時代より「社会インフラになるような企業」の創り方に大変な興味を持っていたと言います。「社会変化に適応し続け」ながらも「成長し続け」るために必要な条件は一体何なのか?という問いに向き合い、ベンチャーキャピタル、テクノロジー型コンサルティングファーム、そしてエス・エム・エス創業者の諸藤周平氏が率いるREAPRAに在籍した経験を持ちます。

いまのアーキベースの事業創りに最も影響を与えたのは、REAPRA CEOの諸藤周平氏でした。同氏は、エス・エム・エス(東証一部上場)の創業者でもあり、介護/ヘルスケア領域で多様なビジネスモデルの事業を立ち上げ続けた経験を持ちます。まさに再現性高く事業を創るプロフェッショナル。彼が創業者であるエス・エム・エスのビジネスモデルは、多種多様であるのにゼロから立ち上げているものがほとんどで、事業同士がシナジーを効かせながら創業以来健全に成長し続けています。

そこでの経験で岩木氏が導き出した「企業を成長させ続けるためのノウハウ」は、「経営と実践、具体と抽象、時間軸など、様々な事象が複雑に絡み合う変数をうまくマネージすること」。マクロな社会・経済動向と、ミクロな社内外の状況。一見すると複雑すぎて考えることすら放棄したくなるような、複雑に絡み合う多くの変数を認識しながらマネジメントすること。この高度な営みこそが、企業の永続成長を支え、その結果「社会インフラ」となる企業を生み出せると気づいた、といいます。

またREAPRAから影響を受けた経営スタイルは、それだけではありません。数多あるスタートアップのように、エクイティファイナンスを実施していないのです。業界特化型人材紹介事業である「建職バンク電気設備管理」「建職バンク電工施工管理」を創業時に立ち上げ、わずか4ヶ月で営業キャッシュフローの黒字化を達成しています。

「戦略やビジネスモデルによりますが、意図的に利益を出すことができる状態のベンチャーは再現性高く持続的に成長することができる」というのが岩木氏の経営ポリシー。また、長く成長を続ける企業群を観察していると、早期に利益を生んでいる企業が多いのではという仮説もその考えを後押ししている。

同様に「安易にノウハウやビジネスモデルを横展開する意思決定はしない。巨大かつ複雑な領域を、複数のビジネスモデルを組み合わせて解決しきりたい」という決意も固めています。

たしかに、「社会インフラ」と呼ばれるような規模にまで成長したベンチャー企業は、1つの巨大領域の課題解決に特化していることが多いとも言えます。時価総額3兆円(20年6月時)を越えたエムスリーや、エス・エム・エスが好例。「弊社では、社会に必要とされるインフラを創るため、ビジネスモデルの横展開だけでなく、異なるビジネスモデルを組合わせた多角化に挑戦していきます。きっと大変なんですが(笑)」と岩木氏はハニカミます。

現在3年目となる同社では、「職人と雇用主をつなぐ仕事」、いわゆる人材領域ビジネスに焦点を当てていますが、「今後はステークホルダーの業務効率化」に着手していくとのこと。業界特化型SaaSといったものから、場合によっては中小事業体同士のM&A支援などもあり得るというほど、今後の事業展開の可能性は無限大です。

「社長」を体験したい方、求む。部門ごとにP/Lやキャッシュフロ管理まで一任される環境で、経営者/事業家としての素質を磨け。

その「事業展開の可能性が無限大」のフィールド、アーキベースでは「どんどん事業を作り、事業家育成企業になっていきたい。これは経営の意志です」と断言しています。その理由は、収益性と未来の事業別キャッシュフローを予測しやすい形で事業化の意思決定をしているから。

現在3期目にして4つの事業が立ち上がっていますが、すでに全ての事業が単独で黒字化しています。「原則として、利益の再投資で新規事業を創っているため経営の自由度は高く、収益性が担保できる限りは、どんどん事業を増やしていきたい」。

またアーキベースでは、「利益を出せる事業家」を生み出すことに注力しているため、事業部単位ではなく、部門単位でP/Lは分割する仕組みを導入。「管理部門泣かせ」というその仕組みによって、社員の4人に1人が「戦略も描くし、P/Lも管理している」状態を意図的に生み出しています。

3期目のベンチャーがなぜそこまでして「事業家育成」にコミットするのか?それは一重に岩木氏の「複雑な領域を、多くの事業の組み合わせによって解決していきたい」という経営意志によるものです。

「事業を大量につくりたいけれど、僕1人じゃ無理ですよね(笑)。じゃあ、創業期から事業家をたくさん育ててしまおう」というわけです。

いまアーキベースで働くメンバーも、建設・住環境領域に関わりたかった、というよりも、このような岩木氏の思想やカルチャー、育成環境に魅力を感じた方が多いといいます。

実際に社内アンケートで入社理由を聞いても「会社を永続的に続けていく考え方に共感できた」「再現性の高い事業の作り方に共感できた」「当時創業から2年目なのに、戦略が考え込まれていると思った」といった声が並びます。

「B/SやP/Lすら見たことがない、というレベルからでも、事業家に叩き上げられると自負してます。現状の経験やスキルにかかわらず、内発的動機が強く、成長感度の高い方には、ぜひ弊社の門を叩いてみてほしいなと思います」と自信を覗かせる若き起業家・岩木氏。

たしかにアーキベースが探求している「再現性」は、ビジネスにおける総合力そのもの。未来を創っていく社会インフラを、事業によっては自分の強みや経験とは関係のないところから立ち上げていくので、相当にチャレンジングであり、まさにHard Thingsの連続が待ち受ける環境です。

しかしながら、その対価として受け取れるものもあります。それは一度身についてしまえばどんな産業領域でも成長事業を生み出していける力、そのものです。

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります