世界のプログラミング教育を根底から変える。
広告費をかけずに、日本140万、既にインドでも10万ユーザー、“世界共通言語”プラットフォームで全人類をエンパワーメント!

株式会社Progate

ミッション
Be the gate to the exciting world of programming. Be the path to an independent coder.
主要な運営サービス

Progate

https://prog-8.com/

Progateはオンラインでプログラミングを学べるサービスです。プログラミングを学んでWEBアプリケーションを作ろう。

Progate for Business

https://prog-8.com/business

Progateはオンラインでプログラミングを学べるサービスです。プログラミングを学んでWEBアプリケーションを作ろう。

代表者
加藤 將倫

1993年愛知県生まれ、小中学校時代をオーストラリアのパースで過ごす。東京大学工学部在学中の2014年7月にオンラインプログラミング学習サービスのProgateを創業。『Forbes 30 Under 30 ASIA 2018 (Forbesが選ぶアジアを代表する30才未満の30人)』に選出。

注目ポイント
  • 国内140万、インド10万のユーザーを抱え、世界拡大に素地を固めたプログラミング学習プラットフォーム。人の可能性を広げるサービス、発展途上地域の貧困解消に寄与する面も!
  • ビジネス化が難しいと言われる初心者特化の学習サービスで日本最大級のサービスに成長。徹底したユーザーファーストの思想とラーニングアニマルなメンバーが生んだ、攻めの価格設定
  • 事業開発人材も次々と生み出すプロダクトに進化すべく、機能拡充は急ピッチ。初心者だけでなく、本当に価値のある教育をあらゆる面で生み出すため、プロダクトや修了者への本質的な価値提供への投資など、拡大構想は膨らみ続ける

国内140万、インド10万のユーザーを抱え、世界拡大に素地を固めたプログラミング学習プラットフォーム。
人の可能性を広げるサービス、発展途上地域の貧困解消に寄与する面も!

国内のユーザー数は140万にものぼる、これだけでも驚きですが、「ほぼ口コミで広がった」と聞くと……。ニーズを的確に捉えていたことがインドでも裏付けられ、インドネシアにも現地法人を置いて本格進出。アジアで急拡大中です。

直近で推進するのは、これから世界市場を牽引していくであろう東南アジア地域でビジネスチャンスを生むこと──。プログラミング無料学習のアジア進出は、世界的規模の絶大な社会インパクトを有しています。どんな人でも、自分のアイディアを形にする可能性や良い職を得る可能性があり、それを開花させる手助けをします。

例えばカースト制度があるインドで、歴史的理由から制限されてしまっている「職業選択の自由」。それがエンジニアには適用されないという背景から、Progateによって格差を乗り越える可能性を提供しています。「うちのサービスは、ハングリーな想いを持つ貧困層の若者にとても刺さるんです」とCOO宮林氏は言います。

本気で海外を攻め始めたアーリーフェーズのスタートアップは貴重ではないでしょうか?英語よりも、中国語よりも、使用者が多くなる“世界共通言語”である「プログラミング」。この学習プラットフォームを、世界規模で構築していく、その基礎を形作る今、ジョイン検討には絶好のタイミングです!

ビジネス化が難しいと言われる初心者特化の学習サービスで日本最大級のサービスに成長。
徹底したユーザーファーストの思想とラーニングアニマルなメンバーが生んだ、攻めの価格設定

プログラミング初学者がぶつかる「環境構築」を省く、この英断がサービスの広がりを生みました。無料で始められ、有料化しても月1000円と安価。この姿勢は、ミッションの<まずはたくさんの人に、創る楽しみをしってもらおう>という言葉を強く象徴しています。

エンジニアリングのレベルに自信あり。東大出身多数、リクルートやミクシィのマネージャークラスのエンジニアが次々入社しています。ユーザー拡大のカギとなった口コミは、メンバーの徹底した想像力と共感力、そしてそれを形にする高い技術力が生み出しました。

サービス提供エリアをアジアに広げるだけでなく、得られる学習内容をより難しいものに深化させていく。プログラミングから始まるテクノロジーを身に着けることで事業を創造する人材を、Progateから世界中に輩出することを通して、新しい世界を作っていきます。

メンバーの働きやすさも徹底して支援。年10万円までの自己成長への投資を含む業務活動に自由に使える経費をいかに使うか?むさぼるように知見を得ようとする「ラーニングアニマル」が集う、自走・自制の強い精神を持つメンバーたち。

「ルールは最小限でいい。誰かがサボったとか、パフォーマンス落ちたとか、そんなものを管理するよりも人を信じて任せる。それで成果に繋がる方が会社にも本人にもメリットありますよね」と経営陣はきっぱり言います。

事業開発人材も次々と生み出すプロダクトに進化すべく、機能拡充は急ピッチ。
初心者だけでなく、本当に価値のある教育をあらゆる面で生み出すため、プロダクトや修了者への本質的な価値提供への投資など、拡大構想は膨らみ続ける

これから描くのは「Gate(門)からPath(道)への進化」。課題は「なかなか事業を創れるイメージが湧かない」「エンジニア職として働けるプログラミングレベルに達しない」というユーザーの声。

「初学者にあたる興味関心層に、プログラミング学習の門を開くフェーズは一定、成果を出してきました」。次はユーザーにしっかりと道を示し、導いていくフェーズに。Progate修了後、エンジニアとして活躍したり、ビジネスに活用できるレベルになるよう、機能拡充待ったなし。「ビジネス社会における実際の活躍に間違いなくつなげること」を目指して、社内の機運は最高潮に。

さらには修了者に対する価値をより高めるために投資なども構想。CVCのようなリスクも取りつつ、事業家創出を支援する仕組みを創り、「ユーザーとともに成長し、イノベーション創出を支援するProgate」に。

これらの拡大構想をもとに、ビジネス面を強化中。現在、ユーザーの継続期間は6か月ほど。事業開発できる人材が次々と生まれるレベルまでサービスを進化させれば、ユーザー1人あたりの利用期間は2~3年に伸びると見込みます。ゆくゆくは「人生100年時代に学び続けられるサービス」としての価値提供も見据えており、事業スケールがこれから急激に大きくなっていくタイミング。次の世界を形作るプログラミング教育の拡大を、その手で担うチャンスが、いまあなたの目の前にあるのです。

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in