初回
記事
制作費¥0
掲載企業の審査あり
スペシャルアドバイザー
キープレイヤーズ高野秀敏氏
ベンチャーで活躍中の転職潜在層にリーチします

FastGrowで 採用ブランディング
はじめませんか?

掲載企業は審査制。コンテンツ企画から相談可

1記事目は制作費0円。まずは話を聞いてみる
ブランディングコンテンツ制作実績例

「ベンチャー志向層の中途採用に力を入れたい」
でも、
こんなお悩みありませんか?

上記に1つでも当てはまる企業様。FastGrowにお問合せください。
転職媒体にいない優秀な若手ベンチャー志向層に、貴社の魅力を届けます。

ベンチャー採用のプロが提供する採用ブランディングサービスの詳細を聞く

FastGrowの記事制作 体験者の声

株式会社Beyond Borders 代表取締役 遠藤様

記事を読んだ友人が、採用候補を紹介してくれました。

「あまりメディア露出をしていなかった影響もあると思いますが、記事公開直後から色々な反響がありました。

友人がその知人を採用候補として紹介してくれたり、自社のサービスに興味を持ってくれた法人からの問合せもありました。

FastGrowの記事は、当社メンバーや事業の魅力を非常にうまくまとめてくれたので、エントリーがあった候補者に読んでもらって魅力づけに活用したり、転職エージェントに送って当社の理解促進に役立てたりと、長期的に活用できそうです」

制作記事

REAPRA Ventures HR Manager 川野様

当社の魅力を、誰よりもうまく引き立ててくれました。

当社のビジョンや採用像は非常に言語化しづらく、説明に苦労していました。そんなときFastGrowが、自社で説明するよりも説得力があり、かつわかりやすい形式で、当社の面白さをまとめた記事を制作してくれました。事前に記事を読んでもらえばいいので、それ以降は応募者への会社説明の工数も減り、ミスマッチも減りましたね。

さらに、これまでに合計20名以上の応募があったのには驚きました。既にそのうち2名の入社も決まっています。FastGrowは転職媒体ではないためエントリー数は期待しないでください、と言われていたのですが、嬉しい誤算でしたね。応募者の中には、通常の転職媒体にはまず登録していないだろうな、と思うような実績や経歴をお持ちの方もいたので、普段自社ブログや各種SNS、転職媒体でリーチできない層にアプローチしたい時にもFastGrowはオススメです。

制作記事

その他にも、こんな反響をいただいています。

  • サービス内容を知った法人から問合せがきて、顧客開拓につながりました。
  • 転職エージェントに記事を共有して自社の魅力を理解してもらったところ、紹介数が増えました。
  • 採用説明会参加者に記事を読んでもらったところ、選考希望率が上がりました。

コンテンツ企画・制作実績

社外の“注目の人”ともタイアップし“貴社と言えばコレ”という“採用ブランド”を作ります

社外の人に浸透させたい“貴社の魅力を表すキーワード”や“社内カルチャー”、“経営陣・メンバーの魅力”が、読んだ人に最も印象づけられる企画を実現。

“面白そうな会社だよね”、“最近よく聞くよね”といったベンチャー転職市場での採用ブランドを確立し、将来転職を検討する際、貴社を“受けたい”と思ってくれる社会人を増やします。

また、制作したコンテンツは半永久的にFastGrow内に掲載され続けるため、応募があった採用候補者のアトラクトや、転職エージェントの自社理解促進にも活用いただけます。

FastGrowの記事制作
3つのポイント

“ベンチャー採用のプロ・スローガン”が、“志望度を上げるコンテンツ”を制作し、“ベンチャー志向の転職潜在層に配信”します。

  • 01

    ベンチャー採用のプロ・スローガン

    FastGrowを運営するスローガン株式会社は、Goodfindブランドのもと11年間、累計500社以上の厳選した優良ベンチャーに対し採用支援を実施。ベンチャー・スタートアップへの深い知見と太いコネクションがあるからこそ、貴社だけでは実現できない業界人や有識者との対談企画も実現可能。
    代表の伊藤はForbesの“凄いスタートアップ55選”の選抜員を務めた実績あり。

  • 02

    志望度を上げるコンテンツ

    スローガンがGoodfindブランドの求職者向けエージェントビジネスで培ってきた、候補者向けの企業魅力づけノウハウをコンテンツに凝縮。
    「企業や社内メンバーのどの魅力を、どのような言葉で伝えれば、ベンチャー志向層が興味を持つか?」をあぶり出し、読んだ人の貴社への興味度合いや志望度を上げる、FastGrowオリジナルコンテンツを制作。

  • 03

    ベンチャー志向の転職潜在層に配信

    制作した記事は、“FastGrow”での記事掲載・バナー誘導はもちろんのこと、FastGrow会員データベースや各種SNSも活用し、ベンチャーでのキャリアに興味がある社会人数万人へのリーチを保証。

そもそも、
FastGrowって何ですか?

── “ベンチャーでのキャリア”に興味がある若手社会人のための
ビジネスメディアです

FastGrowは、ベンチャーで既に働いている、または、将来ベンチャーや新産業領域への転職を考えている社会人のためのビジネスメディアです。

ベンチャーでキャリアアップしたい、大手からベンチャーに転職したい、未だ見ぬスタートアップを探したい、といった、“これから伸びる企業/事業に興味がある転職潜在層”が読みたくなるコンテンツを独自に制作し、配信しています。

また、FastGrowは転職サイトではなく情報メディアのため、一般的な転職メディアやビジネスSNSを利用していないベンチャー志向の社会人読者も多いことが特徴です。

記事タイプ
01

Editor's Insight
または
Analyst's Research

業界の気になる情報をFastGrow編集部が調査・分析

  • 上場前ベンチャーでストックオプションをもらえば億万長者になれるのか?
  • 全191人 未上場企業含む。東大出身起業家・創業経営者リスト
記事タイプ
02

Special Interview

ベンチャー界隈の人が読んでみたかった取材・対談を実現

  • 【若手VC特別対談】起業前20代へのアドバイス
  • ベンチャーの待遇の真実。ベンチャーだから給与が下がるわけではない。
テーマ別特集企画例

「MBA再考」/「スタートアップ的メディア論考」

若手ビジネスマンが興味があるテーマを深掘り

  • 「MBA再考」K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授 三谷 宏治
  • 「スタートアップ的メディア論考」朝日新聞社 メディアラボ室長 堀江 隆
特集企画例

未来を創るFastGrower

若手リーダーのキャリアストーリーを紹介

  • テラドローン株式会社 日本統括責任者 関 哲平氏
  • Incubatefund Associate 木村 亮介氏
  • (公開準備中)株式会社エウレカ マネージャー pairs事業責任者 金田 悠希氏
特集企画例

VENTURE DISCOVERY

ベンチャーの隠れた魅力を再発見

  • イタンジ株式会社 特集「一風変わったイノベーター集団 ITANDIの秘密」
  • 株式会社ガイアックス 特集「新卒者、退職者のうち7割が起業する“起業家輩出企業”ガイアックス徹底解剖」

FastGrowの読者・ユーザー属性

「若い」「男性」「ビジネス職」がキーワード

FastGrowスペシャルアドバイザー

“ベンチャー転職の第一人者”“活躍する若手社会人”にとっての“気になる”コンテンツ制作をアドバイスしています

世の中やトレンドの変化にあわせて、ベンチャー転職市場におけるホットなキーワードや気になる企業、若手優秀層がキャリアチェンジに求める条件も変化します。そこでFastGrowは、ベンチャー転職エージェントの第一人者であるキープレイヤーズ高野氏をアドバイザーとして招聘。

ベンチャー転職市場の最新動向に注目しながら、“いま人々が気になっている企業や情報はなにか?”を考えながら、コンテンツ制作・メディア運営をしています。

高野 秀敏

株式会社キープレイヤーズ

新卒で株式会社インテリジェンスへ入社。

その後、株式会社キープレイヤーズを設立し、人材エージェントとして30社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内、シリコンバレー、バングラデシュで実行。

これまで1万名の方のキャリアカウンセリングと面談対策を実施。マネージャーとして、キャリアコンサルタントチームを運営・教育。人事部採用担当として、数百人の学生、社会人と面談。

学校や学生団体での講演回数50回以上。

伊藤 豊

スローガン株式会社 代表取締役

東京大学文学部卒業後、2000年に日本IBMに入社。システムエンジニア、プロダクトマネジャーを経験。退職後、2005年にスローガンを設立する。スローガンでは、ベンチャー企業や成長企業に対して、人的資源の面から支援するベンチャーヒューマンキャピタルとして活動。シード期の投資に特化したVCであるSLOGAN COENTパートナーも務め、自らもビジネスインキュベーションの活動も行う。

Forbesや日経ビジネスをはじめとし雑誌や書籍、新聞などへのインタビュー実績多数。

しかしながら…こんなお悩みの解消、
FastGrowには不向きです

なぜ今、採用ブランディング?事業責任者から皆さんへ

WEB広告業界の出身だからこそ、“何をどう伝えるか?”が採用のカギだと知っている

FastGrow事業責任者
西川ジョニー雄介

私は前職で、WEBコンサルティング事業の責任者をしていました。

大手化粧品通販企業、不動産賃貸メディア、大手宿泊予約サイトのマーケティング責任者と対峙しながら、「商品のどの部分を、どういう言葉で、誰に伝えれば、売上が増えるだろうか?」を日々考え、“人の気持ちを動かす”プロとしてPDCAを回していました。

その経験によって、同じ商品・サービスでも、言葉遣いや、特徴のどんな側面を強調するかによって、消費者の反応率が2倍にも3倍にもなる、ということを体感しました。

そしてスローガンでエージェント業務を経験して感じることは、この状況は企業と候補者の関係でも同じだということ。

つまり採用は、企業から候補者へのマーケティング活動だ、ということです。

思ったように直応募やエージェントからの紹介数が増えないのは、候補者が興味をもつ切り口や伝え方で、自社の魅力を、適切なターゲットに発信できていないからではないでしょうか。

私自身、スローガンで中途/新卒向けのエージェント業務を行いながら、「この人には、このフレーズで、あの企業を紹介すれば興味をもってくれるはず」と考え、選考に進んでいただき、実際に入社して活躍される人を何人も見てきました。

そのエージェントとしての経験と、WEBマーケティングの「人の気持ちを動かす」ノウハウをかけ合わせて運営しているのがFastGrowです。

採用面談・面接でないと伝えられていなかった“企業のビジョンやカルチャー”、“経営陣・メンバーの魅力”をWEBコンテンツ化し、多くの人がオンラインでいつでも見られる状態にすれば、魅力的な企業と、オンラインで情報収集する優秀な個人がマッチングされる可能性を上げられるのでは?と考えました。

もちろん、FastGrowがお手伝いする“採用ブランディング”という領域は、今すぐ実施しなくても困ることはないかもしれません。

しかし、企業の魅力を、定期的に、適切なターゲットに発信し、企業としての信頼を築いていくこと、“企業のファン”を増やしていくことが、長期的な採用成功には重要だと私は考えています。

自社の成長を見据え、人材確保・採用を成長ドライバーとするのであれば、自社のファンを増やし、「いつかこの会社で働いてみたい」と思ってくれる人を増やしていく活動を、今すぐ始めるべきではないでしょうか。

採用に携わる皆さまが1回でも多く、「FastGrowの記事を読んで応募しました!」と言われるよう、日々精進してまいります。

よくあるご質問

ベンチャー志向層が読むメディアに露出したい」
面白そうな会社、という採用ブランドを築きたい」
「ウチならどんな記事を作るのか気になる
と思ったら、まずはお問合せを。

FastGrowと一緒に、
貴社を将来の転職先として考える社会人、増やしませんか?

少しでも疑問がある方、お気軽にお問合せください。

通常1記事20万円→初回記事0円
  • 「まずはどんな記事を作ってくれるのか提案が聞きたい」
  • 「候補者に響く自社の魅力を整理してもらいたい」
  • 「他の求人媒体やメディアとの違いをもっと聞きたい」
  • 「過去の制作実績と効果が知りたい」

通常1記事制作費20万円→初回0円

FastGrowで、採用ブランディングはじめませんか?
※記事掲載できる企業は完全審査制となっております。まずはお問合せください。

*必須項目)