PICK UP
| Biz/Zine

クリエイティブとは「時間をかけて育てること」――時間軸を変えるスケール・ディーパーの思考とは? | Biz/Zine(ビズジン)

 スケール・ディープ対談の一人目にお迎えするのは、立正大学経済学部特任教授の鈴木輝隆氏。ローカルとクリエイターをつなぎ、数々の地域ブランディングを成功に導いてきている鈴木先生は、“みつばち先生”との愛称で親しまれています。“みつばち”としての鈴木先生の長年の活動について、栗岡氏が「スケール・ディーパー」という切り口から尋ねました。  前編では、鈴木先生がみつばち先生と呼ばれる所以から、地域の人とクリエイターをつなぐ受粉活動などをお聞きました。後編である本稿では、「スタイルを持つことの重要性」「時間軸を変えるスケール・ディーパーの思考法」「未知化」などの話題を中心に、地域事例、ビジネス事例なども交えて進んだ対談内容をお伝えします。…

関連タグ