連載週刊スタートアップ通信──5分で今週の注目ニュースをまとめ読み

“パン経済圏”で広く地域貢献を。6億円調達の狙いは──5分で今週の注目ニュースをまとめ読み

指数関数的な成長を志向するスタートアップ。当然、その流れは早い。各社からリリースされるニュースを追っていくだけでも一苦労だ。

そこで、忙しいベンチャー・スタートアップに関わる人のために、一週間のウォッチしておくべきニュースだけをまとめた記事を配信していく。題して、週刊スタートアップ通信──。

土日にまとめて読みたい話題を、毎週金曜日に更新中。

今週は国内外問わず、数多くのスタートアップに関するニュースが世間を賑わせた1週間となった。その中から4本のニュース・話題をピックアップ。

・6億資金調達したパンフォーユーとは?

・メルカリ、プライム市場へ

・80億調達後の広報施策、全公開!テラドローンの事例

・ナナメウエが目指す、国内最大級のゲームコミュニティを有するバーチャルワールドとは

について見ていく。

  • TEXT BY HIKARU HAMADA
SECTION
/

6億資金調達したパンフォーユーとは?

今週は資金調達のリリースが多かった。

医療スタートアップのルカ・サイエンスの30億円調達や、デジタルクローンを手掛けるオルツの35億円調達、プロジェクト管理アプリを手掛けるアルダグラムの20億円調達など、2桁億円の資金調達ニュースが目立った。

その中で今回は、異彩を放っていた“パン経済圏” をうたうパンフォーユーの6億円調達を見ていく。

オフィス向け・社内カフェ向けパンサービスや、パン業者とパン屋をつなぐビジネスなどを手掛けるパンフォーユーは、KIRIN HEALTH INNOVATION FUNDや三菱UFJキャピタルを新規引受先とした第三者割当増資により、シリーズBラウンドで総額約6億円の資金調達を実施。ギフティやKDDIからの追加投資も得た。

このパンフォーユーは、地域のパン屋さんが抱える運営や販路拡大などの課題を、同社の独自の冷凍技術とDXによって解決する、パンに特化したスタートアップ企業だ。ミッションには、「新しいパン経済圏を作り、地域経済に貢献する」を掲げ、オフィス向け福利厚生サービス「パンフォーユー オフィス」や、パンのプラットフォーム「パンフォーユー Biz」などの事業を手掛ける。

「多方面の企業との連携により、健康食品市場に新たな視点でアプローチすべく構想・企画・開発を進めます」ともしており、新規の取り組みにも期待が高まる。

一時期、爆発的に人気となった高級パンブームはあったものの、これらブームは熱し易く冷め易い。継続的かつ、持続可能なパン経済圏を作っていってほしい。

SECTION
/

メルカリ、プライム市場へ

東証再編から約2カ月。メルカリは東証グロースからプライム市場への変更が承認されたと発表した。東証再編以降の市場変更の承認はメルカリがはじめてという。

またメルカリは、市場変更の発表と共に、中長期的な企業価値向上のための投資方針に関する説明資料を公開。3本柱であるメルカリJP、メルカリUS、そしてメルペイを軸に、ECサービス『メルカリShops』を手がけるソウゾウや、暗号資産・NFTを手掛けるメルコインなど、新ビジネスへの成長に投資していく計画だという。

今後のメルカリの成長に期待が持てそうだ。

SECTION
/

80億調達後の広報施策、全公開!テラドローンの事例

採用はどのスタートアップにとっても悩みの種だ。6月に入り、中途採用が本格化している。このタイミングで採用広報について2件の注目コンテンツが拡散されているので見ていきたい。 1件目は、サイボウズと、「BtoB企業のためのweb制作会社」ベイジがタッグを組んだ、サイボウズの採用サイトリニューアルだ。

このプロジェクトは8カ月にも及ぶ、壮大なプロジェクトだったという。

今回の採用サイトの更新での改善方針は大きく3つあった。1つ目はサイボウズの採用方針である「多様な人物像」。2つ目は、過去の採用サイトの課題でもあった情報の分散化の解決。そして3つ目は求職者の求める情報を正直に公開する「求職者ファースト」。この3つを改善ポイントとして掲げた。

中でも1つ目の「多様な人物像」の採用を実現するために、どんなタイプの求職者にも対応でき、かつ納得感を得ながら情報収集してもらえるサイトを目指し、マルチエントリーポイントの設計思想を採用。業界に詳しくない人でも、サイボウズのビジネスとそれを取り巻く環境、職種内容について解説するコンテンツや、キャリアステップや評価基準を明確にするなどの施策を打った。

サイボウズの採用サイトを訪れると、「基本を知る」「事業を知る」「仕事を知る」「人を知る」、そして「職場を知る」と5個のカテゴリが目につく。これらカテゴリに対してユーザーは、気になったコンテンツを見ればいいというわけだ。

なかなか簡単に真似できる施策ではないが、「ここまでやるかサイボウズ」という感想を抱いた。

2つ目はテラドローンの資金調達広報施策noteだ。

80億円もの大きな資金調達額で話題を集めた同社。だが、こうしたニュースをどう扱うべきなのか、悩む広報担当者は多い。特に資金調達ニュースはスタートアップにとって華であり、プロダクトの拡散や採用強化のきっかけにもなる。

このnoteではまず資金調達を盛り上げるために、事前に国内外のメディアアプローチと、SNSに注力。そして採用イベントにつなげている。

まさにお手本のような広報、採用広報だ。気になった方はぜひ、ご一読を。

SECTION
/

ナナメウエが目指す、国内最大級のゲームコミュニティを有するバーチャルワールドとは

同世代 × 趣味趣向でつながるバーチャルワールド『Yay!』を運営するナナメウエは、カヤックが運営する国内最大級のゲームコミュニティ『Lobi』を譲受けたと発表した。これによりYay!は、「国内最大級のゲームコミュニティを有するサービス」となった。

『Yay!』は2020年に運営を開始。現在は540万人を超えるユーザーを抱える巨大なゲームコミュニティだ。コミュニティ内ではユーザーが一緒にゲームをしたり、情報交換したりなど、幅広く使われているという。

コミュニティプラットフォームの『Lobi』は、日本最大級のゲームコミュニティプラットフォーム。この2者が組み合わさることにより、国内最大級のゲームコミュニティが築くバーチャルワールドを目指すという。

またDIAMOND SIGNALによれば、ナナメウエは現在トークンの発行とIEO(暗号資産交換業者を介して行われる資金調達方法)に向けた準備も進めているという。今後の“新たな”コミュニティに期待したい。

さて、今週のスタートアップニュースはいかがでしたでしょうか?今後も毎週更新していきますので、ぜひFastGrowをチェックしてみてください。

こちらの記事は2022年06月03日に公開しており、
記載されている情報が異なる場合がございます。

次の記事

記事を共有する
記事をいいねする

執筆

濱田 ひかる

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン