開催済
10/16 19:30-21:30
1日程
東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル 2階
スローガン株式会社 セミナールーム
Google Mapでみる

20代起業家3名に学ぶ 本には書かれない事業成功の秘訣

登壇者
金 靖征

株式会社Candleを東京大学3年次の2014年4月に創業。 卒業後半年となる2016年10月にクルーズ株式会社に12.5億円にてグループ入り。 現在、メディア事業を中心に事業展開中。

吉兼 周優
  • 株式会社Azit 代表取締役 

1993年生まれ。
慶應義塾大学理工学部管理工学科在学中に、株式会社Azitを設立。
2015年3月、スマホで呼べる相乗りアプリ『CREW』を企画・構想し、プロダクト・マネージャー兼UIデザイナーとして、『CREW』のiOSアプリ・Androidアプリを開発。
2015年10月にサービスを公開。

倉富 佑也
  • ココン株式会社 代表取締役社長 

1992年生まれ。
2013年早稲田大学政治経済学部中退し、ココン株式会社を設立。グローバルクラウドソーシング事業を展開する会社として創業した。
現在はIoTデバイスのセキュリティの診断などのサイバーセキュリティ事業を主軸とし、積極的な事業提携やM&Aにより先端事業の拡大を進める。

関連タグ

当イベントについて

なぜ失敗するのか?市況環境が整い、起業に挑戦する人も増え、Y Combinatorを始めとする「起業成功請負人」も出てきている昨今。

起業における様々なマインドセットから、プロセスにおける細かな手法まで世の中に流通しているにも関わらず、立ち上げフェーズから抜け出せない、いわゆるリビングデッド状態のスタートアップが多いのはなぜでしょうか?

その謎を解き明かし、急成長するベンチャーを増やすべく、FastGrowでは今回、「表には出てこない成功する起業家の秘訣」にせまるイベントを開催いたします。

今回ご登壇いただくのは、この3名。

  • 12.5億円での事業売却に成功したCandle代表・金氏
  • 先日約10億円の資金調達をしたAzit代表・吉兼氏
  • 果敢なM&Aにより6社のグループ会社を持つココン代表・倉富氏

お三方は、実はプライベートでも密に交流するほどで、定期的にクローズドでの勉強会や情報交換を行っているそうです。それぞれ創立4〜5年のスタートアップながら、エグジット、大型資金調達、M&Aを経験され、これだけ各事業を成長させている起業家3名。彼らがプライベートでも仲がよいのは単なる偶然ではなく、この交流にこそ成功の秘訣が隠れているのではないでしょうか?

今回はその「秘密の交流」を皆さまと共有していただきたいと思います。

  • 成功に必要な情報摂取、コミュニケーション方法、時間の使い方
  • 成功する起業家は普段どんな会話をしているのか?
  • 伸びる起業家と伸びない起業家、そこにはどのような差があるのか?

上記のような、起業メソッド教材では勉強できない、隠れた真実・成功の本質に興味あるかたはぜひご参加ください。

本イベント登壇者(金氏)|FastGrow関連記事「成功したければ解釈ではなく事実で話せ」Candle金氏が明かす、起業家が持つべき“情報への執念”

開催は終了しました

当日の流れ

コンテンツ
19:00

開場・受付

19:30

イントロダクション

19:40

金氏×吉兼氏×倉富氏 特別パネルトーク

  • 成功に必要な情報摂取、コミュニケーション方法、時間の使い方
  • 成功する起業家は普段どんな会話をしているのか?
  • 伸びる起業家と伸びない起業家、そこにはどのような差があるのか?

など

21:00

懇親会

お飲み物(アルコール・ソフトドリンク)をご用意しております

22:00

閉会

開催は終了しました

イベント概要

お申し込み

無料

通常チケット

申込締切 2018/10/15(月)23:59
定員
100

開催日時

2018年10月16日(火)19:30-21:30

申込締切日

2018年10月15日(月)23:59

持ち物

  • 名刺または学生証
  • (必要あれば)メモ帳・PC

お問合せ先

FastGrow事業部

E-mail:fastgrow@slogan.jp

開催地

スローガン株式会社 セミナールーム

東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル 2階

Google Mapでみる
開催は終了しました

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります