開催済
03/24 19:30-21:00
1日程

【事業家が生まれた日】BizDev 0年目の教科書

登壇者
菊川 諒人

2006年に、慶應義塾大学経済学部入学。学生起業、ゲーム会社の上場業務を経験。2010年リクルートに入社。営業、人事を経験した後、事業開発室で通販や金融事業の立ち上げに従事。2015年に、株式会社オースタンスを創業。

竹内 孝太朗

名古屋大学経済学部卒。2010年に株式会社リクルートに入社。中古車領域での広告営業に従事し、2011年に中古車領域初及び最年少で営業部門の全社表彰を受賞。2013年からは「スタディサプリ」にて高校向け営業組織の立ち上げ、学習到達度測定テストの開発、オンラインコーチングサービスの開発を行う。高校の同級生である畔柳とMonoxerを共同創業。

朴 貴頌

慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、2010年に株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)に入社。2015年に家業である中古トラック専門商社、株式会社日光オートに入社したのち、2017年5月に株式会社Azoopを設立。

関連タグ
開催は終了しました

当イベントについて

今をときめく事業家も、初めは誰もが未経験。
「一歩が踏み出せない」そんな貴方に届ける。
ありそうでなかった、「BizDev0年目の教科書」ここに開演!

こんな方におススメ

  • BizDevのキャリアを歩みたいが、レベルの高いイメージからハードルが高く転職への一歩が踏み出せずにいる。
  • 直近でBizDevとしてのキャリアをスタートさせたが、事業推進に役立てている実感が湧かない。
  • BizDevキャリアに興味があるが、事例が少なくキャリアパスがイメージできない

Business Development(通称:BizDev)ーーそれは事業を拡大せしめる者。

しかしその肩書の捉え方、込められた想いは企業、はたまた個人によっても千差万別。

「BizDev職」は世に浸透し、重要性が叫ばれるようになるにつれて、 大手、スタートアップ問わず多くの企業が喉から手が出るほど欲している、と言える職種となりました。

必然的にそのキャリアに憧れを抱く若手も増え、またそのロールモデルも多く生まれつつあります。

そして、まさに今、多くの若者がBizDevと言うキャリアのスタートラインに立っています。

しかし、

「何をすれば、BizDevとして成果を出すことに繋がるのかが分からない。」
「肩書としてのBizDevから脱却できず、本意の 『事業価値の最大化』という責務を果たせていないと感じる。」

といった声が多く聞こえてきます。

そこで今回、
シニア市場100兆円で国内最大級SNSやDX推進を行う オースタンス CEO菊川氏、
EdTechサービスとして国内屈指の実績を誇る モノグサ CEO竹内氏、
創業僅か3年時点で4つの事業を立ち上げたAzoop CEO朴氏、
の豪華3名をご招待し「”BizDev”が本来果たすべき役割」を追及するイベントを開催!

その名も「BizDev 0年目の教科書」

今や第一線で活躍するアノ事業家たちも、初めは誰しもが未経験。

BizDevの肩書が人を事業家にするのではなく、残した実績や結果がその人を事業家にするもの。

きっとあの日の、あの時の、それら全ての経験が彼らを強くしたはず!

BizDevとして今何をすべきか分からない方必見、
一流BizDevの味わった生々しい苦悩、挫折、またそれらを乗り越えるための術を大公開します。

※本イベントは、オンライン開催です。

※画面OFF・音声ミュートでご参加いただけます。

開催は終了しました

イベント概要

お申し込み

無料

通常チケット

申込締切 2022/03/24(木)21:00
定員
80

開催日時

2022年03月24日(木)19:30-21:00

申込締切日

2022年03月24日(木)21:00

お問合せ先

FastGrow事業部

E-mail:fastgrow@slogan.jp

開催地

開催地未定(決定次第掲載致します)

開催は終了しました

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン