開催済
01/25 18:00-19:00
1日程

累計40億円の資金調達を実施!テクノロジーと仕組みで花き業界のアップデートを実現する、これまでと今後の事業戦略

関連タグ
開催は終了しました

当イベントについて

「ユーザー起点×データ」で産業変革を。ジャフコやANOBAKAといった名立たるVCが多額の出資を決めた背景に迫る。

こんな方におすすめ

  • 大型調達の背景や、調達できた理由、同社の今後の事業戦略に興味がある方
  • 市場選定方法、起業の背景などに興味がある方
  • 産業構造を変革していく中で、どのような組織を創っていくかに興味がある方
  • スタートアップで更なるキャリアアップや成長をしたいと考えている方
  • コロナ禍でも事業成長を続ける理由を知りたい方

今回、約20億円の資金調達を実施し、調達額が累計40億円となった、ユーザーライク(旧:crunch style)。
同社のこれまでの歩みと、資金調達の背景そして、今後の事業と組織戦略について、株主であるVCと共にディスカッション形式でお伝えするイベントです。

こんな話をします

  • 【マーケットポテンシャル】
    なぜ、花き業界で40億円調達?「花のサブスク」その可能性に迫る
  • 【事業戦略】
    花き業界における事業構造上の課題とは?同社の今後の事業戦略を徹底解説!
  • 【出資の裏話】
    なぜ出資した?ジャフコ、ANOBAKAがみた、ユーザーライクに眠る可能性。

登壇者紹介

武井氏

ユーザーライク株式会社 代表取締役 CEO 武井 亮太
宇都宮大学教育学部卒、新卒ベンチャーバンク、その後HRスタートアップの事業グロースを経て、花き産業への可能性を感じ2014年9月にCrunch Style(現ユーザーライク)を創業。もともとは教師を目指していたが、より多くの人へ影響を与えたいという想いから起業に至る。ユーザー起点でサステイナブルな産業構造へと花き業界をアップデートし、花を飾る文化を日本中に普及を目指し、2016年6月より花のサブスクリプションサービス「ブルーミー(bloomee)」を開始。

長野氏

株式会社ANOBAKA 代表取締役社長/パートナー 長野 泰和
KLab株式会社入社後、BtoBソリューション営業を経て、社長室にて新規事業開発のグループリーダーに就任。その後、2011年12月に設立したKLab Venturesの立ち上げに携わり、取締役に就任。2012年4月に同社の代表取締役社長に就任。17社のベンチャーへの投資を実行する。2015年10月にKVPを設立、同社代表取締役社長に就任。KVPでは5年間で80社以上のスタートアップへ投資。2020年12月ANOBAKAを設立。

赤川氏

ジャフコ グループ株式会社 プリンシパル 赤川 嘉和
株式会社ジャフコ(現ジャフコ グループ株式会社)入社後、中部支社でスタートアップや中堅企業向け投資を手掛ける。その後、投資部(東京)でスタートアップ投資業務に従事。様々な業種業態において、シードからレイターステージまで幅広い投資経験を有する。

※本イベントは、オンライン開催です。お申込みいただいた方に後日視聴URLをお送りいたします。

開催は終了しました

当日の流れ

コンテンツ
18:00

各社紹介

18:10

パネルディスカッション

「ユーザーライクの創業からの軌跡と、資金調達の背景、今後の事業戦略及び、組織創りについて」
・事業創りで大切にしていること
・資金調達の背景や実際に出資をした理由
・今後の事業戦略及び、目指している組織について

18:50

質疑応答

開催は終了しました

イベント概要

お申し込み

無料

通常チケット

申込締切 2022/01/25(火)19:00
定員
100

開催日時

2022年01月25日(火)18:00-19:00

申込締切日

2022年01月25日(火)18:00

お問合せ先

FastGrow事業部

E-mail:fastgrow@slogan.jp

開催地

開催地未定(決定次第掲載致します)

開催は終了しました

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン