受付中
12/10 19:30-21:00
1日程

【COO×CTO対談】感性のDXを、どう実現するのか?市場規模10兆円の業界を変革するシタテルに学ぶ、X-Tech領域SaaSの勝ち筋

登壇者
鶴 征二

2007年株式会社リクルートエージェント(現:株式会社リクルートキャリア)入社。幅広く法人営業を経験した後、2015年より営業企画責任者に就任。リクルートにおける営業戦略立案からメンバー育成プログラムを始めとする組織マネジメントの企画実行を行う。
2016年4月、テクノロジーで産業の仕組みを変えるべくシタテル株式会社入社。年間100社を超える全国の縫製工場を訪問しプラットフォーム拡大を実施。2017年8月、取締役就任。
現在はアパレル事業者向けSaaS「sitateru CLOUD」の事業開発を統括および推進。プロダクト設計、マーケティング戦略の立案、全体のパイプラインを管掌するとともにパートナー開発など事業全体をリードする。

和泉 信生

1980年7月29日生、出身は山口県下関市。2009年に九州工業大学大学院情報工学研究院にて博士(情報工)を取得。同2009年より9年間、熊本の崇城大学情報学部にて助教として教育、研究活動に従事。「市民共働のための雨水グリッドの開発」や「市街地のユニバーサルデザイン支援ツールの研究」などの学術研究を行う。2018年4月にシタテル株式会社にCTOとして参加。技術戦略立案、システム開発、エンジニアマネジメントなどを主な業務とする一方、新規事業開発、資金調達、国際化対応にも幅広く関わっている。

冨山 雄輔

テキスタイルメーカーの製品部署にて国内外の生産オペレーションを経験。2008年に繊維商社へ移り、素材の知識を活かしたOEMセールスとして多様なブランドへ商品を供給した。その後、ライフスタイルブランドの企画・運営を経て、2017年8月にシタテルに入社。生産インフラの整備やブランド向けセールスの設計とマネジメントを経て、現在はアパレル業界特化型バーティカルSaaS「sitateru CLOUD」の推進責任者を務める。繊維製品品質管理士(TES)

関連タグ

当イベントについて

市場規模10兆円のアパレル業界の革新は、シタテルのUI/UXへのこだわりによって起きた!?シタテル流“現場主義”および“SaaS開発手法”を紐解く

あなたは顧客にどんな価値を提供できているだろうか?
そして、その価値を提供するために何ができているだろうか?

考え出すときりがないかもしれません。
その中で、この問いにCOOからCTOまでが正面から向き合い続ける企業があります。それがシタテルです。

シタテルは、国内外の縫製工場や生地メーカー等をネットワークを通じて、データベース化した衣服生産のプラットフォームを実現するプロダクトを展開。

こうして、人にとって欠かせない衣食住の内、「衣」の領域に革新を起こしたシタテル。では、今でもFAXが使われるアパレル業界に、シタテルはなぜ革新を起こせたのでしょうか?

その要因は、執念とも言うべき、UI/UXへのこだわりです。

「何がしんどいですか」「何が嬉しいですか」と、先入観なしに、ゼロベースでひたすらユーザーヒアリングを実施したんです。その内容をもとに、プロダクトを開発するために、CTOの和泉と2人で、2ヶ月かけて課題の質を磨きあげていきました。

これは、シタテル 取締役 鶴征二氏の言葉です。鶴氏は2ヶ月間、ユーザーの声を聞き続け、開発には一切手をつけなかったそうです。そして、鶴氏とプロダクトを創ったCTO和泉信生氏もこのように話しています。

たとえエンジニアであっても、自ら手をあげて営業や現場へのヒアリングに同行しています。現場から粗い状態で飛んできた「生の声」を、エンジニアリングで適切に解釈し、システムやアプリケーションに落とし込まなければ、いいプロダクトは創れませんから。

このように、ポジションに関係なく、現場の温度を肌で感じること。まさにシタテル流 “現場主義” とも言うべき、この考えと実践がアパレル業界の革新に繋がったのです。

今回のイベントでは、シタテル取締役 鶴氏、『sitateru CLOUD』責任者 冨山雄介氏、さらにはCTO 和泉氏に登壇していただき、シタテルが力を入れてきたカスタマーサクセス(CS)と事業・プロダクト開発の2つの側面から、古い産業でDXを進めるための「UI/UXへのこだわり」を紐解きます。

顧客に寄り添ったプロダクトや組織の作り方だけでなく、明日から顧客にどう接するかのヒントが得られる濃い90分となっております。ぜひ、お申し込みください!

こんな話が聞けます

シタテル流のUI/UXへのこだわりと実践

【カスタマーサクセス(CS)編】
エンプラCSはDXコンサルタントである

  • バーティカルSaaSのエンプラCSは、有形サービスであるプロダクトと無形サービスのDXコンサルタントの合わせ技
  • 初期ユーザーをとことんサクセスさせることにこだわれ
  • UI/UXの向上のために、どの数字を追いかけるべきか?
  • シタテルが考えるカスタマーサクセスのあるべき姿

【プロダクト開発編】
「感性」を科学する。旧来からある産業だからこその泥臭いプロダクト開発の実現方法とは?

  • テクノロジー先行の変革はコケる!?ITで解決できないことに目を向けよ
  • 取締役とCTOが語る、シタテルの展望

※トークテーマは変更する場合があります。

こんな方におすすめ

  • 顧客やユーザーを定性的・定量的に分析することに興味がある方
  • Webサービスを展開する企業でPdM/PM/POを経験したことがあり、今後SaaSプロダクトに関わることに興味がある方
  • SaaSモデルの事業開発に興味がある方
  • X-Tech領域でのビジネスに興味がある方

登壇者をもっと知りたい方はこちらから

シタテル連載記事バナー画像

テクノロジーが最適化する10兆円市場〜衣服産業で起こる変革の兆し~
旧態依然とした複雑な産業構造の中、テクノロジーを通して、変革を起こす──。

※本イベントは、オンライン開催です。

※画面OFF・音声ミュートでお気軽に参加可能!途中参加歓迎!

当日の流れ

コンテンツ
19:15

オンラインにて待機開始

19:30

登壇企業紹介

スピーカー:鶴征二氏

19:45

シタテル流のUI/UXへのこだわりと実践
カスタマーサクセス編

スピーカー:鶴征二氏×冨山雄輔氏

20:15

シタテル流のUI/UXへのこだわりと実践
【COO×CTO】X-Tech領域でのSaaSプロダクト開発手法とは?

    

スピーカー:鶴征二氏×和泉信生氏

20:45

質疑応答・アンケート回答

21:00

閉会

イベント概要

お申し込み

無料

通常申込枠

申込締切 2020/12/09(水)23:59
定員
50

開催日時

2020年12月10日(木)19:30-21:00

申込締切日

2020年12月09日(水)23:59

お問合せ先

FastGrow事業部

E-mail:fastgrow@slogan.jp

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります