1回答

イベントでおっしゃっていた「狂気的な仕事ぶり」が気になったので、具体的にどのようなことをされていたのか、またエピソードなどあれば教えていただきたいです。

質問

イベントでおっしゃっていた「狂気的な仕事ぶり」が気になったので、具体的にどのようなことをされていたのか、またエピソードなどあれば教えていただきたいです。

1件の回答

回答1
回答掲載日
2020.11.10
川島 諒一
  • 株式会社タイミー 取締役副社長 

1988年生まれ。上智大学卒業後、新⽣銀⾏でスタートアップ企業の支援を経験し、自ら起業。その後、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーでのM&Aアドバイザリー業務、アクセンチュアでの戦略コンサルティング業務に従事。並行してボランティアでスタートアップ企業の支援も行う。 アクセンチュアを退職後、タイミーと同様のサービスを独自に立ち上げるべく準備を進めていたが、競合視察の過程でタイミーと出会い、成長スピードと企業カルチャーに惹かれて参画。

僕自身はそこを意識して働いているわけではないので、正直自覚はないです(笑)。ただ創業メンバー含め、周りからは「川島さんが一番働いているよね」と言われていましたね。役割が多かったのもありますし、ひたすら先回りしてやるべきことをやっていた結果、一番ハードワークになってしまったというだけだと思います。成果を出すことが自分自身にとって一番の喜びになるので、ただ単に成果に向き合っていたという感覚です。

回答の続きをみる

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン