INSIGHT
NUMBER
52

アジア最大級のハンドメイドC2Cマーケットプレイス「Creema」が11億円を調達──押さえておきたい資金調達ニュース

資金調達が活況となり、日々のニュースが溢れている。

全てを追いきれない読者のために、FastGrowでは週次で国内外スタートアップの資金調達ニュースを紹介。

今週は日本から4社をピックアップした。

2019年6月10日〜2019年6月17日分

過去の週報はこちら

  • TEXT BY MACH HAYATE
  • EDIT BY MONTARO HANZO
SECTION
/

クリーマ:オフラインにも強みを持ったアジア最大級のハンドメイドC2C「Creema」を運営する

クリーマ

資金調達概要

調達額
11億円
調達先
日本郵政キャピタル
SBIインベストメント
グローバル・ブレイン
三井不動産
KDDI Open Innovation Fund
SMBCベンチャーキャピタル
七村守氏

サービス概要

ハンドメイド商品を売買できるCtoCマーケットプレイス「Creema」を運営する。日本だけでなく中国でも展開されており、アジア最大級の規模となる15万人のクリエイターを抱え、700万点以上のオリジナル作品が流通している。

同社の強みは、5万人以上を動員したイベント「ハンドメイドインジャパンフェス in 東京ビッグサイト」の開催など、オフラインの集客力を持っている点にある。現在も年間20回以上のイベントを行い、常設のエディトリアルショップを3店舗展開している。

今回の資金調達により、プロダクト開発や新店舗のオープンなど、さらなるサービス拡大に向けた投資を加速する。また経営基盤の強化を図るべく、全職種での採用を開始していく。

SECTION
/

iCARE:MRRは前年度対比で2倍に。健康情報を一元管理する「Carely」を展開

iCARE

資金調達概要

調達額
5.2億円
調達先
グローバル・ブレイン
インキュベイトファンド
Beyond Next Ventures
みずほキャピタル
SMBCベンチャーキャピタル
三井住友海上キャピタル

サービス概要

健康管理業務をクラウドで効率化する「Carely」を提供。同サービスは、従業員の健康情報を一元管理できるほか、健康診断の予約、ストレスチェックの実施、残業時間の管理にも対応している。不調者がいた場合は、そのまま保健師へチャットで相談し、健康改善に取り組める。

サービスは2016年3月より提供開始。直近1年間では、サブスクリプション事業の重要指標であるMRR(月間経常収益)が前年度対比で2倍に成長しており、獲得アカウント数は2.5倍へと増加している。

今回調達した資金を活用し、プロダクト開発やマーケティング、カスタマーサクセス体制の強化、新規事業の研究・開発を進める。さらなる管理業務の効率化に向けて、サービス成長を促進していく。

SECTION
/

アル:マンガ好きのための、マンガ発見サービスを提供している

アル

資金調達概要

調達額
2億円
調達先
ANRI
East Ventures
ABBA Lab
株式会社にしのあきひろ
中川綾太郎
片桐孝憲
ほか非公開の企業

サービス概要

出版社がウェブで無償公開されているマンガを解析し、コマから逆引き的にお目当てのマンガを探せるサービスを開発。コメントによるユーザー同士の交流や、Gmail情報に紐づいたオススメ漫画のレコメンド機能を持っている。気になった作品は、Amazonリンクからそのまま購入できる仕組みとなっている。

同社のサービスは、これまでウェブ版とiOS版アプリでのみ公開されていたが、今回の調達に合わせAndroid版アプリも登場した。今後も「既存のビジネスモデルやマンガの形態を変えず、漫画家の負担を増やさない」方針のもと、サービス拡充を進めていく。

SECTION
/

playground:本田圭佑氏がアンバサダーに就任。世界のスポーツ・エンタメ業界をデジタル化する

playground

資金調達概要

調達額
非公開
調達先
KSK Angel Fund LLC

サービス概要

ライブ体験に向けたコネクテッドスタジアムプラットフォーム「MOALA」を提供。同社では、アプリ不要の電子チケット発券サービス「Quick Ticket by MOALA」、ライブ関連の商品を販売するマーケットプレイス「MOALA Market」、入場チケットや特典券、思い出の写真といったライブ体験を一元管理できるログサービス「MOALA Pocket」を展開する。

2019年4月には、”エンターテック”に特化したコンサルティング・SI事業を立ち上げ、システム提供から人的観点まで一貫した支援も実施。同社のサービスは、開始から2年間で、累計15,000件以上のイベントに採用されている。

今回の資金調達を受け、投資元の代表・本田圭佑氏をアンバサダーとして起用された。日本国内だけでなく、全世界のスポーツ・エンターテインメント業界に向け、デジタル化推進を目指していく。

今週は計4社の調達状況を紹介した。今後も、FastGrowは週次で調達状況を発信していく。

関連タグ

執筆

マッハ疾風

ライター・編集者(モメンタム・ホース所属)。在学中に、メルマガ・生放送配信やプロデュース・マネジメント支援を経験。オウンドメディアやSNS運用などに携わったのち、現職へ。起業家やクリエイターといった同世代の才能と伴走する存在を目指す。

編集

姓は半蔵、名は門太郎。1998年、長野県佐久市生まれ。千葉大学文学部在学中(専攻は哲学)。ビジネスからキャリア、テクノロジーまでバクバク食べる雑食系ライター。

デスクチェック

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。 「ライフハッカー[日本版]」副編集長、「北欧、暮らしの道具店」を経て、2016年よりフリーランスに転向。 ライター/エディターとして、執筆、編集、企画、メディア運営、モデレーター、音声配信など活動中。

こちらの記事は2019年06月19日に公開しており、記載されている情報が異なる場合がございます。