INSIGHT
NUMBER
81

自分の髪に合ったヘアケア商品を。
MEDULLAが約6億円を調達──押さえておきたい資金調達ニュース

資金調達が活況となり、日々のニュースが溢れている。

全てを追いきれない読者のために、 FastGrowでは週次で国内外スタートアップの資金調達ニュースを紹介。

今週も日本から4社をピックアップした。

2020年1月20日〜2020年1月26日分 過去の週報はこちら

  • TEXT BY KEISUKE KOSAKAI
  • EDIT BY KAZUYUKI KOYAMA
SECTION
/

MEDULLA:パーソナライズされたヘアケア商品

MEDULLA

資金調達概要

調達額
約6億円
調達先
丸井グループ
XTech Ventures
アカツキ
ジンズホールディングス

サービス概要

ウェブ上で9つの質問に答えるだけで、約3万通りの組み合わせから自分に合ったヘアケア製品をパーソナライズし、販売する「MEDULLA(メデュラ)」。

2018年5月にローンチ後順調に会員数を伸ばし、現在は約8万人まで増加。現在は、オンラインだけでなく美容室を通しての販売もしており、提携店舗は全国で150店を突破。2020年にはこちらも1,000店舗まで拡大を目指しているという。

タレント等、著名人とのコラボレーションモデルの展開も進めており、よりマスへのリーチも視野に入れているようだ。加えて、昨年11月からは、パーソナライズのヘアオイルの展開も始め、ヘアケアに限らない化粧品/消費財領域全般へ拡大を見据えている。

SECTION
/

BORDER:快適な出張を素早く手配

BORDER

資金調達概要

調達額
約1.5億円
調達先
PKSHA SPARXアルゴリズム1号投資事業有限責任組合
三井住友海上キャピタル2018V投資事業有限責任組合

サービス概要

出張支援クラウドサービス「BORDER」。

出張する人は、チャット経由で出張の各種予約をBORDERのオペレータに依頼。会社の総務部側は、ダッシュボードでそれを一元管理できるシステム。

ユーザがチャットで連絡を始めてからオペレータが最初に応答するまでの平均時間は、200秒。また、おおむね8回のメッセージ往来で手配が完了し、1回の出張手配に要する時間を30分程度に削減する。

また、過去の出張履歴に基づいて、出張する人の好みに応じた提案もおこなえるという。現在は、350以上の組織が利用している。

今回の調達を経て、BORDERは、サービスのさらなる開発やユーザエクスペリエンス向上に向け、カスタマーサクセスやエンジニアを増員。および、新規開拓のマーケティング強化やサービス拡充のアライアンスに注力する予定だ。

SECTION
/

ウェディングニュース:結婚準備を簡単に計画できるプラットフォーム

ウェディングニュース

資金調達概要

調達額
2.8億円
調達先
ニッセイキャピタル
株式会社セプテーニ・ホールディングス
有安伸宏氏

サービス概要

結婚式の実例レポが投稿される結婚準備プラットフォーム「ウェディングニュース」。

本サービスに投稿されているレポの他、オンライン上にある結婚式場情報の口コミや、最終料金明細、お得な予約方法も含めたメタサーチ機能を有しており、オンラインの情報を網羅できる。

ユーザー数は月間80万人を、Instagramのフォロワー数は20万人を突破。サービスをを通した、結婚式場などのフェアの予約件数は月間1500人を突破している。

今回の調達資金は、プロダクト開発、マーケティングに使われる予定。マーケティングの領域では、すでに1月から宝島社発行の女性誌「sweet」とのコラボ企画が進んでいる。マーケティング強化の第一弾として、宝島社が発行する女性誌「sweet」との共同プロジェクト「SWEET WEDDING with WeddingNews」を1月から開始している。

SECTION
/

HoloBreak:未だかつてないスマホシューティングゲーム

HoloBreak

資金調達概要

調達額
総額約1億円
調達先
株式会社ディープコア
East Ventures
類地 健太郎氏、他1名

サービス概要

ARシューティングバトル「ペチャバト」を提供する、ARエンターテイメント企業Graffity。現在は、スマホで画面の向こうにいる相手と撃ち合うAR型対戦ゲーム「HoloBreak」の開発を進めている。

今回の調達は、HoloBreakの開発費と人材採用に使用予定。HoloBreakは、プレイヤーに攻守の役割があり、使う武器が選択できるなど、戦略を立てて操作するスポーツ性の高いゲーム。2020年秋には日本や海外でのリリースを目指している。

関連タグ

執筆

小酒井 圭祐

国内スタートアップの資金調達ニュースをまとめていきます。トレンドの変遷を追っていくことに興味があります。趣味は筋トレとプログラミング。

編集

編集者。大学卒業後、建築設計事務所、デザインコンサル会社の編集ディレクター / PMを経て、weavingを創業。デザイン領域の情報発信支援・メディア運営・コンサルティング・コンテンツ制作を通し、デザインとビジネスの距離を近づける編集に従事する。デザインビジネスマガジン「designing」編集長。inquire所属。

デスクチェック

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。 「ライフハッカー[日本版]」副編集長、「北欧、暮らしの道具店」を経て、2016年よりフリーランスに転向。 ライター/エディターとして、執筆、編集、企画、メディア運営、モデレーター、音声配信など活動中。

こちらの記事は2020年01月29日に公開しており、記載されている情報が異なる場合がございます。