3回答

もっともグロースに貢献した施策は何ですか?

質問

もっともグロースに貢献した施策は何ですか?

3件の回答

回答3
回答掲載日
2020/12/03
大見 周平
  • 株式会社Chompy 代表取締役 

東大法学部を卒業後、2012年4月にDeNA新卒入社。入社後2年間は韓国ゲーム事業に従事し、1年弱のソウルオフィス赴任を挟みつつ、現地マーケティングチームの立ち上げ・新規ゲーム開発を担当。2014年4月から新規事業部署に異動となり、自動車領域・個人間カーシェアへの投資決定を推進し、Anyca(エニカ)の事業責任者を務める。2017年9月、子会社の株式会社DeNAトラベル代表取締役社長に就任。2018年5月、DeNAトラベルの売却を実施。2019年5月にDeNAを退職し、2019年6月に Syn, Inc. を創業。

Chompyでっていう意味でいうと、個別の施策っていう感じではないのですが、「EC×ソーシャル」の領域はめちゃ可能性あるなと感じてます。 友だち招待キャンペーンみたいな「このサービス良いよ〜・使ってるよ〜」っていうサービスブランドの拡散っていうのもあるのですが、プロダクトUX自体がソーシャルな設計になってるようなものが楽しいなぁと。Chompyの集客のほぼ全てがSNSの口コミですし、グループでの購入機能を色々試してる所で、楽しみな所です。

あと、Chompyをメディアとして捉えた時の動画のポテンシャルもすごい期待してます。短尺動画機能をプロダクトに盛り込んだばかりなので数値的な成果にはつながってないのですが、「食」と動画ってめちゃくちゃ相性良いと思ってるので、キラーUXになるのではと期待してます。隙間時間に暇つぶしついでに短尺動画を見つつその日のランチを決める、そんなUXあったら楽しそうだなと。

回答の続きをみる
回答2
回答掲載日
2020/12/02

ソフトウェアエンジニアとして日本、シンガポール、サンフランシスコにて10年以上ソフトウェア開発に従事。DeNAにてOSSゲームワークや、全米No.1となったソーシャルゲームの開発を行ったのち、シンガポールのVikiに入社し、プロダクトエンジニアとして製品開発をリード。その後サンフランシスコへ移住し、現地スタートアップに初期メンバーとして参画。2016年に退社しAutify, Incを米国にて創業。2019年1月米国トップアクセラレーターAlchemist Acceleratorを日本人として初めて卒業。

正直な話をすると、今のフェーズではまだグロースを意識したことはありません。どちらかと言うと、顧客のBurning needsをしっかりと見極め、優先順位をつけてコツコツ積み上げていくことで、着実に最短距離でグロースしているという感覚です。

ただ、「この機能をきっかけにお客さんの反応が大きく変わったな」というのは一つあります。それはスクリーンショット機能なのですが、この機能追加をした直後に導入数が急増したので、ターニングポイントと表現しても良いかもしれません。これは記録したシナリオをスクリーンショット付きで見れる機能なのですが、導入数などの数字以上に、目の前でお客さんに見せたときの反応が全然違いましたね。今のAutifyを形作った機能の一つです。

回答の続きをみる
回答1
回答掲載日
2020/12/02
高橋 京輔

株式会社サイバーエージェントの米国支社、CyberAgent America, Incの創業に参画し、北米向けスマートフォンゲーム事業の立ち上げを経験。国内大型ゲームタイトルのプロジェクトマネジャーを経て、2016年より株式会社メルカリにて米国向け、日本向けのアプリのプロダクトマネージャーとして、製品開発に従事。中学高校時代の同級生である田とドクターズプライムを創業。

決して派手な施策ではないのですが、医師獲得のためのリファラルキャンペーンは効果的でした。僕らのビジネスモデルとしては、救急医療を行っている病院と、アルバイトで入ってくれる医師のマッチングなので、契約病院数と登録医師数が上流のKPIになります。そしてリファラルは登録医師数を増やすための施策だったのですが、具体的には医学部の卒業といったイベント行事に合わせたタイミングで紹介キャンペーンを行うという単純なものです。医師向けのサービスは結構あるのですが、ユーザーヒアリングをしていると、どのサービスを使うかは「口コミ」で決めることが多いとわかったので実施し、効果が出ましたね。

回答の続きをみる

おすすめの質問

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン