INSIGHT
18-09-26-Wed

デザイン性の高い電動車いすから、面倒な日程調整の自動化サービスまで──押さえておきたい資金調達ニュース【〜9月23日】

TEXT BY MASUMI OSAKI
前記事
#16
連載 資金調達の週報
#17
次記事
#18

資金調達が活況となり、日々のニュースが溢れている。

全てを追いきれない読者のために、
FastGrowでは週次で国内外スタートアップの資金調達ニュースを紹介。

今週は日本から4社をピックアップした。

2018年9月17日〜2018年9月23日分

過去の週報はこちら

Chapter
/

WHILL:デザイン性の高い電動車いす

WHILL

資金調達概要

調達額
50億
調達先
SBIインベストメント
大和証券グループ
ウィズ・パートナーズ
Mistletoe
Endeavor Catalyst
日本材料技研グループ
エスネットワークス
三井住友海上キャピタル
産業革新機構
Eight Roads Ventures
日本ベンチャーキャピタル
DGインキュベーション
みずほキャピタル

サービス概要

「すべての人の移動を楽しくスマートにする」をミッションに、独自開発のパーソナルモビリティ(電動車いす)を提供。

2014年に発売した初号機の「WHILL Model A」は日本・北米・欧州で販売しており、2015年度のグッドデザイン大賞など多くのアワードを受賞したことでも注目を集めた。2017年には2号機となる「WHILL Model C」を発売。北米モデルである「WHILL Model Ci」とともにこちらもデザイン性や機能面が評価され、さまざまな賞を受賞している。

今回の資金調達を機に、今後同社では個人用のモビリティに加えてMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)事業の展開にも力を入れる方針だ。具体的にはスポーツ施設や商業施設、空港、駅などで、長距離を歩くことが困難な人々がWHILLをシェアして一時利用できるようなサービスの構築を想定しているという。

Chapter
/

waaq:日程調整を自動化するサービス

waaq

資金調達概要

調達額
非公開
調達先
ウォンテッドリー
高畠靖雄氏
神先孝裕氏
佐藤有紀氏
成田修造氏

サービス概要

日程調整を自動化するサービス「waaq Assistant」を開発。

waaq Assistantでは日程調整の依頼をメールでバーチャルアシスタントに送ると、調整相手とのメールを自動で代行してくれる。日程確定や利用者のカレンダーへの登録までをワンストップでサポート。メールでの日程調整には確定までに約15分、平均7通のやりとりを要すという調査もあるが、waaq Assistantはこの手間を10秒程度にカットできるのが特徴だ。

現在はβ版の段階で、人材業界、IT業界、金融業界などで主に使われているという。調達した資金を基にシステムの増強やAIの開発に力を入れるほか、調達先のウォンテッドリーとは今後展開予定のビジネスマッチングの領域での連携についても協議をする計画だ。

Chapter
/

Origami:スマホ決済サービス

Origami Pay

資金調達概要

調達額
66.6億円
調達先
SBIインベストメント
トヨタファイナンス
信金中央金庫
銀聯国際(Union Pay Internationa)
クレディセゾン
日本ユニシス
ジェーシービー
大垣共立銀行
三井住友カード
DG Daiwa Ventures

サービス概要

スマホ決済サービス「Origami Pay」を開発。

近年日本でも“キャッシュレス化”が本格的に注目を集めるようになってきたが、Origamiは2015年から国内でスマホ決済サービスの提供をスタートした。2016年からは「Origami Pay」の提供を始め、ここ数年で全国のコンビニやファストフード、タクシー、百貨店などさまざまな業種・業態の加盟店へ導入を進めているという。

今回は調達ともに複数のアップデートを発表。ゆうちょ銀行を含む銀行やクレジットカード会社との連携拡大、自社サービスにOrigamiの決済機能を搭載できる「提携Pay」の開始、中国・銀聯国際との資本業務提携による国内外でのサービス拡大などが明らかになった。

Chapter
/

ヴォーカーズ:社員口コミを軸にした求職者向け情報サービス

Vorkers

資金調達概要

調達額
22.5億円
調達先
リンクアンドモチベーション

サービス概要

社員クチコミによる就職・転職者向け情報プラットフォーム「Vorkers」を開発。

約245万人が登録するVorkersは、実際に働く社員や元社員の口コミによる企業の評価スコアが約630万件も掲載されているのが特徴。同様のプラットフォームにおいては国内でも最大規模といえ、現在も1日約3000人が新規で登録しているという。

ヴォーカーズでは今回、リンクアンドモチベーションとタッグを組むことで、Vorkersに登録しているユーザー約245万人と、採用をしたい企業を直接マッチングする新サービス「Vorkersリクルーティング」の早期事業化に力を入れていく計画だ。 合わせて口コミの総合評価が低い企業に向けては、リンクアンドモチベーションの「モチベーションクラウド」の導入を推進するなど、さまざまな協業も模索していく方針だ。

今週は計4社の調達状況を紹介した。今後も、FastGrowは週次で調達状況を発信していく。

前記事
#16
#17
次記事
#18
#17
デザイン性の高い電動車いすから、面倒な日程調整の自動化サービスまで──押さえておきたい資金調達ニュース【〜9月23日】
[文]大崎 真澄

FastGrowアカウントでできること

気に入った
記事・企業・求人のキープ

毎日編集部が厳選した
記事のまとめメールが届く

※配信停止可能

FastGrowが主催する
イベントの予約

ポジション求人への
エントリー

FastGrow更新情報や厳選ニュースをチェック

関連記事
注目の連載
記事一覧にもどる