INSIGHT
18-10-17-Wed

東大発の無線通信ベンチャーから、家具のサブスクまで──押さえておきたい資金調達ニュース【10月8日〜14日】

TEXT BY MASUMI OSAKI
前記事
#19
連載 資金調達の週報
#20
次記事
#21

資金調達が活況となり、日々のニュースが溢れている。
全てを追いきれない読者のために、
FastGrowでは週次で国内外スタートアップの資金調達ニュースを紹介。

今週は日本から4社をピックアップした。

2018年10月8日〜2018年10月14日分

過去の週報はこちら

Chapter
/

ソナス : 東大発のIoT向け無線通信プラットフォーム

ソナス

資金調達概要

調達額
3.5憶円
調達先
グローバルブレイン
ANRI

サービス概要

IoT向け無線通信プラットフォーム「UNISONet」を開発。

ソナスは東京大学で省電力無線センサーネットワークの研究開発を行ってきたメンバーを中心に創業された、無線通信ベンチャーだ。

「同時送信フラッディング」という最新技術を活用することで、従来の無線規格ではトレードオフとなっていた省電力、通信範囲、通信速度などの性能を全て兼ね備えていることが特徴という。

橋梁での地震モニタリングや機械設備の予防保全等のための振動計測、農場での植物生育モニタリングなどのシーンにおいて、すでに利用実績がある。

今後はUNISONetに加速度センサーを搭載した「sonas xシリーズ」を本格的に展開する計画。土木・建設業界のほか、工場・プラントなどさらなる適用領域の拡大を目指すという。

Chapter
/

UNCOVER TRUTH : ユーザー行動を可視化するヒートマップツール

USERDIVE

資金調達概要

調達額
6憶円
調達先
三井物産
三井住友海上キャピタル
イノベーション・エンジン
楽天
Draper Nexus Ventures
エボラブルアジア
三菱UFJキャピタル
SMBCベンチャーキャピタル
みずほキャピタル

サービス概要

ウェブ上のユーザーの行動を見える化するヒートマップツール「USERDIVE」を運営。

マウスの動きを可視化してユーザーが注目している箇所を特定する「マウスヒートマップ」や、ユーザーが実際にクリックしているポイントを明らかにする「クリックヒートマップ」などの機能を通じて、ユーザーのサイトのUI/UX改善をサポートする。

UNCOVER TRUTHではこのツールと合わせて、データの分析からWebサイト改善施策の提案・実行までをワンストップで提供している。これまでに支援した企業は累計で400社を越え、作成したABテストの本数は1800本に上るという。

今後は各種分析機能の自動化を含むさらなる機能拡充に力を入れていくほか、ユーザー行動データを活用した新しいソリューションの展開も計画しているという。

Chapter
/

すむたす : 最短2日で売却可能な不動産買取サービス

すむたす買取

資金調達概要

調達額
5000万
調達先
500 Startups Japan

サービス概要

不動産の買取査定から入金までを最短2日で行うサービス「すむたす買取」を運営。このサービスの最大の特徴は、スピーディーに不動産の売却が完結するスキームにある。

従来の不動産売却では買取価格の決定までに1〜2週間、売れるまで平均3ヶ月から半年程の時間がかかるのが一般的だった。すむたす買取の場合は、物件売買において仲介を挟まず、AIなどを用いてオンラインで査定を行うため、早ければ約1時間で買取価格を提示。最短2日で売却契約と現金入金までを行う。

2018年7月にプレビュー版をリリースして事前登録を開始したところ、オンラインでの査定申し込みは150件、すでに5件の買取の申し込みが来ているそう。現在は都内の物件が中心となっているが、今後は買取可能エリアの拡大にも取り組むという。

Chapter
/

Elaly : 月額定額制の家具のシェアリングサービス

airRoom

資金調達概要

調達額
非公開
調達先
サムライインキュベート
河合聡一郎
三木寛文
水谷寿美
安田直矢
その他個人投資家

サービス概要

人気家具ブランドのインテリアを月額定額で使えるサービス「airRoom」を開発。

airRoomは家具の“サブスクリプションサービス”だ。家具は1点から利用でき、安いものは月額500円と手軽な値段も特徴。期間も最低1ヶ月から最大12ヶ月まででユーザーが自由に設定可能なため、引越しや単身赴任、模様替えなどニーズに合わせて柔軟な使い方ができる。

β版公開から3ヶ月ですでに1000名を超えるユーザーの利用実績があるとのこと。直近では家具一覧機能、マイページ機能、決済機能などを充実させるほか、部屋のテーマに合わせたパッケージで家具を利用できるサービスも近日中に提供を予定しているという。

今週は計4社の調達状況を紹介した。今後も、FastGrowは週次で調達状況を発信していく。

前記事
#19
#20
次記事
#21
#20
東大発の無線通信ベンチャーから、家具のサブスクまで──押さえておきたい資金調達ニュース【10月8日〜14日】
[文]大崎 真澄

FastGrowアカウントでできること

気に入った
記事・企業・求人のキープ

毎日編集部が厳選した
記事のまとめメールが届く

※配信停止可能

FastGrowが主催する
イベントの予約

ポジション求人への
エントリー

FastGrow更新情報や厳選ニュースをチェック

関連記事
注目の連載
記事一覧にもどる