連載資金調達の週報

顧客からの本当の声を聞き逃さない
フライルが8,100万円を資金調達──押さえておきたい資金調達ニュース

関連タグ

「イノベーターの成長を支援し、未来社会を共創する」をミッションに掲げるFastGrowは、さまざまなコンテンツを通して、いま注目すべき次世代の成長企業と出会う機会を提供している。

『資金調達の週報』では、編集部が厳選したスタートアップの資金調達ニュースをまとめてお届け。資金調達の様子を定点観測していれば、次の成長企業が見えてくるはずだ。今週は4社をピックアップした。

2021年5月31日〜2021年6月6日分 過去の週報はこちら

  • TEXT BY KEISUKE KOSAKAI
  • EDIT BY YUI TSUJINO
SECTION
/

フライル
顧客からのフィードバックを逃さない

株式会社フライル

資金調達概要

調達額
8100万円
調達先
株式会社UB Ventures
竹内真氏(ビジョナル株式会社 取締役CTO)
南壮一郎氏(ビジョナル株式会社 代表取締役社長)
砂川大氏(株式会社スマートラウンド 代表取締役CEO)
冨田和成氏(株式会社ZUU 代表取締役)
山代真啓氏(Growth Camp 共同代表)
佐久間衡氏(株式会社ユーザベース 代表取締役Co-CEO)
坂本大典氏(株式会社ニューズピックス 代表取締役CEO)
その他匿名の個人投資家

サービス概要

プロダクトに対する顧客からのフィードバックを管理するクラウド『Flyle』を展開する、フライル

『Flyle』は、顧客の声を基にプロダクト開発を効率化・高度化することを支援するクラウドサービス。

例えば、「アイデアを整理する・構造化する」「アイデアに対する顧客からのフィードバックを検索する・紐付ける」「Slack・メールなどに散らばっている顧客からのフィードバックを集約する」などの機能を提供する。

今後は、エンタープライズ向け機能の強化やサポートプランの拡充をしていく予定だという。

代表 財部優一氏は、前職ZUUにて創業期から上場までの急成長過程を経験。20代で最年少執行役員を経て独立。2020年、Flyleを起業。起業を志した経緯がまとめられたnoteをぜひご覧いただきたい。

起業の決意表明

SECTION
/

カンリー
店舗の集客ツールを一元管理する

株式会社カンリー

資金調達概要

調達額
約4.6億円
調達先
ジャフコグループ株式会社
株式会社ディープコア
双日株式会社
みずほキャピタル株式会社
三菱UFJキャピタル株式会社
株式会社UB Ventures(ユーザベースグループ)
株式会社ベクトル
金融機関からの融資

サービス概要

店舗運営企業の集客ツール(SNS等)を一括管理するクラウド『カンリー』を展開する、カンリー

『カンリ―』では、これまで店舗ごとに運用していたHP、各SNSの店舗情報を一括管理が可能。運用・管理コストを大幅に削減できるクラウドサービスである。また、口コミなどをデータ分析でき、店舗運営上の課題を容易に特定できる。

昨年7月のサービス開始以降、有料契約での導入店舗数は10,000店舗超を突破した。

今回の資金調達により、プロダクト開発/運用/販売体制をより強化し、海外進出、AIを用いた新機能開発などをおこなう予定だという。

代表 秋山 祐太朗氏は、新卒で三井住友銀行に入行。その後、SORABITOに転職。営業部マネージャーとして、法人営業・新規事業立上げを推進。

共同代表 辰巳 衛氏は、新卒で双日のリスク管理部門にて会社買収に関わる支援に従事。その後、営業部に異動し国内外の空港案件の構築・運営の経験を持つ。

SECTION
/

fruor
キャリアを気軽に相談できるサービス

株式会社fruor

資金調達概要

調達額
4,500万円
調達先
W ventures株式会社
ベンチャーユナイテッド株式会社
株式会社IKIGAI
佐々木翔平氏(元LeapMind/クラウドワークスCFO)
河田博孝氏(個人投資家)
小山達郎氏(個人投資家)
樫田光氏(元メルカリ データ分析チーム責任者)
寺田龍二氏(個人投資家、Temple Field LLC CEO/一般社団法人Honmono協会理事、会社員、大学講師)
他 個人投資家

サービス概要

個人向けのオンラインキャリア相談サービス『ミートキャリア(meetcareer)』を展開する、fruor

『ミートキャリア』では、ライフステージに合わせて、働き方の変更やキャリア形成したい方たちを、オンラインキャリアカウンセリングなどを通じてサポートする。

2020年7月からは法人向け事業として、女性管理職育成・オンボーディング支援のためのキャリアカウンセリングを提供。

今回の資金調達により、サービス開発、ユーザー拡大のためのマーケティング活動をおこなう予定だという。

代表 喜多村 若菜氏は、新卒でアクセンチュアに入社。その後、教育系事業に参画し、採用や事業開発に従事。働き方のニーズに対し、選択肢が少なすぎることに疑問を持ち、25歳でキャリア支援事業を行うfruorを起業。

SECTION
/

ペットシェルジュ
ペットと飼い主の笑顔を創る

ペットシェルジュ株式会社

資金調達概要

調達額
非公開
調達先
サイブリッジホールディングス株式会社

サービス概要

ペットの飼い主向けスマートフォンアプリ『PetHeart』(7月提供開始予定)を開発する、ペットシェルジュ

『PetHeart』は、ペットの食・住・健康に役立つ情報をまとめた無料スマートフォンアプリ。7月末以降には、ペットが主役のSNS 『ぺっとひろば』、オンラインで相談できる 『なぜなぜ質問箱』と『いますぐ獣医師オンライン』などのサービスも提供していくそうだ。

今回の資金調達により、アプリの品質向上、認知されるためのマーケティングをおこなう予定だという。

こちらの記事は2021年06月09日に公開しており、
記載されている情報が異なる場合がございます。

次の記事

記事を共有する
記事をいいねする

執筆

小酒井 圭祐

国内スタートアップの資金調達ニュースをまとめていきます。トレンドの変遷を追っていくことに興味があります。趣味は筋トレとプログラミング。

編集

辻野 結衣

1997年生まれ、東京都在住。関西大学政策創造学部卒業し、2020年4月からinquireに所属。関心はビジネス全般、生きづらさ、サステナビレイティ、政治哲学など。

おすすめの関連記事

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン