連載資金調達の週報

日本初のステーブルコイン。
JPYCが総額5億円を資金調達──押さえておきたい資金調達ニュース

関連タグ

「イノベーターの成長を支援し、未来社会を共創する」をミッションに掲げるFastGrowは、さまざまなコンテンツを通して、いま注目すべき次世代の成長企業と出会う機会を提供している。

『資金調達の週報』では、編集部が厳選したスタートアップの資金調達ニュースをまとめてお届け。資金調達の様子を定点観測していれば、次の成長企業が見えてくるはずだ。今週は4社をピックアップした。

2021年11月9日〜2021年11月15日分 過去の週報はこちら

  • TEXT BY OHATA TOMOKO
  • EDIT BY YUI TSUJINO
SECTION
/

JPYC
JPYCの第三者前払式手段の取得を目指す

JPYC株式会社

資金調達概要

調達額
総額5億円
調達先
Headline Asia
Circle Ventures
i-nest capital
JPYC従業員持株会

サービス概要

日本円連動ステーブルコイン『JPYC』を取り扱うJPYC株式会社

『JPYC』とは、ブロックチェーン技術を活用した、日本円に連動するステーブルコイン※だ。1JPYC=1円のレートで購入し、Suicaや図書カードのように前払式支払手段としてモノや体験の購入に利用できる。

※ステーブルコインとは、安定した取引価格が実現できるように設計された仮想通貨のこと。

今回の資金調達により、JPYC発行体としての安定化、運営・開発の強化を行い、第三者型前払式支払手段の取得を目指すという。

代表 岡部典孝氏は、一橋大学在学中にリアルアンリアルを創業。2017年にリアルワールドゲームスを共同創業し、取締役ARUK(暗号資産)を担当。2019年11月に日本暗号資産市場(現:JPYC)を創業した。

SECTION
/

LINK
公的介護保険用外に特化し、介護のラストワンマイルを叶える

株式会社LINK

資金調達概要

調達額
総額1億円
調達先
既存投資家
ブラッククローキャピタル合同会社
三井住友海上キャピタル株式会社
マネックスベンチャーズ株式会社
新規投資家
株式会社LITALICO
株式会社コムレイズインキュベート

サービス概要

オーダーメイド介護サービス『イチロウ』を提供する、LINK

『イチロウ』は、公的介護保険に適用されない在宅介護のニーズに対し、最短5分で介護師をマッチングするサービスだ。利用時間制限なく、 あらゆる介護や生活支援などをサポートする。

今回の資金調達により、サービス基盤のオペレーション構築・システム開発、マーケティングの強化を行う予定だ。

代表 水野友喜は、専門学校で介護福祉士の資格を取得。介護士として働く中で知識の必要性を実感し、日本福祉大学に入学。社会福祉士の資格を取得後、介護の現場から管理職へシフトし、マネジメント業務などを経験。現場で働きながら実感した介護業界の様々な課題を解決すべく、2018年4月に同社を設立した。

SECTION
/

Cellid
ARを次のコンピュータープラットフォームに

Cellid株式会社

資金調達概要

調達額
総額5億円
調達先
アクサ生命株式会社
株式会社エプコ
一般事業会社(社名非公開)

サービス概要

ARグラス向けディスプレイ・モジュールと、空間認識技術をARグラスに実装するためのソフトウエア『Cellid SLAM』を開発・販売している、Cellid

同社が持つコア技術は、AIとナノテクノロジー。2022年1月には、ディスプレイ・モジュールを内蔵したメガネ型モックアップを、世界最大規模のテクノロジー見本市「CES」に出展。米国を中心としたマーケティングを予定している。

今回の資金調達により、ディスプレイ・モジュール研究開発、マーケティング活動、量産開始に向けた組織・開発体制の強化を行う予定だ。

代表 白神賢氏は、欧州原子核研究機構、米国フェルミラボ、イタリア原子核研究所にて素粒子物理学の研究を行い、 2016年10月に同社を創業。「人とデジタルの境界をなくし、制限や制約のない世界の実現する」をビジョンに掲げ、運転中のドライバーや治療を行う医師、子育て中の方などスマホ操作が難しい人々に対し、ARグラスによって両手と視線をスマホから解放する世界を目指している。

SECTION
/

DAOLaunch Ltd.
公正な投資環境を実現する

DAOLaunch Ltd.

資金調達概要

調達額
約1.7億円
調達先
X21 Digital
ZBC Capital
Meridian Capital
BAP Ventures
Onebit Ventures
BSC Station
BAS Alliance
York St Capital Pty Ltd
国内外の個人投資家

サービス概要

分散型クラウドファンディングプラットフォーム『DAOLaunch』を開発している、DAOLaunch

『DAOLaunch』は、起業家と投資家をブロックチェーンでマッチングし、国境を超えてトークン発行、NFTによる資金調達・マーケティング施策を行う。11月下旬〜12月上旬にリリース予定だ。

今回の資金調達により、2つ目の拠点になる法人設立をドバイにて行い、さらなる成長を加速させる予定だ。

代表 Sakuro Imayam氏は、複数の暗号通貨ビジネスで経験を積んだ経験を持つ。実力ある起業家や投資家が最も利益を得られるよう、公正なスタートアップ投資環境の実現を目的に、2021年2月に同社を創業した。

こちらの記事は2021年11月17日に公開しており、
記載されている情報が異なる場合がございます。

次の記事

記事を共有する
記事をいいねする

執筆

大畑 朋子

1999年、神奈川県出身。2020年11月よりinquireに所属し、編集アシスタント業務を担当。株式会社INFINITY AGENTSにて、SNSマーケティングを行う。関心はビジネス、キャリアなど。

編集

辻野 結衣

1997年生まれ、東京都在住。関西大学政策創造学部卒業し、2020年4月からinquireに所属。関心はビジネス全般、生きづらさ、サステナビレイティ、政治哲学など。

おすすめの関連記事

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン