INSIGHT
NUMBER
39

完全自動飛行の「農業用ドローン」を手がける国内企業が16億円を調達──押さえておきたい資金調達ニュース

資金調達が活況となり、日々のニュースが溢れている。
全てを追いきれない読者のために、FastGrowでは週次で国内外スタートアップの資金調達ニュースを紹介。
今週は日本から4社をピックアップした。

2019年3月11日〜2019年3月17日分

過去の週報はこちら

  • TEXT BY MACH HAYATE
  • EDIT BY TOMOAKI SHOJI
SECTION
/

ナイルワークス:「空からの精密農業」を実現するドローンを開発

ナイルワークス

資金調達概要

調達額
16億円
調達先
株式会社INCJ
住友化学株式会社
住友商事株式会社
クミアイ化学工業株式会社
未来創生ファンド
Drone Fund

サービス概要

「空からの精密農業」をビジョンに掲げ、センチメートル精度で完全自動飛行する農業用ドローンの開発と、同社はドローンに搭載した専用カメラで作物の生育をリアルタイムで診断し、その結果に基づいた栽培管理を提案するサービスの事業化を推進している。

2018年夏には、全国各地による実証実験で農作業の省力化を検証。地域や水稲の品種ごとの生育データをもとに、診断技術の精緻化を行った。現在、ドローンの量産化モデル第1弾となる「Nile-T19」の2019年6月販売開始を目指し、準備を進めているという。

今後は各出資企業やファンドなどと連携し、保有する技術を水稲以外の作物に展開する予定。日本のみならず海外にも進出し、精密農業のリーダーを目指すとしている。

SECTION
/

バベル:日本や中国向けに動画メディアの運営やマーケティング支援

バベル

資金調達概要

調達額
3億4,000万円
調達先
サイバーエージェント
DEEPCORE
三菱UFJキャピタル
ジェネシア・ベンチャーズ
キャナルベンチャーズ
AGキャピタル
みずほキャピタル
富島寛氏

サービス概要

日本と中国を軸に、工具・DIYジャンルの動画メディア「Yoitem」をはじめとする6つのバーティカルメディアを運営。中国向けには、WeChatやWeibo、Toutiaoなど現地の主要な動画プラットフォームへ配信と提携を行っているのが特徴だ。

動画広告プランニング事業も展開しており、1年間で累計2500本以上の動画配信を支援した実績を持つ。現在は中国でのマーケティングや、中国からのインバウンド顧客へのマーケティングを強化したい日本企業の需要が急拡大しているという。

今回の調達により、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールの開発、組織体制の強化、マーケティング活動を推進。中国向け事業を一層加速させつつ、AIを活用した動画広告の定量分析、最適化やデジタル屋外広告などオフラインへの進出も予定しているという。

SECTION
/

WithTravel:一回の検索で旅予算から宿泊施設まで見つかるサービス

WithTravel

資金調達概要

調達額
2億円
調達先
グローバル・ブレイン

サービス概要

独自のビッグデータとAIを使い、旅行者に最適な旅先の提案と、一回の検索で旅予算から最適な航空券と宿泊施設を検索できるサービス「atta」のβ版を展開。

予算や目的、気分などの診断から新たな旅先と出会える「旅先atta」と、予算や日程は決まっているが最適な航空券と宿泊施設が見つかっていない人向けの「予算でatta」を今回リリースした。より良い旅発見の手伝いをするトラベルサービスを目指すという。

今回の資金調達に伴い、attaの機能拡張に伴うエンジニア採用やマーケティングの強化、東南アジアマーケット強化に向けたシンガポール子会社の設立などを行うという。

SECTION
/

A1A:工数を1/5程度に短縮した事例を持つ、見積査定システムを提供

A1A

資金調達概要

調達額
5,300万円
調達先
BEENEXT
PKSHA Technology
コロプラネクスト
複数の個人投資家(非公開)

サービス概要

製造業の購買、調達部門向けの見積査定システム「RFQクラウド」のβ版を提供。

見積プロセスにおける購買担当者とサプライヤの取引をクラウド上で完結することで、査定に必要な情報のデータベースを構築し、最適価格による購買や業務効率化を支援する。

これにより、これまで属人化していた見積関連業務の透明化が可能。また、クローズド版を導入していた企業では、見積査定工数が5分の1程度に短縮された事例もあるという。

今後は、価格以外の軸で取引の妥当性を評価できる機能のほか、サプライヤ企業向けの機能も提供していく方針。将来的に、システム上でバイヤー企業とサプライヤ企業の最適なマッチングをサポートする「企業間取引プラットフォーム」の実現も見据えている。

今週は計4社の調達状況を紹介した。今後も、FastGrowは週次で調達状況を発信していく。

関連タグ

執筆

マッハ疾風

ライター・編集者(モメンタム・ホース所属)。在学中に、メルマガ・生放送配信やプロデュース・マネジメント支援を経験。オウンドメディアやSNS運用などに携わったのち、現職へ。起業家やクリエイターといった同世代の才能と伴走する存在を目指す。

編集

庄司 智昭

ライター・編集者。東京にこだわらない働き方を支援するシビレと、編集デザインファームのinquireに所属。2015年アイティメディアに入社し、2年間製造業関連のWebメディアで編集記者を務めた。ローカルやテクノロジー関連の取材に関心があります。

デスクチェック

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。 「ライフハッカー[日本版]」副編集長、「北欧、暮らしの道具店」を経て、2016年よりフリーランスに転向。 ライター/エディターとして、執筆、編集、企画、メディア運営、モデレーター、音声配信など活動中。

こちらの記事は2019年03月20日に公開しており、記載されている情報が異なる場合がございます。