INSIGHT
NUMBER
49

“卒業”後に転職のサポートも。
プログラミングスクール「TECH::CAMP」のdivが総額10.8億円を調達──押さえておきたい資金調達ニュース

資金調達が活況となり、日々のニュースが溢れている。
全てを追いきれない読者のために、FastGrowでは週次で国内外スタートアップの資金調達ニュースを紹介。
今週は日本から4社をピックアップした。

2019年5月20日〜2019年5月26日分

過去の週報はこちら

  • TEXT BY MACH HAYATE
  • EDIT BY MONTARO HANZO
SECTION
/

div:未経験者向けプログラミングスクール「TECH::CAMP」の運営

TECH::CAMP

資金調達概要

調達額
10.8億円
調達先
Spiral Ventures Japan Fund
SMBCベンチャーキャピタル
Pegasus Tech VenturesナントCVC
三菱UFJキャピタル
三井住友銀行
きらぼし銀行
りそな銀行
みずほ銀行

サービス概要

未経験者が短期間でプログラミングを学べる「TECH::CAMP」を運営する。同社では他にも、10週間の学習でプロのエンジニアになれる短期集中プログラミングコース「TECH::EXPERT」を提供。また、最大の特徴として受講終了後に、転職先を紹介をすることがある。

サービス受講生数は、累計で1万人以上となる。転職を希望する受講者の内定率は98.5%と公表されており、フリーランスを志す人には、案件受注までのノウハウを教えてくれる。最近ではデザイナーを目指すコースに、女性の受講者も増えつつある。

今回の資金調達は、社員の増加やスクール拠点の拡大を念頭に置いたもの。講師やサポート要員を中心に、組織を増強していく。加えて、これまで東京に3箇所、大阪と名古屋に各1箇所の開設していたスクールを福岡にも広げる計画だ。

SECTION
/

ZIG:Vtuber向けコミュニティサービス「MeChu」を展開している

ZIG

資金調達概要

調達額
1.3億
調達先
gumi ventures
MAKOTOキャピタル
朝日メディアラボベンチャーズ

サービス概要

Vtuber(バーチャルユーチューバー)のファンコミュニティサービス「MeChu」を提供。応援するVtuberを月額1000円から支援することができ、課金したユーザーはVtuberとのチャットコミュニケーションや、特典の受け取りが可能になる。

現在、有料ユーザー数は400人を突破。今後は限定動画の発信やチャットルームで使えるスタンプなど、オリジナルコンテンツが楽しめる機能を追加していく。

調達した資金は、サービス内で利用できる機能の拡充やスマホアプリ化、オリジナルコンテンツの制作、マーケティングなどに投下する見込み。また、Vtuberのファンコミュニティプラットフォームとして、企業や個人のVtuberの参加も進めるようだ。

SECTION
/

Radiotalk:法人化や業務提携が進む、音声配信サービス「Radiotalk」を提供

Radiotalk

資金調達概要

調達額
1億
調達先
MBS イノベーションドライブ

サービス概要

誰でも1タップで利用できる、無料の音声配信サービス「Radiotalk」を運営する。エキサイト株式会社の新規事業として生まれた同社は、 XTechに事業譲渡された後、外部資本の調達や他企業との連携を前提に独立法人化された。ユーザーが気軽に番組を探せ、配信者は自分の考えや想いを自由に話すことでファンを創出できる世界を目指している。

今回の資金調達と合わせて、出資先となるMBSメディアホールディングスと業務提携を実施。MBSラジオが培った音声コンテンツのノウハウをサービスに活かし、音声配信メディアの新たな可能性を追求する。今後は、著名な配信者を輩出する仕組みの構築も視野に入れていく。

SECTION
/

ブライノ:スニーカー特化型CtoCサービス「モノカブ」を開発

ブライノ

資金調達概要

調達額
非公開
調達先
W ventures
TLM
西尾 健太郎氏
伊藤久史氏

サービス概要

スニーカーに特化し、CtoCで新品の商品を売買できるプラットフォーム「モノカブ」を展開する。同サービスの特徴は、取引時に第三者が介在する“エスクロー”を採用していること。取引間に個人情報が漏れることを防ぐほか、運営元が商品を鑑定し、偽物取引を排除する仕組みとなっている。また、売り手と買い手、双方の希望価格を擦り合わせて取引する“板寄せ式”の価格決定システムを導入する。

「モノカブ」は、フリマアプリやネットオークションなどのCtoCビジネスで課題となる偽物取引などの問題を解消し、利便性を高める想いで開発されたサービスとなる。現在は、偽物被害の多いスニーカーに特化したサービス展開をしているが、今後は取扱範囲の拡張も予定している。

今週は計4社の調達状況を紹介した。今後も、FastGrowは週次で調達状況を発信していく。

関連タグ

執筆

マッハ疾風

ライター・編集者(モメンタム・ホース所属)。在学中に、メルマガ・生放送配信やプロデュース・マネジメント支援を経験。オウンドメディアやSNS運用などに携わったのち、現職へ。起業家やクリエイターといった同世代の才能と伴走する存在を目指す。

編集

姓は半蔵、名は門太郎。1998年、長野県佐久市生まれ。千葉大学文学部在学中(専攻は哲学)。ビジネスからキャリア、テクノロジーまでバクバク食べる雑食系ライター。

デスクチェック

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。 「ライフハッカー[日本版]」副編集長、「北欧、暮らしの道具店」を経て、2016年よりフリーランスに転向。 ライター/エディターとして、執筆、編集、企画、メディア運営、モデレーター、音声配信など活動中。

こちらの記事は2019年05月29日に公開しており、記載されている情報が異なる場合がございます。