INSIGHT
NUMBER
54

360円から利用できる。
「月額制スマートロック」のビットキーが7.6億円を調達──押さえておきたい資金調達ニュース

資金調達が活況となり、日々のニュースが溢れている。

全てを追いきれない読者のために、FastGrowでは週次で国内外スタートアップの資金調達ニュースを紹介。

今週は日本から4社をピックアップした。

2019年6月24日〜2019年6月30日分

過去の週報はこちら

  • TEXT BY HAYATE KAWAJIRI
  • EDIT BY MONTARO HANZO
SECTION
/

OLTA:申込総額は、100億円を突破。請求書の買取りサービスを運用する

OLTA

資金調達概要

調達額
25億円
調達先
SBIインベストメント
ジャフコ
BEENEXT
新生銀行

サービス概要

企業が持つ請求書を買取り、審査を通過した企業に入金する“クラウドファクタリング”を提供。入金待ちの請求書を即座に事業の運転資金に替えることができることから、中小企業の短期の運転資金需要に応えたサービスだ。約20万社のデータに基づく信用スコアモデルを開発したことで、面談や書類提出の手間を省き、業務の効率化を実現した。

サービス利用者は、法人代表の本人確認と売却対象の請求書、直近7カ月の入出金明細、昨年度決算書をオンラインで提出すると、24時間以内に審査・買取査定結果がメールで通知される。買取時に必要な手数料は2%〜9%で、契約が完了したら最短即日で指定口座に買取金額が振り込まれる仕組みだ。創業から2年での申込総額は、既に100億円を突破している。

今回の調達資金によって、社内体制を強化する。独自の信用スコアモデルを用いた、全国の金融機関や事業会社との共同展開も、視野に入れている。

SECTION
/

ビットキー:サブスク型のスマートロックデバイスを展開する

ビットキー

資金調達概要

調達額
7.4億円
調達先
森トラスト
匿名のエンジェル投資家ら

サービス概要

独自のID管理によるキーテクノロジーのプラットフォーム「bitkey platform」と、その技術を利用した定額制スマートロックデバイス「bitlock LITE」を展開する。「bitkey platform」はブロックチェーン技術から着想を経て開発。2019年4月発売の「bitlock LITE」はリリース直後に5万台以上の受注を達成した。

初期費用0円で月額360円から利用でき、現在は専用のEC「Bitkey Store」にて購入可能。法人向けサイトも近日中に公開する見込みだ。

今回の資金調達により、量産・供給体制を拡充、営業人員体制やカスタマーサクセス人員体制を強化する。今後はマンションや集合住宅向けのオートロック対応の新製品、施錠や解錠を可能にする周辺製品も順次販売する予定だ。

SECTION
/

Handii:今秋リリース予定のプリペイド式カード「paild」を開発している

Handii

資金調達概要

調達額
3億円
調達先
ニッセイ・キャピタル
Coral Capital

サービス概要

オンラインで何枚でもすぐに発行できる、プリペイド式の法人向けカード「paild」を開発する。現在は事前予約のみスタートしており、サービスは今秋リリース予定。全世界の約5,300万以上のVisa加盟店での利用できる見込みだ。

従来の法人カードとは異なり、カードの発行や細かい権限設定が全てオンラインの管理画面から行えるのが特徴。追加発行やカードの停止、個別の利用上限額の設定などもでき、バーチャルカードだけではなく、プラスチックカードの発行にも対応している。使い方は、クレジットカードと変わらない。

今回の資金調達と合わせ、大手信販会社のオリエントコーポレーションとの提携が発表された。国際ブランド対応の業務を行うほか、両社が今後提供する新しい金融サービスについても検討していく。

SECTION
/

SAKELOGY:日本酒メニューの作成から、インバウンド需要にも応える

SAKELOGY

資金調達概要

調達額
4200万円
調達先
インキュベイトファンド
ALL-JAPAN観光立国ファンド
曽我健氏

サービス概要

日本酒のデータベースを利用した、メニュー作成システム「SAKELOGY」を運営している。飲食店や小売店が自店舗の日本酒銘柄のメニューを簡単に作成できるツール。顧客はスマホやタブレットで、提供されている日本酒にあった飲み方や、肴を選べるようになる。また英語表示にも対応し、そのまま外国人観光客に対応できる。

今回の資金調達により、石川県内でのパートナーシップの拡大と、サービス導入を検討している顧客へのサポート強化を目指す。今後は、北陸や関西を中心に拡大し、データベースを充実させていく。順次全国をカバーして、海外進出を狙うのが目的だ。

今週は計4社の調達状況を紹介した。今後も、FastGrowは週次で調達状況を発信していく。

関連タグ

執筆

川尻 疾風

ライター・編集者(モメンタム・ホース所属)。在学中に、メルマガ・生放送配信やプロデュース・マネジメント支援を経験。オウンドメディアやSNS運用などに携わったのち、現職へ。起業家やクリエイターといった同世代の才能と伴走する存在を目指す。

編集

姓は半蔵、名は門太郎。1998年、長野県佐久市生まれ。千葉大学文学部在学中(専攻は哲学)。ビジネスからキャリア、テクノロジーまでバクバク食べる雑食系ライター。

デスクチェック

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。 「ライフハッカー[日本版]」副編集長、「北欧、暮らしの道具店」を経て、2016年よりフリーランスに転向。 ライター/エディターとして、執筆、編集、企画、メディア運営、モデレーター、音声配信など活動中。

こちらの記事は2019年07月03日に公開しており、記載されている情報が異なる場合がございます。