INSIGHT
NUMBER
60

空をもっと身近に。
ヘリコプターを低価格で提供する「AirX」が1.3億を調達 ──押さえておきたい資金調達ニュース

資金調達が活況となり、日々のニュースが溢れている。

全てを追いきれない読者のために、 FastGrowでは週次で国内外スタートアップの資金調達ニュースを紹介。

今週も日本から4社、海外から2社をピックアップした。

2019年8月7日〜2019年8月14日分 過去の週報はこちら

  • TEXT BY KEISUKE KOSAKAI
SECTION
/

クラウドポート:さまざまな貸付ファンドに投資できるオンラインマーケットFunds

資金調達概要

調達額
7億円
調達先
伊藤忠テクノロジーベンチャーズ
グローバル・ブレイン
三菱UFJキャピタル
SV-FINTECH Fund

サービス概要

1円から貸付投資ができる「Funds(ファンズ)」を運営。「Funds」はひとつの口座でファンド組成企業やテーマ別に分散投資が可能。ファンドの利回りは年率1.5~6%(予定/税引前)と「ミドルリスク・ミドルリターン」のものが中心。1円単位での投資が可能で、同社が定める選定基準をクリアした企業のみが参加可能となっている。

今回調達した資金を用いて、コーポレート部門の体制強化、プロダクト開発体制の人員増強、認知向上を目的としたマーケティング活動などを行うようだ。

SECTION
/

AirX:空をより身近に活用できる世界へ

資金調達概要

調達額
1.3億円
調達先
近鉄ベンチャーパートナーズ
マネックスベンチャーズ

サービス概要

貸し切りヘリコプターをネットでオーダーできる「AIROS」、ヘリコプターの遊覧プランを予約できる「AIROS Skyview」、ヘリコプターの座席を1席ずつ予約できるシェアリングサービス「CodeShare」などのサービスを手がけている。使用頻度が低いヘリコプターや軽飛行機などの小型航空機を、シェアリングや時間貸しにより有効活用し、主に中距離(50km〜500km)の空移動の低価格化を実現する。

今回調達した資金を用いて、都市部から観光地への送客を中心に航路を開発していくようだ。

SECTION
/

AVA Intelligence:AIが旅行先を提案

資金調達概要

調達額
4000万円
調達先
サイバーエージェント・キャピタル
インキュベイトファンド
TRADコンサルティング
汐留パートナーズ

サービス概要

AIを活用した旅行サービス「AVA Travel(アバトラベル)」。AVA Travelは、ユーザーの性格や旅行に関する条件をもとに、AIが適した旅行先を提案。旅行先情報の閲覧・保存から、航空券・ホテル検索までを1プロダクトでまかなえるサービスである。

今回調達した資金を用いて、さらなるプロダクト開発、採用とユーザーへのコミュニケーション強化などに充てるようだ。

SECTION
/

トリビュー:投稿画像数国内最多の美容医療口コミ・予約アプリ。女性の「綺麗になりたい」を叶える

資金調達概要

調達額
3.5億円
調達先
W Ventures
ニッセイ・キャピタル
三菱UFJキャピタル

サービス概要

美容医療の口コミアプリ「トリビュー」を運営。トリビューは健康保険適用外の美容外科、美容皮膚科、矯正歯科を対象にした、美容医療の口コミ・予約アプリ。ユーザーによる15万枚以上のビフォー/アフターを含む経過画像と7000件以上の体験談投稿を集めており、施術価格や施術する箇所、クリニックのエリア、満足度によって、クリニックやドクターが比較できる、いわば「美容クリニック版の食べログ」のようなサービスだ。2017年10月のリリースからの累計ダウンロード数は15万件を超えている。

今回調達した資金を用いて、クリニックへの拡販やユーザー向けプロモーションの強化、コンテンツ強化に充てるようだ。

関連タグ

執筆

小酒井 圭祐

国内スタートアップの資金調達ニュースをまとめていきます。トレンドの変遷を追っていくことに興味があります。趣味は筋トレとプログラミング。

デスクチェック

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。 「ライフハッカー[日本版]」副編集長、「北欧、暮らしの道具店」を経て、2016年よりフリーランスに転向。 ライター/エディターとして、執筆、編集、企画、メディア運営、モデレーター、音声配信など活動中。

こちらの記事は2019年08月14日に公開しており、記載されている情報が異なる場合がございます。