INSIGHT
NUMBER
74

誰でも気軽に自分のレストランを。
個人向けバーチャルレストラン出店サービス「cookpy」が資金調達──押さえておきたい資金調達ニュース

資金調達が活況となり、日々のニュースが溢れている。

全てを追いきれない読者のために、 FastGrowでは週次で国内外スタートアップの資金調達ニュースを紹介。

今週も日本から4社をピックアップした。

2019年11月26日〜2019年12月1日分 過去の週報はこちら

  • TEXT BY KEISUKE KOSAKAI
  • EDIT BY TOMOAKI SHOJI
SECTION
/

cookpy:誰でもバーチャルレストランを出店できる

cookpy

資金調達概要

調達額
非公開
調達先
YJキャピタル株式会社
East Ventures

サービス概要

誰でもレストランをオープンできる個人向けバーチャルレストラン出店サービス「cookpy」を展開。“営業許可証”を持つ飲食店舗のキッチン(クラウドキッチン)と、レストランを出店したいユーザーをマッチングし、個人でもゴーストレストランを出店できる仕組みを整えている。

ユーザーは、サービスに登録すると空いている飲食店舗のキッチンを使用して調理し、フードデリバリーサービス「UberEats」を通してすぐに販売まで可能になる。飲食店側としても、お店のキッチンを利用していない時間帯に貸し出すことで、収益向上につなげることができるという。

今回の資金調達により、利用可能なクラウドキッチンの拡大、サービス体験向上を目的としたカスタマーサクセス、マーケティングの強化などを加速していく。

SECTION
/

ボンド:日本在住の海外人材スキルを最大限に

BondLingo

資金調達概要

調達額
非公開
調達先
株式会社明光ネットワークジャパン
PE&HR株式会社

サービス概要

日本語学習に特化した動画学習プラットフォーム「BondLingo」を運営。

BondLingoを利用するユーザーは日本に対して関心の高い外国人が中心で、ただ日本語を学べるだけでなくビジネスマナーや専門用語なども学習できることが特徴だ。これまでの総動画視聴回数は約5000万以上にのぼり、アジアを中心に認知されているという。

今後は、オンラインだけではなく、OMO(Online Merges with Offline)事業の一環として、オフラインでの日本語教育、アジアでの拠点開設を含めて、留学生のサポートなども進めていく。

SECTION
/

セーフィー:カメラの映像をどこからでも

Safie

資金調達概要

調達額
非公開
調達先
株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

サービス概要

カメラとインターネットをつなぐだけで、いつでもどこでも映像を確認できるクラウド録画型映像プラットフォーム「Safie」を運営。「2018年ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」によると、同社はクラウド録画サービスのシェアで1位を獲得した実績を持つスタートアップだ。

今回のNTTグループからの資金調達を通して、同社が持つアセットとSafieが持つ映像プラットフォームを連携し、協業を進めていくという。具体的には、NTTグループが持つ工事・保守網との連携や配線・設置工事の低廉化を実現するクラウド型カメラサービス「ギガらくカメラ」の提供、セキュアで安定した映像プラットフォームの社会インフラ化を目指すことなどを挙げている。

また、今回の資金調達を通して、Safieは従来から協業を進めていたNTT東日本と、より強固なパートナーシップの構築を図っていくとした。

SECTION
/

OLTA:AIが導き出す信用で資金の循環を

クラウドファクタリング

資金調達概要

調達額
非公開(今年5月からの累計資金調達額は32億円)
調達先
日本郵政キャピタル株式会社

サービス概要

オンライン完結型ファクタリング(請求書買取)サービス「クラウドファクタリング」を提供。

同社は三菱UFJフィナンシャル・グループが主催する「MUFG Digitalアクセラレータ」の第2期に採択され、約20万社のデータに基づくスコアリングモデルを開発した。そのスコアリングモデルをもとに、2017年からサービスを提供開始。約2年で申し込み総額は150億円を突破したという。

今回の資金調達を受け、日本郵政グループとの連携を推進していき、「日本全国の請求書をよりスムーズに動かす」ことで中小企業のキャッシュフローを改善し、地域経済の活性化を目指していく。

関連タグ

執筆

小酒井 圭祐

国内スタートアップの資金調達ニュースをまとめていきます。トレンドの変遷を追っていくことに興味があります。趣味は筋トレとプログラミング。

編集

庄司 智昭

ライター・編集者。東京にこだわらない働き方を支援するシビレと、編集デザインファームのinquireに所属。2015年アイティメディアに入社し、2年間製造業関連のWebメディアで編集記者を務めた。ローカルやテクノロジー関連の取材に関心があります。

デスクチェック

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。 「ライフハッカー[日本版]」副編集長、「北欧、暮らしの道具店」を経て、2016年よりフリーランスに転向。 ライター/エディターとして、執筆、編集、企画、メディア運営、モデレーター、音声配信など活動中。

こちらの記事は2019年12月04日に公開しており、記載されている情報が異なる場合がございます。