日本の女性向けに金融教育を広める。ABCashが総額約4億円を調達──押さえておきたい資金調達ニュース

関連タグ

資金調達が活況となり、日々のニュースが溢れている。

全てを追いきれない読者のために、 FastGrowでは週次で国内外スタートアップの資金調達ニュースを紹介。

今週も日本から4社をピックアップした。

2020年6月29日〜2020年7月5日分 過去の週報はこちら

  • TEXT BY KEISUKE KOSAKAI
  • EDIT BY YUI TSUJINO
SECTION
/

ABCash:金融教育を日本に普及させる

株式会社ABCash Technologies

資金調達概要

調達額
総額約4億円
調達先
日本郵政キャピタル株式会社
SV-FINTECH Fund
SMBCベンチャーキャピタル株式会社
リード・キャピタル・マネージメント株式会社
株式会社iSGSインベストメントワークス
みずほキャピタル株式会社

サービス概要

ミレニアル世代の女性向けに、お金のトレーニングスタジオ「ABCash」を展開する、ABCash Technologies

収入や家族構成、ライフステージな様々なお金の問題に、徹底的に寄り添うサービス。具体的には、オンラインと都内6スタジオでの専門コンサルタントによるマンツーマンのトレーニングや、お金の健康状態をデータ分析できるアプリケーション開発などを通して、日本における金融教育の普及に力を入れている。現在、ユーザーは女性限定だが、男性、子ども、シニアにも展開の幅を広げていく予定だという。

CEO児玉 隆洋氏は、大学卒業後、サイバーエージェントにてAmebaブログ事業部長、AbemaTV広告開発局長を歴任。2017年、サイバーエージェントとリクルートが共同で実施する事業プランコンテストに参加し、現在の事業の原型となるアイデアを提案。2018年、海外に比べて遅れている日本の金融教育の必要性を強く感じ、同社を設立するに至った。

今回の資金調達により、オンライン学習プログラムを加速させるテクノロジーへ投資するとともに、採用とブランディングの強化をおこなう予定だという。

SECTION
/

Medii:誰もが専門的な医療を受けられる環境を

株式会社Medii

資金調達概要

調達額
数千万円
調達先
ANRI
株式会社ReBoost
その他の個人投資家

サービス概要

病院向けの専門医シェアリングサービス「E-コンサル」、オンラインセカンドオピニオンサービス「E-オピニオン」を展開する、Medii

E-コンサルは、感染症内科医など国内に僅かしかいない専門医中心のチームを作り、専門医が不足している地域の医師を助け、その先の患者を救うことを目的としたサービス。

E-オピニオンは、難病や希少疾患などに悩んでいる患者に、どこに住んでいたとしてもその領域の選りすぐりの専門医からのセカンドオピニオンをオンラインで届ける”ネット型”セカンドオピニオンサービス。

CEO山田 裕揮氏は、医学生6年生の時に難病の診断を受けたという。しかし、地方に住んでいたため、その病気に詳しい専門医に診てもらう機会に恵まれず、専門医不足問題が存在するということを実体験を持って思い知らされた。「どこに住んでいても、その人の病気に詳しい専門医の知見を得られて、患者も医師も安心できる医療を届けたい。」そのような思いから同社の創業に至ったという。

SECTION
/

ビデオマッチング:ビデオで採用のミスマッチを減らす

株式会社ビデオマッチング

資金調達概要

調達額
非公開
調達先
株式会社サイバーエージェント・キャピタル
PERSOL INNOVATION FUND合同会社
高野秀敏氏
など

サービス概要

求職者と企業それぞれが自己PR動画をもとにして、双方向にアプローチできる就職マッチングサービス「ビデオマッチング」などHR関連サービスを展開する、ビデオマッチング

求職者は自分をアピールできる動画を投稿。企業は自社の会社紹介や社員紹介、職場の雰囲気など、あらゆる自社の要素を全国の求職者にアピールできる。実際に対面で会う前に互いをライトに知ることができ、個人側は自分に合った職場環境かどうか、企業側は企業文化やカラーに合った人材かどうかが事前に分かり、円滑なマッチングを推進させている。

今後はオンラインセミナーの実装やLIVE配信機能などもメニューとして整備し、あらゆるクライアントのニーズに対応する予定だという。

CEO満居 優氏は、前職で人事採用に携わる中で、明らかにカルチャーフィットしていない学生との面接に大きな違和感を覚えたそうだ。12年間で約3000人の学生と面談したが、会って数分でカルチャーが合わないとわかる学生もいるという。動画を使った面接プラットフォームがあれば採用の負を解消できると思い、同社を創業した。

今回の資金調達により、こうしたコンテンツ制作や発信のためのクリエーティブ人材の確保、ブラウザ版開発に向けた開発体制の強化をおこなう予定だという。

SECTION
/

ACALL:オフィスでのやり取りを見える化する

ACALL株式会社

資金調達概要

調達額
5億円
調達先
株式会社ジャフコ
DBJキャピタル株式会社

サービス概要

オフィスの受付や来客対応を自動化できる「ACALL RECEPTION(ACALL applicationsの一部)」、ACALL appliactionsのデータからオフィスワーカーの行動を分析できる「WorkstyleOS」など、スマートオフィス化ソリューションを展開する、ACALL

2016年7月のサービスリリース後、受付から会議室、オフィスセキュリティと連動した入退館シーンに至るまで、テクノロジーで人々のワークスタイルのDXを推し進めてきた。

具体的には、オフィスにチェックインしている人数、リモートワーカーの人数、 会議室の稼働率、来訪者数、セキュリティゲートの開閉頻度、自動販売機の使用状況といったデータを見える化し、最適化することができる。現在までに約3,600社の企業様のオフィスやビルのスマートオフィス化を支援してきた。

CEO長沼 斉寿氏がnoteにて、コロナ時代の働く環境について深く考察しているので、ぜひご覧いただきたい。

こちらの記事は2020年07月08日に公開しており、
記載されている情報が異なる場合がございます。

記事を共有する
記事を保存する

Presented by

執筆

小酒井 圭祐

国内スタートアップの資金調達ニュースをまとめていきます。トレンドの変遷を追っていくことに興味があります。趣味は筋トレとプログラミング。

プロフィールをみる
閉じる

編集

辻野 結衣

1997年生まれ、東京都在住。関西大学政策創造学部卒業し、2020年4月からinquireに所属。関心はビジネス全般、生きづらさ、サステナビレイティ、政治哲学など。

プロフィールをみる
閉じる

デスクチェック

長谷川 賢人

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。 「ライフハッカー[日本版]」副編集長、「北欧、暮らしの道具店」を経て、2016年よりフリーランスに転向。 ライター/エディターとして、執筆、編集、企画、メディア運営、モデレーター、音声配信など活動中。

プロフィールをみる
閉じる

おすすめの関連記事

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります