連載資金調達の週報

AIが自動で動画作成をおこなう時代に
オープンエイトが約30億円を資金調達──押さえておきたい資金調達ニュース

関連タグ

「イノベーターの成長を支援し、未来社会を共創する」をミッションに掲げるFastGrowは、さまざまなコンテンツを通して、いま注目すべき次世代の成長企業と出会う機会を提供している。

『資金調達の週報』では、編集部が厳選したスタートアップの資金調達ニュースをまとめてお届け。資金調達の様子を定点観測していれば、次の成長企業が見えてくるはずだ。今週は4社をピックアップした。

2021年1月25日〜2021年1月31日分 過去の週報はこちら

  • TEXT BY KEISUKE KOSAKAI
  • EDIT BY YUI TSUJINO
SECTION
/

オープンエイト
AIがストーリー性のある動画を自動で作成

株式会社オープンエイト

資金調達概要

調達額
計約30億円
調達先
【第三者割当増資】
未来創生ファンド(スパークス・グループ株式会社を運営)
JPインベストメント株式会社
【融資】
株式会社日本政策金融公庫

サービス概要

AIのサポートで誰でも高品質なストーリー性のある動画を、数分で編集できる『Video BRAIN(ビデオブレイン)』を提供するオープンエイト。同社は、自然言語処理とコンピュータービジョンを中心とする独自のAI技術を開発し、アルゴリズム・ソフトウェアモジュール群からなる “OPEN8 CORE TECHNOLOGY” を持つことが強みである。SNS投稿・分析サービス『Insight BRAIN(インサイトブレイン)』も提供している。『Video BRAIN』は、写真やテキストなどの素材を入稿すると、AIが入稿データを分析し、ストーリー性のある動画を自動作成。

『Insight BRAIN』との併用により動画コンテンツの企画・制作・分析をワンストップで実行することが可能。

さらには、動画自動生成機能などのAPIを企業に提供することで、情報発信の支援をおこなっている。

今回の資金調達により、『Video BRAIN』の機能拡充、積極的な広告宣伝、全方位での採用の強化をおこなう予定だという。

代表 髙松雄康氏は、日本最大級の化粧品クチコミサイト@cosmeを運営するアイスタイルで取締役兼COO、CMOなどを歴任。関連事業を運営するコスメコム、コスメネクスト、アイスタイルグローバル(シンガポール)のCEOとして国内外の化粧品関連事業を統括し2012年に東京証券取引所1部上場を経験。その後、2015年4月オープンエイト創業。

SECTION
/

コーチェット
リーダー人材を育てるコーチングプログラム

株式会社コーチェット

資金調達概要

調達額
総額1億円超
調達先
既存株主を中心とした第三者割当増資および借り入れ

サービス概要

リーダー人材のための3ヶ月集中型マンツーマンプログラム『CoachEd』を展開する、コーチェット

『CoachEd』は、プロのコーチからコーチングを受けて自己認識を深めながら、同時に人を生かし、育てるコーチングスキルを身につけることが出来る3ヶ月間のマンツーマンプログラム。

マンツーマンで専属トレーナーが寄り添いながら、1人1人の目標や成長課題に合わせてカリキュラムをパーソナライズする。

今回の資金調達により、システム開発体制およびマーケティング体制を強化する予定だという。

「世界が安心できて愛に溢れた場所になるには、一人一人の心のなかが変化していくのが一番早い、と考えている。そして私自身の経験からも“人は変われる”と信じていて、その手助けができることが何よりも嬉しいです」そう語るのは、代表 櫻本真理氏だ。

櫻本氏は、モルガン・スタンレー証券・ゴールドマン・サックス証券を経て、2014年5月に、IT x メンタルヘルス領域でサービス開発を行う株式会社cotreeを設立。2020年1月、株式会社コーチェットを設立。

自己紹介note

SECTION
/

バイタログヘルス
ホルモンバランスを自宅で検査

株式会社 Vitalogue Health

資金調達概要

調達額
非公開
調達先
赤坂 優 氏
森本 千賀子 氏
石倉 壱彦 氏
株式会社ジェネシア・ベンチャーズ

サービス概要

自宅でできる郵送のホルモン検査サービス『canvas (キャンバス)』を展開する、Vitalogue Health(バイタログヘルス)

『canvas』の特徴は次の3つ。

  1. 自分の好きなタイミングで簡単に検査できる
  2. 診断結果にそって、医学エビデンスに基づいた医師からのコメントを受け取れる
  3. ホルモンケアするために取るべきアクションを知れる

現在、妊娠と更年期を見据えた健康チェックができる2種類の検査キットを展開している。

  • 妊娠において不利な状況がないかどうかを調べるための検査キット『Women's Fertility Check』
  • 更年期の症状が出ていないかを調べるための検査キット『Menopause Check』

今回の資金調達により、プロダクトのさらなる拡充、各種プロモーション、採用活動をおこなう予定だという。

「体調管理の難しさ、妊娠などの将来不安を事前に解決できる手段の少なさ、信頼できる病院や医師を見つける難しさ。これらを解決するサービスやプロダクトを作りたい。そう思い、Vitalogue Healthを立ち上げました。」そう語るのは、代表 長谷川彩子氏だ。

長谷川氏は、アクセンチュア株式会社・ゴールドマン・サックス証券・株式会社アカツキの投資プロジェクトであるHeart Driven Fundを経て、バイタログヘルスを設立。

「自分で決めることが、自分の人生を幸せをする方法」。−ホルモン郵送検査サービスcanvasができるまで#1

SECTION
/

クイッキン
宿泊業界のDX化を推進する基幹システム

資金調達概要

調達額
総額6,000万円
調達先
株式会社サイバーエージェント・キャピタル
大冨 智弘氏
他複数の投資家

サービス概要

宿泊施設のDXを推進する基幹システム『aiPass(アイパス)』を展開する、CUICIN

『aiPass』の特徴は次の2つ。

  1. 簡単に無料で導入できるスマホ完結型のスマートチェックイン機能
  2. 『マーケティング・ホスピタリティ・業務効率化』をサポートするプラグイン機能

今回の資金調達により、業務効率化・顧客体験の向上を実現する機能開発、サポート体制の強化をおこなう予定だという。

代表 辻慎太郎氏は、スマートホテルを手掛けるホテル運営会社でホテルのブランディングとシステム開発を推進する責任者として従事。

その中で、「ハード(宿泊施設)」と「ソフト(システム)」の融合を課題に感じ、宿泊業界のDXに取り組む思いを強くし、同社を創業した。

こちらの記事は2021年02月03日に公開しており、
記載されている情報が異なる場合がございます。

次の記事

記事を共有する
記事をいいねする

執筆

小酒井 圭祐

国内スタートアップの資金調達ニュースをまとめていきます。トレンドの変遷を追っていくことに興味があります。趣味は筋トレとプログラミング。

編集

辻野 結衣

1997年生まれ、東京都在住。関西大学政策創造学部卒業し、2020年4月からinquireに所属。関心はビジネス全般、生きづらさ、サステナビレイティ、政治哲学など。

おすすめの関連記事

記事を共有する
いいね

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン