連載資金調達の週報

本田圭佑氏が仕掛ける教育革命
NowDoが4.8億円を資金調達──押さえておきたい資金調達ニュース

関連タグ

「イノベーターの成長を支援し、未来社会を共創する」をミッションに掲げるFastGrowは、さまざまなコンテンツを通して、いま注目すべき次世代の成長企業と出会う機会を提供している。

『資金調達の週報』では、編集部が厳選したスタートアップの資金調達ニュースをまとめてお届け。資金調達の様子を定点観測していれば、次の成長企業が見えてくるはずだ。今週は4社をピックアップした。

2021年3月29日〜2021年4月4日分 過去の週報はこちら

  • TEXT BY KEISUKE KOSAKAI
  • EDIT BY YUI TSUJINO
SECTION
/

NowDo
学校では教わらない、生き方を学べるSNS

Now Do株式会社

資金調達概要

調達額
4.8億円
調達先
伊沢拓司(株式会社QuizKnock 代表取締役)
川合哲雄(投資家)
衣川洋佑(株式会社baton 代表取締役)
迫佑樹(株式会社スキルハックス 代表取締役)
篠塚孝哉(株式会社TASTE LOCAL 代表取締役)
島田亨(株式会社USEN- NEXT HOLDINGS 取締役副社長COO)
高稲達弥(YouTuber)
谷元樹(投資家)
田村淳(吉本興業株式会社 所属)
ダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)
中野賀通(株式会社ハンズオン 代表取締役)
西野亮廣(絵本作家・著作家)
西村博之(2ちゃんねる創業者)
氷室利夫(投資家)
松岡潤(投資家)
Kent Wakeford(Co-Founder & Vice Chairman at Gen.G Esports)
その他
株式会社アカツキ
株式会社マクアケ

サービス概要

世界中の中高大学生が無料から受講できるオンラインスクールSNS『NowDo』、音声SNS『NowVoice』など、新たな形の教育事業を展開する、NowDo

『NowDo』では、社会で活躍するプロフェッショナルから“時代の変化に対応できる力”を学べる。オンラインLIVE講義や、世界中の同じ夢・目標・価値観の仲間と切磋琢磨することができるSNSである。

『NowVoice』では、“広告に依存しないメディア”、“誹謗中傷のないSNS”をミッションに、様々なジャンルで影響力を持つ人たちが自分の想いを発信できる音声SNS。

今後、コンテンツ動画・音声SNSの品質向上、サービスの開発、営業の拡大をおこなう予定だという。

代表 本田圭佑氏と副代表 鈴木良介氏は、10年近く子ども向けのサッカースクールを運営。そこにて、自分の頭で考えられる子どもが極端に少ないことを課題に感じたという。

そこで、“自分の頭で考える”、“自分の言葉で発信する”というような人材を排出するべく起業に至った。

SECTION
/

SOUNDRAW
AIがシーンに合わせた、オリジナルのbgmを作曲

SOUNDRAW株式会社

資金調達概要

調達額
累計1億円
調達先
株式会社ディープコア
複数のエンジェル投資家

サービス概要

動画クリエイター向けAI作曲サービス『SOUNDRAW』を展開する、SOUNDRAW

『SOUNDRAW』は、BGM入手の煩わしさを解決するクリエイター向けのAI作曲サービス。

AIによって無数に生み出されるフレーズを組み合わせ、楽曲の尺・構成・楽器・テンポなどを自由にカスタムできる。

それにより、会社PR動画・広告動画・YouTubeなど様々なコンテンツに合うオリジナルの楽曲を簡単に作れる。

今回の資金調達により、楽曲数の追加、UI・UX改善、機能追加、マーケティング活動などをおこなう予定だという。

代表 楠太吾氏は、趣味で動画編集をしている際、動画に合ったBGMを探すのがとても大変だったという。そこで、「BGMの盛り上がるタイミングや尺を、自分で簡単に編集できればいいのにな」と思ったことで起業に至った。

SECTION
/

エンペイ
日本のあらゆる業界の集金業務をデジタル化

資金調達概要

調達額
4億円
調達先
DNX Partners 3号投資事業有限責任組合他(DNX Ventures)
ちゅうぎんインフィニティファンド1号投資事業有限責任組合(株式会社中国銀行)

集金業務のキャッシュレス化・DX化を実現するFintech×SaaSプラットフォーム『enpay(エンペイ)』を提供するエンペイ

『enpay』は、パソコンとスマホを活用し、現金や紙を一切やり取りすることなく、請求からお支払いまで管理できる、集金業務支援サービス。

リアルタイムでの支払い状況の確認や消し込み作業など全て自動管理が可能。また、集金業務だけでなく会計データを自動作成し、会計業務管理までワンストップで行える。

今回の資金調達により、『enpay』の事業拡大や品質向上、新たな金融サービスの開発、組織の拡充をおこなう予定だという。

代表 森脇潤一氏は、博報堂、リクルートを経て起業。リクルートでは新規事業開発を担当しており、子育て支援事業『キッズリー』の事業責任者として事業成長を牽引した経歴を持つ。

SECTION
/

Anlimited:大学生活をスマホ上で完結させる

資金調達概要

調達額
1,000万円
調達先
East Ventures株式会社

サービス概要

大学生のためのSNS『Union』を展開する、Anlimited。

『Union』は全国の大学生が講義内容、就職、留学などさまざまな事柄について質問し、回答が得られる機能が搭載されている。

大学内の情報を学内の学生に向けて共有、宣伝できる掲示板機能がメインだ。

また、大学からの連絡をアプリ上でプッシュ通知を受け取り、そのまま質問、返信ができる機能など大学生活に関することを包括的に管理できる。

今回の資金調達により、エンジニアの採用をおこなう予定だという。

こちらの記事は2021年04月07日に公開しており、
記載されている情報が異なる場合がございます。

次の記事

記事を共有する
記事をいいねする

執筆

小酒井 圭祐

国内スタートアップの資金調達ニュースをまとめていきます。トレンドの変遷を追っていくことに興味があります。趣味は筋トレとプログラミング。

編集

辻野 結衣

1997年生まれ、東京都在住。関西大学政策創造学部卒業し、2020年4月からinquireに所属。関心はビジネス全般、生きづらさ、サステナビレイティ、政治哲学など。

おすすめの関連記事

記事を共有する
いいね

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります