INSIGHT
18-07-11-Wed

生体認証システムやアート×ブロックチェーンなど──押さえておきたい資金調達ニュース【〜7月8日】

TEXT BY MASUMI OSAKI
前記事
#5
連載 資金調達の週報
#6
次記事
#7

資金調達が活況となり、日々のニュースが溢れている。

全てを追いきれない読者のために、
FastGrowでは週次で国内外スタートアップの資金調達ニュースを紹介。

今週も日本から4社、海外から2社をピックアップした。

2018年7月2日〜2018年7月8日分
過去の週報はこちら

Chapter
/

HiCustomer : カスタマーサクセス管理ツール

HiCustomer

資金調達概要

調達額
6000万円
調達先
500 Startups Japan
BEENEXT
アーキタイプベンチャーズ

サービス概要

サブスクリプション(定期課金型)サービスにおけるユーザーの行動を管理し、定着率を高める支援をする「HiCustomer」。

サブスクリプション型のサービスではユーザーの解約を防ぎ、いかに継続利用をしてもらえるかが成長のポイント。その専門家と言えるカスタマーサクセスという職種が近年注目を集めている。HiCustomerはその仕事を支援するサービスだ。

サービスの利用状況に応じて解約兆候やアップセルの可能性を検知したり、データから顧客のライフサイクルを自動で分類したりできるのが特徴。顧客ごとに適切な打ち手を見極め、サービスの成功をサポートする。

Chapter
/

エフ・コード : 次世代型Web接客ツール「CODE Marketing Cloud」

CODE Marketing Cloud

資金調達概要

調達額
1.4億円
調達先
複数の個人投資家

サービス概要

これまでフォーム最適化ツールやWeb接客サービスを通じて、500社以上のWebサイトのCVR改善をサポートしてきた『エフ・コード』。

同社が7月中旬にリリースする予定の「CODE Marketing Cloud」は、自社のCVR改善ノウハウを詰め込んだ新しいWeb接客ツールだ。

Webサイト来訪者の訪問回数や訪問ページといった行動履歴、連携した外部データソースの情報を元に、ひとりひとりに最適な接客を実現。業界別に接客テンプレートを用意することですぐに実践できるのも特徴だ。

Chapter
/

スタートバーン : アート×ブロックチェーン

スタートバーン

資金調達概要

調達額
1億円
調達先
UTEC

サービス概要

ブロックチェーン技術の活用によってアート市場の課題解決を目指している『スタートバーン』。

作品のタイトルやサイズ、制作年、作者情報、来歴情報、真贋情報といったデータをブロックチェーン上で共有するネットワークを構築中。これによって参加機関が独自の作品証明書発行サービスを開発したり、作品売買・管理ができる環境を作ろうとしている。

ネットワークに参加するサービスのひとつとしてオークション機能を搭載したアート専用SNSも開発。これはもともと同社が提供していたサービスを改良したもので、ユーザー同士で作品を売買した際にオリジナルの作者へ還元金が支払われるのが特徴だ。

Chapter
/

Liquid : 生体認証システムの開発

Liquid

資金調達概要

調達額
33億円
調達先
農林中央金庫
東京海上日動火災保険
森トラスト
大和証券グループ本社
上田八木短資株式会社
SBI AI & Blockchain投資事業有限責任組合
その他国内事業会社

サービス概要

生体情報にフォーカスした画像解析技術とビックデータ解析技術を基に、複数のサービスを展開している『Liquid』。

現在提供しているものには、独自の指紋センサーを用いることでカードや現金なしで決済できるレジアプリ、オフィスやマンションのドアの解錠ができる指紋スキャナー、ゆびや顔から得られる生体情報で本人認証や決済ができるサービスがある。

今後は顧客の顔画像のデータから、オンライン上で本人確認が完結するサービスも提供予定。

Chapter
/

Storyline(アメリカ): Alexaスキルの開発プラットフォーム

Storyline

資金調達概要

調達額
77万ドル(約8,500万円)
調達先
Boost VC

サービス概要

Amazonの提供する音声サービス「Alexa」のスキルをプログラミングの知識なしで作れる『Storyline』。

Webサイトやモバイルアプリをドラッグ&ドロップで作れるサービスのAlexa版だと思ってもらうとイメージしやすいかもしれない。

国内でもAmazon Echoを含むスマートスピーカーの注目度が上がってきていて、専用のアプリも増加傾向にある。Storylineではすでに約2,500名の開発者が参加し、同社のサービスを通じてさまざまなAlexaスキルが生み出されているということだ。

前記事
#5
#6
次記事
#7
#6
生体認証システムやアート×ブロックチェーンなど──押さえておきたい資金調達ニュース【〜7月8日】
[文]大崎 真澄

FastGrowアカウントでできること

気に入った
記事・企業・求人のキープ

毎日編集部が厳選した
記事のまとめメールが届く

※配信停止可能

FastGrowが主催する
イベントの予約

ポジション求人への
エントリー

FastGrow更新情報や厳選ニュースをチェック

関連記事
注目の連載
記事一覧にもどる