1回答

外資系のプロフェッショナルキャリアのパスとして、PEファンドもベンチャーCxOと同じく「経営」に関わるパスの1つかとおもいます。どんな人にはベンチャーのCxOをおすすめしますか?

質問

外資系のプロフェッショナルキャリアのパスとして、PEファンドもベンチャーCxOと同じく「経営」に関わるパスの1つかとおもいます。どんな人にはベンチャーのCxOをおすすめしますか?

1件の回答

回答1
回答掲載日
2020/10/29
森 暁彦
  • 大学院在籍/独立社外取締役/元上場ベンチャーCFO 

千葉県出身。大学3年生で会計士補の資格を取得。国際会計事務所KPMGの公認会計士を経て、ゴールドマン・サックスに入社。ゴールドマン・サックスでは投資銀行部門に所属し、東京オフィス及びニューヨーク本社にて、M&A、企業投資、資金調達業務に従事。その後、株式会社レノバにてCFO(最高財務責任者)。CFO在任期間中に、レノバは東証マザーズ及び東証一部に上場。2020年現在、大学院に在籍しながら、複数のテクノロジー系スタートアップにて独立社外取締役。経済ニュースメディアNewsPicksにてプロピッカー。早稲田大学商学部卒、京都大学経営管理大学院在籍。

PEファンドの投資プロフェッショナルもベンチャーのCXO業もどちらも素晴らしい仕事です。ただ、両者は本質的な役割が全く異なります。

PEファンドの本質は金融業であり投資業です。PEファンドの真のクライアントは、彼らに資金を預けている投資家(LP)です。あくまでも「金融業の中では事業サイドに寄っている職種」といえるのがPEファンドの立ち位置かと思っています。

その中でTier 1のPEファンドでは、最高の経営者をアサインし、彼らに仕事を委任して事業を成長させてもらいます。そして経営者の指名や報酬設計、監査・監督といったガバナンスの要諦を押さえて、必要に応じて限定的に企業経営に関与していくことが、本来的な投資プロフェッショナルの役割です。実際に現場にまで出てハンズオンするのはジュニアスタッフを多く雇用する必要がありますし、時間と労力を要しますから、金融業・投資家業としては見方によっては非本流と言えます。

一方で、自らの手で事業を伸ばすことにコミットしたい、という思いがある方であれば、ベンチャー企業に飛び込んでCXOなどを務めるのはとても良いと思います。ベンチャーのCXOは経営者として、権限と責任を持って企業成長を実現させる役割を担っています。ベンチャーでは「まだP/LやB/Sに現れていない変数を自らの手で作り出す」「新規事業をゼロから生み出していく」という産みの苦しみを経験するでしょう。このとき、ビジネスの商流を俯瞰し、経営におけるキーポイントを見つけるという、外資系コンサルティングファームや投資銀行で培えるスキルは、ベンチャー経営においても転用が可能です。

マインドセットなどのソフトスキルやCEOとの相性はよく確認されることをお勧めします。ベンチャーの総大将は創業者でありCEOです。彼らのビジネスパートナーとして長い道のりをともに歩んでいけるかをきちんと見極める必要があります。

回答の続きをみる

おすすめの質問

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン