連載資金調達の週報

ライフエンディング・プラットフォームを強化。よりそうが総額約35.1億円を調達──押さえておきたい資金調達ニュース

関連タグ

「イノベーターの成長を支援し、未来社会を共創する」をミッションに掲げるFastGrowは、さまざまなコンテンツを通して、いま注目すべき次世代の成長企業と出会う機会を提供している。

『資金調達の週報』では、編集部が厳選したスタートアップの資金調達ニュースをまとめてお届け。資金調達の様子を定点観測していれば、次の成長企業が見えてくるはずだ。今週は4社をピックアップした。

2022年1月11日〜2022年1月17日分 過去の週報はこちら

  • TEXT BY OHATA TOMOKO
  • EDIT BY YUI TSUJINO
SECTION
/

よりそう
“ライフエンディング”サービスを包括的に提供する

株式会社よりそう

資金調達概要

調達額
総額約35.1億円
調達先
フィデリティ・インターナショナル
農林中金キャピタル
Sumisei Innovation Fund
博報堂DYベンチャーズ
Sony Innovation Fund by IGV
HT Asia Technology Fund
株式会社ヤマシタ

サービス概要

葬儀・法要・供養等のライフエンディングサービスを包括的に提供している、よりそう

同社は、インターネット経由で全国一律プランのお葬式を提供する『よりそうお葬式』、菩提寺のない方向けに全国で僧侶手配を行う『よりそうお坊さん便』など、複数サービスを提供している。

今回の資金調達により、終活・葬式・供養・相続まで包括的に提供する「ライフエンディング・プラットフォーム」構想の強化、新規事業の創出、認知拡大に活用する予定だ。

代表 芦沢雅治氏は、アメリカの大学から帰国後、個人事業主として多くのWebサイト運営を経験。老人ホームや介護施設、結婚式場などライフステージに関わるレビューサイトを複数運営する中で、葬式領域にビジネスチャンスを見つける。2009年3月に、よりそうの前身となる株式会社みんれびを設立し、2018年6月に社名変更を行った。

SECTION
/

Smash
解約抑止率を向上し、企業と顧客のリレーションを強化する

株式会社Smash

資金調達概要

調達額
総額8,016万円
調達先
株式会社博報堂DYベンチャーズ
i-nest capital株式会社

サービス概要

サブスクリプションサービスや定期通販の「解約」を抑止する、リテンションボット『Smash』を開発・運営している、Smash

『Smash』は、「解約」というタッチポイントで顧客の感情に応じたコミュニケーションを図り、解約抑止・分析を行う。

今回の資金調達により、『Smash』のさらなる研究・開発を行い、解約抑止率を向上させる予定だ。

代表 石山真也氏は、新卒でMacbee Planetに入社。リテンションマーケティング事業にて、サブスクリプションサービスや定期通販を提供している企業の解約抑止をサポート。2021年3月に同社のリテンションマーケティング事業が独立。同月にSmashが設立され、代表取締役社長に就任した。

SECTION
/

SATORI
マーケティングの可能性を伝え、日本の営業生産性を向上させる

SATORI株式会社

資金調達概要

調達額
総額約20億円
調達先
インキュベイトファンド
SMBCベンチャーキャピタル
Axiom Asia Private Capital

サービス概要

マーケティングオートメーションツール『SATORI』を開発・提供している、SATORI

同社は「あなたのマーケティング活動を一歩先へ」をミッションに、リードの獲得からナーチャリングの実現までサポートし、見込顧客を創出する。

今回の資金調達により、採用・人材育成の体制を強化、『SATORI』の機能開発を行う予定だ。

代表 植山浩介氏は、東京大学情報理工学系研究科の修士課程を終了後、トライアックスを設立。Webシステム構築事業を行う中で「獲得したノウハウを元にワンストップで消費者とコミュニケーションが取れるプラットフォームを提供したい」という想いから、2014年にトライアックスの社内ベンチャーとしてSATORIをスタート。2015年9月に同社を設立した。

SECTION
/

Smart Craft
製造企業のDX化に貢献し、売上の向上をサポート

株式会社Smart Craft

資金調達概要

調達額
総額5,000万円
調達先
ジェネシア・ベンチャーズ
ANOBAKA

サービス概要

製造企業向け現場データの一元管理SaaS『Smart Craft』を開発・提供している、Smart Craft

『Smart Craft』は製造現場の情報資産である製造・作業データを一元管理し、自動でデータ集計を行うクラウドサービスだ。

2022年1月12日にβ版をリリースし、既に10社ほどの製造企業でトライアルが決まっている。2022年春頃には、正式版のリリースを目指す予定だ。

今回の資金調達により、プロダクト開発チーム・ビジネスディベロップメントチームの強化を行うという。

代表 浮部史也氏は、キーエンスに入社し、法人営業を経験。その後、アクセンチュアにて戦略コンサルタントを担当。「モノづくり産業のニュースタンダードを創る」というミッションのもと、2021年6月に同社を設立した。

こちらの記事は2022年01月19日に公開しており、
記載されている情報が異なる場合がございます。

次の記事

記事を共有する
記事をいいねする

執筆

大畑 朋子

1999年、神奈川県出身。2020年11月よりinquireに所属し、編集アシスタント業務を担当。株式会社INFINITY AGENTSにて、SNSマーケティングを行う。関心はビジネス、キャリアなど。

編集

辻野 結衣

1997年生まれ、東京都在住。関西大学政策創造学部卒業し、2020年4月からinquireに所属。関心はビジネス全般、生きづらさ、サステナビレイティ、政治哲学など。

おすすめの関連記事

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン