1回答

もし森さんが今学生だったら、どのようにキャリアを歩みますか?参考にさせていただけると幸いです。

質問

私も森さんのようにファイナンス領域に強みを持ちながら企業経営に携わっていきたいと思っています。もし森さんが今学生だったら、どのようにキャリアを歩みますか?参考にさせていただけると幸いです。

1件の回答

回答1
回答掲載日
2020.10.29
森 暁彦
  • 企業財務プロフェッショナル/経営科学研究者 

公認会計士を経てゴールドマン・サックスに入社。その後、スタートアップの経営職に転身し、これまでレノバ、エネチェンジ、シナモンAIにてCFOや取締役を歴任。

2022年4月より、リクルートホールディングスにてファイナンス本部担当執行役員、リクルートにて取締役、京都大学経営管理大学院博士後期課程に在籍。

世の中の環境は絶えず変化していくという前提のもとで、キャリア形成上変わることのない普遍的で重要な視点を2つ意識されると良いのではないでしょうか。

1点目は、業界構造やビジネスモデルへの理解を深められるような業務を担当していくことです。CFOとして当然ファイナンスの知識は全てのベースとして必要ですが、その上でCFOは単なる機能軸の仕事をするだけでは足りません。企業のトップマネジメントの一人であり、企業の戦略立案そのものに関わっていくことが求められます。既に心に決めている業界や事業があるのなら、そちらの世界における商流の上流に位置する企業に飛び込むのは一つのアイディアです。テクノロジーのスタートアップを志す学生の方でしたら、ITプラットフォーマーも良いかもしれません。ヤフーやメルカリ、エムスリーなどでBizDevや経営企画などを担当すれば、業界構造の理解や、どのような経営変数がどのように経営にインパクトを与えるかに対するビジネスの理解が進むと思います。

もし業界を決めきれない場合は、業界横断で様々な事業を構造的に理解することが職種として求められる戦略コンサルティングや投資銀行のバンカーは、キャリアの序盤戦において引き続き良い選択肢の一つだと思います。

2点目は、優秀な方が揃っている職場にいくことです。私も含め、人間はそもそも怠惰なものですから、レベルの高い環境に飛び込み、勝手に視座が上がるような状況にするのは重要です。私の場合には、ゴールドマン・サックスにて優秀な方々と肩を並べて仕事をしたことや日本を代表する起業家に仕えるレノバでの経験があったからこそ、今があります。

回答の続きをみる

おすすめの質問

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン