INSIGHT
NUMBER
01

日本の宇宙ベンチャーから、ミレニアム世代向けアプリ銀行まで──押さえておきたい資金調達の週報【〜6月3日】

資金調達が活況となり、日々調達のニュースが溢れている。

一つひとつを追いかけるのが大変な読者のために、
FastGrowでは週次で国内外スタートアップの資金調達ニュースを紹介している。

今週は日本から4社、海外から2社をピックアップしたい。
過去の週報はこちら

  • EDIT BY KAZUYUKI KOYAMA
SECTION
/

シナモン : AI活用の業務効率化ツール

Cinnamon - Disruptive AI to extend human potential

資金調達概要

調達額
約9億円(シリーズB)
調達先(第三者割当増資)
SBIインベストメント
FFGベンチャービジネスパートナーズ
伊藤忠テクノソリューションズ
Sony Innovation Fund
TIS
調達先(融資)
みずほ銀行
三井住友銀行

サービス概要

ホワイトカラーの生産性向上をテーマに、AIを活用したプロダクトを複数展開。

主力サービスである文書読み取りエンジンの「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」では、さまざまなビジネス文書をAIが読み取り、データベースに自動で入力する。

対象はPDF、Wordファイル、印字・手書きなどの紙文書など。手書き文書の読み込み精度が実データで95〜98%と高いことに加え、不定形のものでも対応できることが特徴だ。現在は金融や保険業界の大手企業を中心に導入が進む。

直近では特化型の音声認識技術「Rossa Voice(ロッサ・ボイス)」の実証実験も開始している。

関連タグ

編集

編集者。大学卒業後、建築設計事務所、デザインコンサル会社の編集ディレクター / PMを経て、weavingを創業。デザイン領域の情報発信支援・メディア運営・コンサルティング・コンテンツ制作を通し、デザインとビジネスの距離を近づける編集に従事する。デザインビジネスマガジン「designing」編集長。inquire所属。

デスクチェック

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。 「ライフハッカー[日本版]」副編集長、「北欧、暮らしの道具店」を経て、2016年よりフリーランスに転向。 ライター/エディターとして、執筆、編集、企画、メディア運営、モデレーター、音声配信など活動中。

こちらの記事は2018年06月07日に公開しており、記載されている情報が異なる場合がございます。