4回答

スタートアップ創業メンバーの理想的な役割分担はなんですか?

質問

創業メンバーの理想的な構成・役割分担があれば教えてください。

4件の回答

回答4
回答掲載日
2021.02.08
手嶋 浩己

1976年生まれ。1999年一橋大学商学部卒業後、博報堂に入社し、マーケティングプランニング、ブランドコンサルティング業務等6年間勤務。2006年インタースパイア(現ユナイテッド)入社、取締役に就任。その後、2度の経営統合を行い、2012年ユナイテッド取締役に就任、2018年退任。在任中は多数の新規事業の立ち上げや、メルカリ等へのベンチャー投資、複数社のM&Aの実行等で貢献。2013年-2017年メルカリ社外取締役。2018年、XTech Venturesを共同創業し、現在は代表パートナー。2019年には株式会社LayerXの取締役にも就任。

フルコミットのコアメンバーとしては「代表1名」と「つくれる人2名」程度いれば十分です。その他に業務委託としてサポートしてくれるメンバーが数名いれば良いと思います。人が多ければいいというものではないので、スタートアップ創業期から幹部やCxOを集め過ぎる必要はありません。創業初期は最低限のメンバーでレバレッジを掛けるほうが成長角度を高められます。過去にはメンバーが1人しかいない状態でも投資したことはありますが、その場合でも採用力があるか、人を惹きつけ強固なチームを作る能力があるかはしっかりと見ています。

回答の続きをみる
回答3
回答掲載日
2021.02.08
浅田 慎二

伊藤忠商事株式会社および伊藤忠テクノソリューションズ株式会社を経て、2012年より伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社にて、ユーザベース、メルカリ、WHILL、TokyoOtakuMode、Box等国内外ITベンチャーへの投資および投資先企業へのハンズオン支援に従事。 2015年3月よりセールスフォース・ベンチャーズ 日本代表に就任し、ビズリーチ、freee、Sansan、PhoneAppli、TeamSpirit 、トレタ、ヤプリ、Goodpatch、マネーツリー、TeachmeBiz、AndPad等B2Bクラウドベンチャーへ投資。慶應義塾大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学経営大学院MBA修了。

スタートアップ創業メンバーに重要な要素は3つあります。「共通の課題意識」「性格補完」「スキル補完」の3つです。

まず、創業者メンバー同士で共通の課題意識を持っていることが最も重要です。どんなに優秀なチームでも何を解決しようとしているかが揃っていないことには機能しません。自分が解きたい課題を明確にし、それに心から共感してくれるメンバーを見つけることが大切です。

また、性格的な補完も大事だと思います。お笑い芸人を例にすると、ボケとツッコミという相反する立場の2人ですが、補完関係があると成り立ちますよね。真逆でも良くないし、反対に、まったく同じ性質の2人でもダメです。

最後に、スキル的に補完し合える関係であることも重要です。エンジニアとビジネスサイドの比率なども含みます。戦略と実行などスキルセットをお互いに補完し合えるメンバーであることが大切です。

回答の続きをみる
回答2
回答掲載日
2021.02.08
湊 雅之

東京工業大学工学部・同大学院卒(工学修士)。米カーネギーメロン大学経営大学院卒(経営学修士)ボストンコンサルティンググループにて国内大手企業の中期経営計画の策定やトランスフォーメーションの実行支援の戦略コンサルティング、独化学大手BASFにてエンタープライズ営業および新規事業開発に従事したのち、VCの世界へ。STRIVE(旧GREE Ventures)、Salesforce Ventures、DNX Venturesにて、日本のB2B/SaaSスタートアップ約40社へのVC投資および成長支援を担当。ロンドン在住。過去の投資実績は、ココペリ、コミューン、イエソド、エンペイ、カウリス、アガサ、Resily、MyReferなど。

スタートアップ創業メンバーに最低限求めることは、「プロダクトを作れること」、「顧客業界の知見や経験、ネットワークがあること」、そして「創業メンバーの能力が補完関係にあること」の3つです。私の場合、SaaSがメインの投資分野なので、プロダクトが作れるのはもちろん、カスタマーインサイトがあるかどうかは重要なポイントです。また、創業メンバーは同じ強みを持った人間より、違う強みがある方(ビジョナリー型+実行力型、顧客業界出身者+開発経験者など)が、チームのバランスや拡張性の観点からも必要です。上記が満たせていれば、人数も役割分担も特に気にしません。

回答の続きをみる
回答1
回答掲載日
2021.02.08
前田 ヒロ

シードからグロースまでSaaSベンチャーに特化して投資と支援をする「ALL STAR SAAS FUND」マネージングパートナー。2010年、世界進出を目的としたスタートアップの育成プログラム「Open Network Lab」をデジタルガレージ、カカクコムと共同設立。その後、BEENOSのインキュベーション本部長として、国内外のスタートアップ支援・投資事業を統括。2015年には日本をはじめ、アメリカやインド、東南アジアを拠点とするスタートアップへの投資活動を行うグローバルファンド「BEENEXT」を設立。2016年には『Forbes Asia』が選ぶ「30 Under 30」のベンチャーキャピタル部門に選出される。

SaaSの場合、「つくれる人2名」「お客様と話せる人1名」の構成が良いのではないかと思います。まずは開発を行うエンジニアや、お客様の課題を理解して要件定義できるようなPMなど、プロダクトをつくれる人に比重を置くことが重要です。そして多くの場合はCEO自ら営業することがほとんどですが、お客様と直接話し、PDCAを回す人が1人いれば良いかなと思います。SaaSの初期は、特につくるものが大量にあり、PDCAも高速で何回転もさせなければいけないため、プロダクトをつくれる人に比重を置くのが良いと思います。

回答の続きをみる

おすすめの質問

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン