トークスクリプトは不要。活躍するインサイドセールスの共通点を、プロ4名に聞いた【FastGrow Answers インサイドセールス特集/前編】

執筆者
茂野 明彦
  • 株式会社ビズリーチ HRMOS事業部 インサイドセールス部 部長 兼 BizReach 創業者ファンド パートナー 

2012年、株式会社セールスフォース・ドットコムに⼊社。グローバルで初のインサイドセールス企画トレーニング部⾨を⽴ち上げると同時に、アジア太平洋地域のトレーニング体制構築⽀援を実施。2016年、株式会社ビズリーチ⼊社後、インサイドセールス部⾨の⽴ち上げ、ビジネスマーケティング部部⻑を経て、現在はHRMOS事業部インサイドセールス部部⻑を務める。インサイドセールスに関する連載記事の執筆を⾏うほか、インサイドセールスカンファレンスを企画するなどインサイドセールスの認知向上、発展に貢献している。著書に「インサイドセールス–訪問に頼らず、売上を伸ばす営業組織の強化ガイド-(翔泳社)」

西山 直樹
  • ベルフェイス株式会社 取締役 

2007年、新卒にて営業支援会社の(株)セレブリックスに入社。大手IT企業のインサイドセールス部隊構築支援を中心に、延べ80プロジェクトの新規セールス部隊立ち上げに参画。200名を超える営業マンの採用やマネジメントに従事。2015年同社を退職し、ベルフェイスの立ち上げに参画。セールス/インサイドセールス/マーケティング/カスタマーサクセス等のレベニュー部門の全体を統括。現在はエンタープライズGrと事業企画室を管掌。

阿部 慎平

新卒でデロイトトーマツコンサルティングに入社後、大手企業の戦略案件に多数従事。2017年3月にスマートキャンプに入社。事業戦略・組織戦略の策定、SaaS業界・インサイドセールス業界レポートの執筆、SaaSカンファレンスの主催、インサイドセールス代行・コンサルティング『BALES』、インサイドセールスマネジメントシステム『BALES CLOUD』、オンライン展示会『BOXIL EXPO』の立ち上げなどを推進。セールスフォースユーザー会インサイドセールス分科会2019年度会長。2019年11月よりマネーフォワードグループへ参画。

鈴木 淳一
  • 株式会社セールスフォース・ドットコム 執行役員 セールスデベロップメント本部 本部長 

広告系ベンチャー企業の営業マネージャーを経て、 2010年インサイドセールスとして現職に入社。 外勤営業を経験した後、 インサイドセールス部門にてマネジメントを行う。インサイドセールスにてスタートアップ/中堅中小およびエンタープライズ部門を統括。インサイドセールス、The Model、SaaSのノウハウ提供も行う。

事業やキャリアに「正解」はあるのか。きっと答えはNOだ。

それでも先人たちには確かに通ってきた道がある。圧倒的な思考と行動で、スタートアップを成長へと導いてきた。

そして私たち、FastGrowの仕事は、彼/彼女らの実践知を未来の事業家に届けること。

正解を教えることはできないが、不要な失敗を避け、正しい道筋を示すことはできるはず。そうすることで、偉大な事業家が生まれると信じている。

現役事業家が回答する新企画。事業の悩みは、事業家に聞こう──。

特設ページはこちら

今回は「インサイドセールス特集」と題して、4名のエキスパートに質問をぶつけた。

SECTION
/

インサイドセールスに必要な素養は何か?

SECTION
/

インサイドセールス未経験者、まず何から教える?

SECTION
/

時間をかけた顧客、諦めるべき?

SECTION
/

何度も読み返しているバイブルは?

SECTION
/

BizReach 創業者ファンドでは、どこに投資する?

最後は番外編として「BizReach 創業者ファンド」についてのご質問もいただいたので、茂野氏にご回答いただきました。さらに、なんと茂野氏の著書「インサイドセールス 訪問に頼らず、売上を伸ばす営業組織の強化ガイド」が今週9日に発売開始。すでにAmazonベストセラー1位を獲得している本書は、すべてのインサイドセールスパーソンにおすすめです。

明日の後編では、以下の質問に4名が回答。乞うご期待ください。

  • インサイドセールス組織の立ち上げ時、どのような人を採用すべき?
  • インサイドセールスのプロ人材を外注する際、握っておくべきことは?
  • 営業とインサイドセールスがタッグを組んで個社深耕を図るなど、対応が変わるクライアント企業規模のラインはどこですか?
  • 既存クライアントとの面談頻度や話す内容、商談以外の場での関係構築の必要性は?
  • セールス部門やマーケティング部門など、対内的な調整工数をどのようにして削減していますか?

こちらの記事は2020年12月10日に公開しており、
記載されている情報が異なる場合がございます。

記事を共有する
記事をいいねする

次の記事

連載FastGrow Answers(β版)

企業成長を牽引するNo.2、かくあるべし。ラクスル福島氏、コインチェック大塚氏らに学ぶ「経営者思考」【FastGrow Answersプレイバック】

福島 広造
  • ラクスル株式会社 取締役COO 

1979年生まれ。慶應義塾大学理工学部卒業後、ITコンサルティング会社を経て、ボストンコンサルティンググループ(BCG)に入社。プリンシパルとして、トランスフォーメーション(企業変革)/テクノロジー・アドバンテッジ領域を担当。2015年7月、ラクスル株式会社へ入社。経営企画部長、SCM部長を経て、現在は取締役COOを務める。

松本 勇気
  • 合同会社DMM.com  CTO(最高技術責任者) 兼 テクノロジー/プラットフォーム事業本部長 
  • 合同会社EXNOA CTO 

2018年10月11日より合同会社 DMM.com CTO(最高技術責任者)に就任。
2018年8月まで株式会社Gunosyにて執行役員 CTOおよび新規事業開発室室長。
Gunosy創業直後に入社。
これまでニュース配信サービス「グノシー」「ニュースパス」などの立ち上げから規模拡大、また広告配信における機械学習アルゴリズムやアーキテクチャ設計を担当し、幅広い領域の開発を手がける。
新規事業開発室担当として、ブロックチェーンやVR/ARといった各種技術の調査・開発を行う。
2019年5月より合同会社DMM GAMES(現・合同会社EXNOA)CTOを兼任。

公開日2020/12/15

この連載の他の記事

この連載の特設ページをみる

おすすめの関連記事

記事を共有する
いいね

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります