FastGrow Newsとは?

10年以上ベンチャー採用支援を続けるスローガン社の知見を元に独自選定した、100人の起業家・投資家のソーシャルフィードを解析し、前日その方たちの間で話題になった厳選ニュースを、1日5本限定、毎朝7時に配信します。

閉じる

ベンチャー上場時にCFOであるための、キャリアの王道は存在するのか?~94社を調査対象にしたCFOキャリア研究~

資金調達や上場のニュースが飛び交う際に注目を集める要職、CFO。20~30代前半の金融機関で働く人の中には、将来ベンチャーのCFOになりたい、と思っている方もいるのではないだろうか。しかし、どのようなキャリアを経験した人が、企業の上場承認時にCFOであったのかを知る人はそう多くは無いであろう。今回は独自の基準で選定した94社を対象に、CFOないしはそれに類する責務を負う人がどのような経歴の持ち主なのかリサーチした結果を紹介しよう。

2017.04.10 Mon
読了時間
読了時間

調査対象企業

上場日(上場承認日ではない)が2014年1月1日~2017年4月30日の企業のうち、設立20年以内のメディア関連・テクノロジー関連を中心に選抜。CFOないしはそれに類する責務を負う役員(執行役員を含む)に関する情報が不確かな企業を除いた、94社が調査対象。一次情報としては、上場時目論見書や過去に登場したメディアから収集した。

調査結果と考察

(追記:17/4/9)マイネット嶺井様よりご指摘いただいた点を精査し、本文内の数値やグラフを修正いたしました。ご指摘ありがとうございました。

およそ4社に1社しかCFOという役職を設けていない

調査対象企業のうち24.4%(94社中23社)しか、そもそも「CFO」という肩書をもつ役員がいなかった。管理部長、コーポレート本部長など、実質的に「CFO」と同じ役割を担っているであろう肩書も多く見られたが、「CFO」という役職はそこまで浸透していないようである。

※以下文中における「CFO」とは、対象企業において実質的にCFOとみなして良いと判断される役職に就いている人のことを指している。

ファーストキャリアが外資系投資銀行の人はわずか3名

新卒時に外資系投資銀行に入社した割合はわずか3名(3.2%)。その後2社目以降で外資系投資銀行の経験がある人を加えても、経験者は9名(9.6%)であった。

グリー青柳氏、メタップス山崎氏のような一部のファーストキャリアが外資系投資銀行であるCFOの経歴の印象が色濃く残っているため、「ベンチャー企業の上場に携わりたければ新卒で外資系投資銀行に行けば良い」と思っていた人も少なく無いと思うが、これは誤解であったといえよう。

外資系投資銀行経験者の割合(全体)

3人中2人が新卒は事業会社に入社

次に、新卒入社した業界に特徴があるかどうか調査した。

財務、会計、監査のいずれかに直接的に関係する業種である「銀行」「証券」「監査法人」の3業種とそれ以外の事業会社への就職比率をまとめたグラフが下記である

年代ごとに見ると、30代は新卒で監査法人に入った者が25.0%(28名中7名)と、他年代と比較して高い。

若くしてCFOを務めるには、CFO業務に直結する領域での経験が早いうちから確実に積める環境が有利に働いたと推測される。

新卒入社企業の業種・業界

60%が、金融関連企業への勤務経験を一度も持たない

さらに意外なことに、59.5%(94名中56名)の人が、金融・証券業界、監査法人の3つのうちいずれにも一度も勤務した経験がないことも判明した。調査対象のうち最も若い世代である30代では、57.1%(28人中16人)が同条件にあてはまった。将来CFOを目指す方にとって、事業会社での勤務経験だけでも上場を担うCFOとなれる、というのは新しい気付きなのではないだろうか。

銀行・証券会社、監査法人への勤務経験比率

30代CFOの平均経験社数は約2社。若いほど経験社数は少ない

さらに30代に焦点をあてると、平均で3社目に入社した企業の上場時にCFOである者が一番多くなった

この内、新卒入社した企業でCFOとなった人は28名中2名のみと非常に稀であり、年代を限らず全体94名でみても、新卒入社からCFOとなった者は3名しかいなかった。(30代に2名、50代に1名)

上場時在籍企業に勤務するまでの平均経験企業数

総評

ベンチャーのCFOになるために、必ずしも外資系投資銀行や会計士というキャリアを経る必要はない

一般的に、上場するベンチャーのCFOには外資系投資銀行出身者が多いという印象があるが、実態はそうとも言えなかった。

これは、外資系投資銀行在籍者の中で、そういったキャリアチェンジをする人が少なくなっているという事象の現れか、もしくは、採用するベンチャー側が、CFOは外資系投資銀行出身者でなくても良い、と思っていることの現れのようにも思える。

半数以上の人が事業会社での就業経験しかない、という事実も合わせると、「ベンチャーのCFOは外資系投資銀行か会計士の出身だよね」という一般的に思われがちな主張は、必ずしも正しくない、と言えるだろう。

ここで気になるのは、「果たしてどのようなキャリアを事業会社の中で積んでいけば、CFOになれるのか?」という問いだと思う。

この観点に関しては引き続き調査し、解明していきたい。

調査対象企業94社一覧(期間内で企業名50音順)

上場日(上場承認日ではない)が2014年1月1日~2017年4月30日の企業のうち、設立20年以内のメディア関連・テクノロジー関連を中心に選抜。CFOないしはそれに類する責務を負う役員(執行役員を含む)に関する情報が不確かな企業を除いた、94社が調査対象。一次情報としては、上場時目論見書や過去に登場したメディアから収集した。

  • 株式会社Aiming
  • AppBank株式会社
  • CYBERDYNE株式会社
  • 株式会社FFRI
  • GMO TECH株式会社
  • GMOメディア株式会社
  • GMOリサーチ株式会社
  • 株式会社gumi
  • 株式会社Gunosy
  • Hamee株式会社
  • 株式会社KADOKAWA・DWANGO
  • LINE株式会社
  • 株式会社LITALICO
  • MRT株式会社
  • 株式会社MS-Japan
  • 株式会社SHIFT
  • 株式会社U-NEXT
  • 株式会社VOYAGE GROUP
  • 株式会社アイモバイル
  • 株式会社アイリッジ
  • 株式会社アカツキ
  • アトラ株式会社
  • 株式会社アルファポリス
  • 株式会社イード
  • 株式会社イグニス
  • 株式会社イトクロ
  • 株式会社イノベーション
  • 株式会社インターワークス
  • 株式会社インベスターズクラウド
  • 株式会社うるる
  • 株式会社エイトレッド
  • 株式会社エクストリーム
  • 株式会社エスクロー・エージェント・ジャパン
  • 株式会社エディア
  • 株式会社エボラブルアジア
  • 株式会社エルテス
  • 株式会社エンバイオ・ホールディングス
  • 株式会社オークネット
  • 株式会社オプティム
  • 株式会社オロ
  • 株式会社カナミックネットワーク
  • 株式会社カヤック
  • 株式会社キャリア
  • 株式会社クラウドワークス
  • 株式会社グリーンペプタイド
  • 株式会社グローバルウェイ
  • サイジニア株式会社
  • 株式会社サイバーリンクス
  • ジグソー株式会社
  • 株式会社シャノン
  • 株式会社ショーケース・ティービー
  • シリコンスタジオ株式会社
  • シルバーエッグ・テクノロジー株式会社
  • 株式会社セラク
  • 株式会社セレス
  • ソーシャルワイヤー株式会社
  • 株式会社ダブルスタンダード
  • 株式会社チェンジ
  • 株式会社ディー・エル・イー
  • データセクション株式会社
  • テクノプロ・ホールディングス株式会社
  • 株式会社デジタルアイデンティティ
  • 株式会社デファクトスタンダード
  • テモナ株式会社
  • 株式会社ネットマーケティング
  • 株式会社パートナーエージェント
  • 株式会社はてな
  • 株式会社ビーグリー
  • ピクスタ株式会社
  • 株式会社ファーストロジック
  • 株式会社フィックスターズ
  • 株式会社ブランジスタ
  • 株式会社フリークアウト
  • フリュー株式会社
  • 株式会社ベガコーポレーション
  • 弁護士ドットコム株式会社
  • マークラインズ株式会社
  • 株式会社マーケットエンタープライズ
  • 株式会社マイネット
  • 株式会社みんなのウェディング
  • 株式会社メタップス
  • メディカル・データ・ビジョン株式会社
  • メドピア株式会社
  • 株式会社モバイルファクトリー
  • 株式会社ユーザーローカル
  • 株式会社ユーザベース
  • 株式会社リアルワールド
  • 株式会社リクルートホールディングス
  • リネットジャパングループ株式会社
  • 株式会社リンクバル
  • 株式会社レアジョブ
  • 株式会社レノバ
  • 株式会社レントラックス
  • 株式会社ロコンド
会員限定記事

90社354名を徹底調査。ベンチャー上場時の役員報酬はいくらなのか?

毎回好評をいただいているFastGrow Editor's Insight。今回は、ベンチャー上場時の役員報酬に着目した。上場前からボードメンバーとして会社に貢献している取締役たちは、上場という大きな節目に一体どれほどの報酬を得ているのだろうか。或いは、実際のところあまりもらえていないのだろうか。独自基準で選定した90社を対象に、上場時の役員報酬をリサーチした結果を紹介する。

次のSkypeはどれだ!スタートアップ大国エストニアの注目企業9選

人口わずか130万人、国土面積は九州ほどの小国にも関わらず、Skypeを筆頭に世界にその名を轟かすスタートアップを生み出すエストニア。国を挙げてIT化を推し進め、起業家育成にも力を入れる同国には、”e-Estonia”という呼び名すらついている。今回はFastGrow注目の、エストニア発スタートアップを9社紹介しよう。

19時退社でも新規事業が生まれ続ける企業はいかにして誕生したか?

先日、大きな反響をいただいた働き方革命に挑むベンチャー企業12社。その12社の中でFastGrowが独自取材を行った企業にフォーカスを当てていく。2社目となる今回は、ITで不動産領域の変革を狙う株式会社イタンジの角氏に取材を行った。

全社員リモートワーク&副業OKでも急成長する企業の秘密~株式会社キャスターが挑む働き方革命~

先日、大きな反響をいただいた働き方革命に挑むベンチャー企業12社。その12社の中でFastGrowが独自取材を行った企業にフォーカスを当てていく。初回は、全社員がリモートワークで、副業OK、給与は自己申告制、という次世代的な働き方を実践する株式会社キャスター。人事担当の勝見氏を直撃した。

超大型シリアルアントレプレナーが仕掛ける、シンガポール発・事業投資会社が日本で投資する5条件とは?

シンガポールに本拠地を置くREAPRA(リープラ)グループが、日本での投資・事業立ち上げを強化している。REAPRA Venturesとして、既に日本のスタートアップ10社に投資。今後もさらに20社を設立時から関わり立ち上げる予定だ。ほぼメディア露出をせず、ベールに包まれたREAPRA Venturesの全貌を明らかにすべくFastGrowによる独占取材をおこなった。

大企業にも負けてない!働き方の革命に挑むベンチャー企業12選(後編)

近年、フリーランサーの増加やリモートワークの普及により、個人のワークスタイルに合わせた多様な働き方が認められるようになってきている。企業側としても優秀な人材の獲得チャンスを逃すことになると、勤務制度の改革に積極的な企業もあるようだ。 今回はFastGrow注目の、働き方改革をリードするベンチャー企業12社を紹介しよう。

大企業にも負けてない!働き方の革命に挑むベンチャー企業12選(前編)

近年、フリーランサーの増加やリモートワークの普及により、個人のワークスタイルに合わせた多様な働き方が認められるようになってきている。企業側としても優秀な人材の獲得チャンスを逃すことになると、勤務制度の改革に積極的な企業もあるようだ。 今回はFastGrow注目の、働き方改革をリードするベンチャー企業12社を紹介しよう。

農業を高収益化し「おいしい野菜」の作り手を増やす

規格外野菜を販売する自社ブランド青果店を持つアグリゲート。創業者の左今には、食農分野の高収益プラットフォームを創るという壮大なミッションを支える原体験が存在した。
株式会社アグリゲート 代表取締役 左今 克憲 

農業は行き詰まっている。だからチャンスなんだ。

“シェア畑”事業を軸に急成長するアグリメディア。創業者である諸藤氏はなぜ農業分野を選択したのか?“シェア畑”の次に目論む事業展開とは?
株式会社アグリメディア 代表取締役 諸藤 貴志 

旅行先で食べたあの魚を、東京でも食べられる世の中へ

創業5年で120名、実店舗から飲食店向けECサイトまで運営し、水産業界のIT化を目論むフーディソン。その創業の歩みと将来ビジョンとは?
株式会社フーディソン 代表取締役 CEO 山本 徹 
FOLLOW US

インタビュー、リサーチ記事の更新情報をいち早くお届けします。