arrow_back JOURNALNovember 2017 arrow_forward
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
01
02
closeCLOSE

【ドリコムCFO 後藤】元外資系バンカーが「20代に読んで欲しい」と語る、“仕事の基本”を綴った時代小説とは?

「ビジネス書はまず読まない」と語る株式会社ドリコム取締役・CFO 後藤英紀。しかし彼にも、キャリアに影響を与えた2つの本があった。それは遺伝子論を大衆向けに解説した『利己的な遺伝子』、生真面目な商人道を説いた時代小説『銀二貫』である。
17-09-13-Wed
後藤 英紀(ごとう・ひでき)
株式会社ドリコム 取締役

演繹的なアプローチを教えてくれた『利己的な遺伝子』

ビジネス書は基本読まないですよ。そういう習慣が身につかなかったんです。

多分、他の人もそうだと思うんですが、我々の世代の投資銀行系の人達はほとんどビジネス書を読まなかった。たぶん、顧客や同僚との会話でおなかいっぱいになっちゃうんだと思います。

新しい事柄を整理するために読むことはありましたが、それ以外ではなかったですね。ただ、ファイナンスなどの専門書は必要に応じて読みますよ。

そんなわけで“らしい”おすすめをあげることは難しいのですが、これまでで印象に残っている本が2冊あります。その本の1つが 『利己的な遺伝子』(リチャード・ドーキンス、紀伊國屋書店)。私が大和総研に新卒入社し、駆け出しのアナリストとして働いていた時に読んだ本です。

著者のリチャード・ドーキンスは、「生物は遺伝子によって利用される"乗り物"に過ぎない」と言うほど強烈な遺伝子中心視点を提唱した人物。彼の視点は新しく、様々な議論を引き起こしました。

中心となる考えは、「すべての生物は遺伝子が住むための生存機械(Survival Machine)だ」ということ。

生物の行動や進化は、遺伝子が持つ進化的安定戦略(Evolutionarily Stable Strategy―ESS)に沿った結果と説明されていますが、この着眼点は帰納的な考えだけでは生まれない。だからこそ彼の思想は、演繹的なアプローチをすれば新しい発想が生まれると教えてくれるんです。

この本のおかげで、マクロ的に物事を俯瞰することを覚え、人とは違った視点で面白いものの見方ができるようになりました。

例えば、この本を読んだ後、

この記事の続きを読むには
「無料会員登録」または「ログイン」が必要です。

Facebookで登録・ログインする
メールアドレスで登録する場合はこちらから