closeCLOSE

真似したいシリアルアントレプレナー(連続起業家) 日本が誇る25人

「起業家が育ちにくい」といわれる日本において、少数ながらも存在し、時代を開拓するシリアルアントレプレナーたち。強靭な起業家精神はどのよ...
17-07-11-Tue

「起業家が育ちにくい」といわれる日本において、少数ながらも存在し、時代を開拓するシリアルアントレプレナーたち。強靭な起業家精神はどのように培われたのだろうか。今回は、日本の著名連続起業家25人が歩んできたキャリアを紹介しよう。

多様なキャリア。バラエティに富んだ事業。

シリアルアントレプレナーといわれて思い浮かぶ人物像はどのようなものだろうか。

異彩を放つ変人、頭のキレるエリート、ハングリー精神の塊。人によって様々だろう。

今回紹介する25人の経歴も様々で、一口には表すことは出来ないが、誰ひとりとしてつまらないキャリアを歩んできたものはいない。

将来起業を目指す人も、そうでない人も彼らの経歴から学べることがあるはずだ。


※リサーチに必要なデータは、企業ページや関連メディアから収集した。氏名50音順で表示。

1. 有安 伸宏

1981年神奈川県生まれ。慶應義塾高等学校、慶應義塾大学(SFC)卒業。大学在学中、19歳の時に起業を経験する。卒業後、ユニリーバ・ジャパンに入社。シャンプー等の消費財のマーケティングを担当する。2007年1月、コーチ・ユナイテッドを創業し、習い事のマーケットプレイスCyta.jpを運営。2013年9月に同社の全株式をクックパッドに売却。2016年2月に社長を退任した。2015年にはTokyo Founders Fundを共同設立し、現在はエンジェル投資家としても活動。日米で30を超える企業に投資を行っている。

有安 伸宏氏(中央下)
出典:彼らが「リアルビジネスファンド」を始める理由:8人の起業家による「TOKYO FOUNDERS FUND」始動|WIRED.jp

https://wired.jp/2015/07/15/tokyo-founders-fund/

2. 家入 一真

1978年生まれ。福岡県出身。美大受験予備校を卒業後、一般企業に入社。結婚と妻の妊娠をきっかけに起業を決意。2001年に合資会社マダメ企画を設立し「ロリポップ!レンタルサーバー」を運用。2003年に有限会社paperboy&co.(現GMOペパボ)を設立。2004年に株式会社化、2008年12月にJASDAQ史上最年少で上場。2010年3月に代表取締役社長を退任、代表取締役CCOに就任した。同年4月、渋谷オンザコーナーなどのカフェを運営すパーティカンパニー、2011年1月CAMPFIREを運営するハイパーインターネッツ(現CAMPFIRE)を設立。2012年1月、スタートアップへの投資・育成を行うパーティファクトリーを設立。同年5月、ものづくり集団Liverty設立。8月、creww株式会社を設立し、共同創業取締役に就任。12月BASEの立ち上げなどを経て、2015年1月XIMERAを設立。現在、CAMPFIRE代表取締役、BASE取締役、XIMERA代表取締役。

出典:「クラウドファンディングだけでなく、あらゆる資金ニーズに応える」CAMPFIREが6億円調達で事業拡大 | TechCrunch Japan

http://jp.techcrunch.com/2017/06/07/campfire-fundraising/

3. 井口 尊仁

岡山県立林野高校、立命館大学文学部哲学科卒業。システムエンジニアを経て、1996年ジャストシステム入社。1999年にデジタオ創業。ブログによるパブリッシングを事業化。2008年、現実空間のソーシャル化を志向して頓智ドット設立。翌年スマホ向けARソフトウェア「セカイカメラ」を正式ローンチ。2013年にグラス型ウェアラブルコミュニケーションデバイス「Telepathy One」を開発し、Telepathy Inc.を創業。Googleグラスに勝負をかけた。2014年7月からDOKI DOKI, INC.最高経営責任者。2016年に5秒間の声でユーザー同士が繋がるアプリ「Baby」をリリース。シリコンバレーを拠点とする。

出典:DOKI DOKI CEO 井口尊仁さんに聞くテクノロジースタートアップをシリコンバレーでやるべき理由 - Skyland Venturesブログ

http://labs.skyland.vc/entry/2016/07/28/113146

4. 一岡 亮大

1986年生まれ。北海道出身。北嶺高等学校、首都大学東京経営学部卒業。2006年、大学在籍時にSaaS事業の会社を設立、システム開発に従事。2010年、三井住友銀行入行、法人営業を務める。フリーランスエンジニアへ転身後、2011年、MUGENUPを創業し、代表取締役に就任。「プロダクトがデータから作られる時代の、デザインデータメイカー」をテーマに法人向け2D•3D制作プラットフォーム「MUGENUP STATION」を運営。雇用創出に貢献した新興企業を顕彰する「Job Creation 2014」で1位受賞。2015年、QREATOR AGENT所属クリエイター。2015年、クラシテク(後にアンドディー)設立。2016年10月同社代表取締役、医療法人北翔会理事、社会福祉法人翔陽会理事就任。

一岡 亮大氏(左)
出典:元MUGENUP代表が手がける医療系動画ECのアンドディーが資金調達 | TechCrunch Japan

http://jp.techcrunch.com/2017/04/07/and-d-funding/

5. 岡田 光信

1973年庫県神戸市生まれ。東京大学農学部卒業。Purdue University MBA修了。宇宙ゴミを除去することを目的としたベンチャー、ASTROSCALE PTE. LTD. のCEO。大蔵省(現財務省)勤務後、マッキンゼー・アンド・カンパニーにて経営コンサルティングに従事。自身で経営を行いたいとの思いが募り、IT会社ターボリナックス社を皮切りに、SUGAO PTE. LTD. CEO等、IT業界で10年間、日本、中国、インド、シンガポール等に拠点を持ちグローバル経営者として活躍する。幼少より宇宙好きで高校1年時にNASAで宇宙飛行士訓練の体験をして以来、宇宙産業への思いが強い。現在は宇宙産業でシンガポールを拠点として世界を飛び回っている。2015年2月には、衛星の研究開発拠点としてアストロスケール日本法人を設立。

出典:NASA体験が刺激 甲陽学院の落ちこぼれ、全国1位に|出世ナビ|NIKKEI STYLE

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO17160200R00C17A6000000?channel=DF130920160874

6. 木村 新司

東京大学物理学科卒業。2003年にドリームインキュベータに新卒入社し、戦略コンサルタントと投資を行う。シリウステクノロジーズ取締役就任後、2007年にアトランティスを設立しCEOに就任。2011年に同社をグリーに売却し、GREEの広告事業の国内海外の事業を統括した。投資家としてGunosy創業に関わり、2013年より同社共同最高経営責任者。マザーズ上場に導く。2014年8月に同職を退任。その後、シンガポールへ拠点を移し、ベンチャーへの投資に注力。2016年06月に「スマホでの支払い文化の創出」を掲げAnyPayを設立。代表取締役に就任。2015年12月、クラウドワークス社外取締役に就任。

出典:あの木村新司氏が「割り勘事業」を始める理由 | インターネット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

http://toyokeizai.net/articles/-/154276

7. 小林 清剛

1981年東京生まれ。文教大学情報学部情報システム学科卒業。大学在学中より数社にてインターンを経験。2004年7月にプライムスタイルを設立し、取締役就任。翌年4月に同社を退社し、イン・ザ・カップを設立し、代表取締役社長に就任。日本最大級のコーヒー通販サイトを運営した後、事業変更。インターネット関連事業を中心に新規事業の立ち上げに関わる。2009年4月にスマートフォン向けの広告配信事業を手がけるノボットを創業。代表取締役に就任。2011年7月に同社をKDDI傘下のmediba子会社化へと導いた。その後米国にて2013年12月に創業されたChanoma代表に就任。同社はリモートハイヤリングプラットフォーム「Remotus」の開発運営を行う。

出典:元ノボットの小林清剛氏が新プロジェクト「Remotus」を公開ーー米国から開発者不足の問題に挑む #bdash - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

http://thebridge.jp/2014/07/remotus

8. 柴田 陽

1984年生まれ。山形県出身。高校時代はテニス部に所属し、インターハイに出場した。東京大学経済学部在学中に起業を経験。2007年に卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに新卒入社。2010年に同社を休業し、コードスタートを創業。バーコード価格比較アプリ「ショッピッ!」を開発する。並行して秘書向け贈答花専門通販サービスを運営する青山花壇を立ち上げる。この2社を売却し、2011年スポットライトを創業し、O2O(Online to Offline)スマートフォンアプリ「スマポ」を生み出す。2013年10月に同社を楽天にバイアウト。2016年11月にあらゆる人にとって価値ある投資機会に出会える場を創造する会社、クラウドポートを協働創業。

柴田陽氏(右)
出典:ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」正式公開——連続起業家の柴田陽氏らが新会社 | TechCrunch Japan

http://jp.techcrunch.com/2017/02/02/crowdport-launch/

9. 谷井 等

1972年大阪府生まれ。神戸大学経営学部卒業。大学時代に阪神大震災に遭遇。新卒としてNTTに入社するも9カ月で退職。家業の洋品店の再建を任され、軌道に乗せることに成功。並行して1997年9月、無料メーリングリストサービスを展開する合資会社DNSを共同設立。2000年、インフォキャスト株式会社に改組。2000年に同社を楽天に売却。同年9月、メールマーケティングシステムの開発・提供を事業とするインデックスデジタルを設立。いくつかの自社商品をリリースしながら、CRMソリューションサービスのワンストップカンパニーとしての地位を固める。2006年7月、インデックスデジタルを吸収するかたちで、自社グループの商号を変更し、シナジーマーケティング株式会社とする。

10. 津田 全泰

1976年群馬県生まれ。慶應義塾志木高等学校、慶應義塾大学総合政策学部(SFC)卒業。大学4年時に8番目の社員として楽天に入社し、楽天市場の創業期に貢献した。楽天トラベルの立ち上げに従事した後、2003年9月、同社を退社。同年10月に旅行口コミサイト「フォートラベル」を立ち上げ、1年後、カカクコムに事業売却。月間700万人が利用する旅行メディアに成長させる。2008年1月ヨセミテを創業し、医療 SNSの立ち上げに挑戦するも、軌道に乗せることが出来ず撤退。2014年3月より、ノーマディックにて旅行のメディア・コミュニティ「トリップノート」を立ち上げ、運営。

11. 直江 文忠

1977年台湾生まれ。幼少時代を台北駅路地裏の貧しいバラック小屋で過ごす。2003年に葬儀ビジネスを手がけるサンクチュアリを創業。3年で年商30億円まで成長させて売却。2014年4月、シンガポールにてモバイル・スポーツ・ベッティングを開発・運営するKibow Asia Pte. Ltd.を創業し、CEOに就任。同社は2015年4月にサイバーエージェント・ベンチャーズおよび個人投資家らを引受先として、総額約1億円の資金調達を実施した。

出典:KIBOW

https://www.kibow.asia/

12. 平石 郁生

1963年生まれ。福島県出身。福島県立安積高校、東海大学文学部大学卒業。コンサルティングファーム、外資系広告代理店を経て、1991年に市場調査・新規事業開発支援を行うクリードエクセキュート設立、代表取締役社長に就任。ウェブクル ーの創業に参画。また、2000年3月、高付加価値インターネットリサーチを提供するインタースコープを設立。同社株式を保有することを目的として有限会社URSを設立。2006年にURSを組織変更し、ドリームビジョンを設立。2007年にインタースコープをヤフーに売却。2011年3月、株式会社サンブリッジGVH東京オフィサーに就任し、同年5月、 創業間もないベンチャー企業とエンジェル投資家のネットワーキングを主目的としたプラットフォーム「Innovation Weekend」を立ち上げる。 2012年1月、サンブリッジグローバルベンチャーズを設立し、代表取締役社長に就任。2017年7月1日、同社代表取締役社長を退任。同年7月、ドリームビジョンを再始動。シリコンバレー、ニューヨーク、ロンドン、ベルリン、東京をターゲットとした新しい投資事業スキームおよび起業家育成事業立ち上げ準備に着手した。法政大学経営大学院兼任講師。

13. 平野 未来

1984年浅草生まれ。お茶の水女子大学でコンピュータサイエンスを専攻、東京大学大学院修了。大学在学中の2006年に独立行政法人情報処理推進機構の「未踏ソフトウェア創造事業」に選ばれて、エンジニア 4名でネイキッドテクノロジーを共同創業。HTMLを書くだけでiOS/Android/ガラケーでアプリを開発できるミドルウェアを開発・運営。2011年に同社をミクシィに売却。2012年にアプリ開発会社Cinnamonをシンガポールにて創業。2013年ベトナムに開発拠点を設立し、現在はタイ、台湾に拠点を拡大した。写真SNSアプリの「Koala」や「PicChat」を運営。

出典:女性連続起業家平野未来さんに聞く、海外ではたらく始め方と待ち受ける課題とは | 未来を変えるプロジェクト by DODA

https://mirai.doda.jp/series/interview/miku-hirano/

14. 古川 健介

1981年生まれ。成城高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。大学在学中の2000年に受験に特化した学生向けコミュニティ「ミルクカフェ」を立ち上げ、月間1000万pvの大手サイトに成長させる。2004年、レンタル掲示板を運営するメディアクリップの代表取締役社長に就任。翌年、ライブドアにしたらばJBBSを1億円で事業譲渡後、同社にてCGM事業の立ち上げを担当。2006年、リクルートに入社、事業開発室にて新規事業立ち上げを担当。2009年6月リクルートを退職し、同年9月にHow toサイト「nanapi」を運営するロケットスタート(後にnanapi)代表取締役に就任。2014年10月にKDDIグループにジョインし、Supership取締役に就任。通称「けんすう」

出典:「日本ではヒットの限界が見えてきた」nanapi古川健介氏が語るメディアの未来と課題

http://eikaiwa.dmm.com/blog/2601/

15. 堀江 貴文

1972年福岡県生まれ。久留米大学附設高校卒業、東京大学文学部中退。1996年に有限会社オン・ザ・エッヂ(後にライブドア)を設立。2000年にはマザーズ上場を果たした。インターネット黎明期に、いち早くホームページ制作・管理運営を行い注目を浴びた。2006年4月、同社は証券取引法違反により上場廃止。球団買収、ニッポン放送買収、衆院選出馬などで時の人となるも、2006年1月に証券取引法違反の容疑で逮捕。実刑判決を受け収監された。収監中・釈放後も精力的に活動し、現在は宇宙開発事業を始めとして、様々な活動を行っている。SNS media&consulting、7gogoファウンダー。メルマガの会員は18000人を超える。書籍多数。

16. 本田 謙

1974年千葉県生まれ。上智大学卒業。CM音楽制作にフリーランスとして関わった後、生物化学の研究員として渡米、ミシガン大学大学院修了。2005年、コンテンツマッチ広告事業に特化したブレイナー社を創業。2008年、同社をヤフーに売却すると開発部長として、広告プロダクトの開発に携わる。退職後、エンジェル投資家、広告技術についての講演活動などを行う。2010年10月、フリークアウトを設立し、代表取締役社長に就任。リアルタイム入札でインターネット広告枠を買い付けるデマンドサイドプラットフォームを国内で初めて立ち上げて急成長を達成する。2014年6月東証マザーズに上場。

17. 松本 龍祐

1981年神奈川県生まれ。大船高等学校、中央大学卒業。大学在学中より出版系ベンチャー企業の立ち上げ、カフェ経営などを経験。2004年、中国企業のSNS立ち上げに参画する。2006年にコミュニティファクトリーを設立。2009年以降はソーシャルアプリ開発に特化し、写真をデコってシェアできるスマートフォンアプリ「DECOPIC」が2,800万ダウンロードを記録。2012年9月、ヤフー株式会社に事業売却し、同社アプリ開発室本部長を担当。2014年6月に新規事業として設立したTRILL株式会社の代表取締役も務めた。2015年5月にメルカリへ入社。執行役員として新規事業を担当する中で、2015年の9月にソウゾウを設立し、代表取締役に就任。「メルカリアッテ」を開発・運用する。

出典:ヤフーへ事業売却した「DECOPIC」の起業家松本龍祐が、大企業でイキイキしているワケ | HRナビ by リクルート

http://hrnabi.com/2014/09/16/3391/

18. 光本 勇介

1980年神奈川県生まれ。幼少期から18歳までをデンマークおよびイギリスで過ごす。TASIS England、青山学院大学国際政治経済学部卒業。2004年、外資系広告代理店オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンに新卒入社。同社を退職した2008年10月、ブラケット設立、代表取締役就任。最短2分でオンラインストアを作れるサービス「STORES.jp」を運営する。2013年8月にZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイへ売却。2016年10月にMBOを実施し、ブラケット社の取締役会長に就任。2017年2月にバンクを創業し代表取締役に就任。6月28日にアイテムをアプリで撮るだけで査定が完了し、即現金化される質屋のようなサービス「CASH」をスタート。大変話題になったが、キャッシュ化総額が3億6000万以上となり翌日からサービスを休止している。

出典:【インタビュー】「モノを瞬時に現金化」新サービスCASHの仕組みは?光本代表に聞く

https://www.fashionsnap.com/inside/bank-mitsumoto/

19. 望月 佑紀

1983年生まれ。静岡県出身。慶應義塾大学法学部卒業。100名の起業家を訪問することで、起業家の生き方に志を定める。大学在学中の2005年にオネスティ(後にリジョブ)を創業。資本金1円、6畳1間のアパートから事業をスタート。2008年、美容・ヘルスケア業界求人メディア(リジョブ)をリリース。年商15億ベースのビジネスへと成長させる。2012年に単身渡米し、Xvolve Inc.を設立。現地で仲間集めと事業開発をスタート。2014年リジョブをじげんへ19.8億で売却した。その後ドイツに移住。ベルリンを拠点に世界中を旅して見聞を広める。2016年に世界中の聞き上手な人に、いつでも自分の話を聞いてもらえる新サービス「BE HEARD」をローンチ。

出典:約20億円で企業売却、「2020年までに世界を獲る」│INOUZ Times

https://inouz.jp/times/xvolve/

20. 森川 亮

1967年神奈川県生まれ。多摩高等学校、筑波大学卒業。1989年に日本テレビへ新卒入社。1999年、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程にてMBAを取得。翌年ソニー入社。2003年、ハンゲームジャパンに入社、取締役を経て、2006年10月、取締役副社長に就任。2007年10月、NHN Japan(ハンゲームジャパンより商号変更)代表取締役社長に就任。同年11月、ネイバージャパン設立に伴い、ネイバージャパン代表取締役社長を兼務。2013年4月、NHN Japan株式会社の商号変更により、LINE代表取締役社長に就任。2015年3月、同社代表取締役社長を退任。同年4月、C Channel株式会社代表取締役に就任。

21. 諸藤 周平

1977年、福岡県生まれ。私立弘学館高等学校、九州大学経済学部経済工学科卒業。大学時代に起業を決意し、まずは社会を見ようと2000年、新卒でキーエンスに入社。営業として1年半勤めた後、不動産販売会社のゴールドクレストに転職。同社で出会った田口茂樹氏と共に2002年8月、合資会社エス・エム・エスを創業。翌年4月、26歳の時に株式会社エス・エム・エスを設立し、代表取締役に就任。4年目には売上15億を達成。2008年3月13日にマザーズ上場。2011年12月9日に東証一部に市場変更。創業3期目に「100年続く会社に」するために「創業者が長く続けるのはよくない」として10年目には代表取締役を降りることを決定。14年4月、36歳で代表取締役を退任しシンガポールに渡る。同年9月、研究と実践(経営)を通じて産業創造を一般化することをミッションとする会社としてREAPRAを設立し、CEO就任。アグリメディア代表取締役社長の諸藤貴志は実の弟。

出典:100億円かけて3年で30社! 東南アジアに新産業を興す日本人 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

https://forbesjapan.com/articles/detail/12123/1/1/1

関連記事:超大型シリアルアントレプレナーが仕掛ける、シンガポール発・事業投資会社が日本で投資する5条件とは?

22. 籔本 崇

1988年生まれ。愛知高等学校、京都産業大学卒業。2012年、コンフィアンザ創業。街コンなど結婚支援事業を全国で展開する。2013年、25歳の時に同社を創設わずか11ヶ月でミクシィへ売却。2012年から2014年までスポーツイベントやカフェ事業を行うGo Bee Inc.で代表取締役社長を務めた。2014年6月にラスシアを設立。ワンコインでランチが食べられるランチ定期券サービスを運営。海外放浪などを経て、2016年、キネカを創業。エンタメ・コミュニケーション系アプリの開発運営を行う。

23. 山田 進太郎

1977年生まれ。愛知県出身。東海高等学校、早稲田大学教育学部卒業。大学在学時に楽天でインターンを経験。新規コンテンツ「楽天オークション」の立ち上げに参加した。2001年8月、ウノウ設立。新作映画情報サイト「映画生活」(後にぴあに譲渡)、写真共有サービス「フォト蔵」「まちつく!」などの企画・開発・運営に関わる。2010年8月にウノウをZyngaに売却、2012年Zynga Japan退社。2013年2月にコウゾウ(後にメルカリ)を創業し現在に至る。2015年10月、メルカリが2000万ダウンロードを記録。2016年6月期に初の黒字化を達成した。

出典:普通すぎることが僕の悩み メルカリ山田進太郎氏・前編 | カンパネラ

http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/270964/030300001/

24. 吉川 欣也

1967年愛知県生まれ。宮崎県で育つ。法政大学法学部法律学科卒業。1990年に日本インベストメント・ファイナンス (現エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ)に新卒入社。IT系シンクタンクのプロトコルを経て、1995年8月にデジタル・マジック・ラボを創業。コンパック、FedEX、ファミリーマートなど大手企業のウェブ構築を手がける。同社の社長・会長を歴任し2001年7月退社。その後シリコンバレーに渡り、1999年9月IP Infusion Inc. を創業。2005年に同社を5000万ドルでAccess社に売却。2008年4月にMiselu Inc. を設立し、CEOに就任。

25. 吉田 浩一郎

1974年兵庫県神戸市生まれ。六甲高校、東京学芸大学卒業。パイオニアに新卒入社し、営業職に従事。リードエグジビジョンジャパンを経て、ドリコム執行役員として東証マザーズ上場を経験。2007年、経営コンサルティングとITシステムの受託開発行うZOOEEを創業。ベトナムでのアパレル事業で多大な損失を出すなど失敗を経験する。2011年11月、エンジニアとクリエイターのクラウドソーシングサイトの運営会社としてクラウドワークス創業。代表取締役兼CEOに就任。2013年1月ヤフーとの提携、2013年4月ベネッセとの提携を発表した。2014年12月にマザーズ上場を達成。登録者数は145万人を突破し、日本最大のクラウドソーシングプラットフォームに成長させた。新経済連盟理事。平成28年環境省COOL CHOICE推進チーム委員。シェアリングエコノミー協会理事。

出典:ドリコム役員解任から得た経営者としての学び - クラウドワークス吉田氏のHARD THINGS

https://industry-co-creation.com/management/3082