PICK UP
| STARTUP DB

1,200社以上が導入、国内シェアNo.1人材管理ツールカオナビのIPO分析 | STARTUP DB MEDIA | 日々進化する、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム

「シンプルな仕組みで世の中をちょっと前へ。」 このミッションを掲げ、企業の人材マネジメントに目を付けたカオナビが3月15日にIPOを果たす。カオナビは、労働力の減少や働き方改革など、企業により効率的な人材マネジメントが求められる中、クラウド型人材管理ツール「カオナビ」を提供し急成長している。 2012年の本格的な「カオナビ」事業を開始以来、約7年でのIPOとなった。今回はそんな同社のサービスや軌跡について紹介したい。 人材管理ツールとは 「人材管理」とは一般的に、自社の従業員一人ひとりの能力や実績を管理し、社内における最適な人材配置や評価を実現していくことを意味する。従業員の情報は、資格、性格、業務経験やキャリアプランなど多岐に渡るこれらの膨大な情報はExcelや紙で管理されることがほとんどだった。それゆえ大きな組織になればなるほど、管理作業の複雑さは増し、多くの時間を取られていた。 このような人材管理を、より効率的に行うために誕生したのが人材管理ツールである。人材管理ツールには、インターネット経由でデータを保存するクラウド型やソフトウェアを購入するパッケージ型などがある。 クラウド型人材管理ツールでは、クラウド上にデータを一元管的に理できる点や初期導入コストが低く抑えられるなどのメリットがある。今回紹介する「カオナビ」もクラウド型人材管理ツールのひとつである。 「カオナビ」の魅力 「カオナビ」が他の人材管理ツールと一線を画すのは、その名の通り「顔」を用いて人材を管理できる点にある。2019年1月時点で利用企業数は1,200社を突破し、人材管理ツールのシェアNo.1(*1)を誇っている。 「カオナビ」の魅力をまとめると以下の3つだ。 1, 人材マネジメント業務に特化したツール 2, クラウド型人材管理ツール 3, 社員の顔写真で直感的に操作 が可能 「カオナビ」は評価や採用、人材配置や目標管理など人材管理に特化したツール。そのため勤怠管理や給与計算など労務系の機能は有していない。その分、開発リソースなどの経営資源を人材管理領域に投下し、より充実したものにしていく方針だ。…

関連タグ