PICK UP
| STARTUP DB

メンバーのWillを引き出し、自己実現をアシストする経営スタイルが強いチームを創る | STARTUP DB MEDIA | 日々進化する、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム

数多くのスタートアップを見てきた投資家やVC(ベンチャーキャピタル)は、成功もしくは失敗する企業や事業をよく知っているはずだ。そんな仮説を持って、今回あるVCを訪ねた。株式会社ジェネシア・ベンチャーズ(以下、ジェネシア・ベンチャーズ)だ。 代表を務める田島氏は、大手銀行での資金調達業務やサイバーエージェント・ベンチャーズ(以下、CAV。現、サイバーエージェント・キャピタル)での投資経験など、長きに渡って企業の成長を追い続けている。 そんな田島氏が、独立系VCを立ち上げた理由とは。そして、彼だからこそ見える、成功する事業や経営者の条件とは、いったいなんだろうか。詳しく話を聞いてきた。 独立は手段でしかなかった ■田島聡一(たじま・そういち) ー株式会社ジェネシア・ベンチャーズ代表 三井住友銀行にて約8年間、個人向けローンや中小・ 大企業融資、シンジケーション・債権流動化など、さまざまな形態の資金調達業務に関わる。2005年1月、サイバーエージェントに入社。同社では、事業責任者として金融メディアの立ち上げに参画、同事業を上場企業に売却。その後、サイバーエージェントの100%子会社であるサイバーエージェント・ベンチャーズ(現:サイバーエージェント・キャピタル)にて、ベンチャーキャピタリストとして投資活動に従事、多数の企業のIPO・バイアウトを実現。2010年8月以降は同社の代表取締役として、投資エリアの拡大や8ヶ国における投資戦略の策定及び全案件の投資判断に深く関与することで、同社の成長を牽引、アジアで通用するベンチャーキャピタルにまで至る。日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)の理事として業界全体の活性化に注力。2016年8月に株式会社ジェネシア・ベンチャーズを創業。大阪大学/工学部卒。 田島氏の経歴を振り返ってみると、CAVでのVC経験が目に留まる。まず気になったのは、その後どうして自ら独立系VCを設立したのか、ということ。インタビューの最初に聞いてみた。 田島…

関連タグ