3回答

創業時、競合の存在はどのように考えていましたか?アイデア構想から実際の開発まで至った経緯、また競合などもいる中で見えていた「勝ち筋」があれば教えてください。

質問

創業時、競合の存在はどのように考えていましたか?アイデア構想から実際の開発まで至った経緯、また競合などもいる中で見えていた「勝ち筋」があれば教えてください。

3件の回答

回答3
回答掲載日
2021.02.26
諸岡 裕人
  • 株式会社カミナシ 代表取締役 

1984年生まれ。2009年 慶応大学経済学部卒業後、リクルートスタッフィングで営業職を担当。2012年 家業であるワールドエンタプライズ株式会社に入社し、LCCのエアアジアジャパンやバニラエアの予約センターの立ち上げ、JALの羽田機内食工場の立ち上げなどに携わる。その中で感じた現場のペインを解決するため、2016年12月に株式会社カミナシ(旧社名:ユリシーズ株式会社)を創業し、ノンデスクワーカーの業務を効率化する現場改善プラットフォーム「カミナシ」を開発。

当時は、エクセルをそのままiPadに取り込む「ペーパレス1.0」のようなプレイヤーが競合だったこともあり、「UIUXでは勝てそうだぞ」という感覚だけはありました。そのため、これまでほとんど競合を意識して意思決定をしたことはありません。

また経緯に関しては、プロダクトのアイデアを思いついたときに、現場で働いていた時にお世話になった人など、すぐにヒアリング出来る顔が10名ほど思い浮かびました。そこで話を聞くと、皆困ってるし、解決したらお金を払うと言ってくれたので、実際に開発することにしました。

回答の続きをみる
回答2
回答掲載日
2021.02.26
會田 武史
  • 株式会社RevComm 代表取締役 

1989年生まれ。三菱商事株式会社にて自動車のトレーディング、海外市場での販売/マーケティング施策の企画・立案・実行、クロスボーダーの投資案件・新会社設立、政府向け大口入札案件、M&A案件等に従事。2017年7月に株式会社RevCommを設立し、2018年10月に電話営業・顧客対応を可視化するAI搭載型IP電話「MiiTel」を、2021年1月にオンライン商談ツール「MiiTel Live」を正式リリース。

創業時も今も直接的な競合は存在していません。意図的にブルーオーシャンの中から事業領域を選定しました。前職時代から平日の夜や週末に時間を作り、起業の準備を進めてきたのですが、約半年の間に10回ピボットし、今のMiiTelの領域に勝ち筋を見たので前職を辞めて起業しています。

今軸足を置いている領域は3つの軸をもとに選定しました。「今後2~3年以内に来る要素技術であること」「自分がペインに感じること」「自分が好きなこと」の3つです。いくつか浮かんだ要素技術の中でもディープラーニング(深層学習)が最も実現可能性が高く、自分がワクワクできたのでディープラーニングを軸にアイデアを深めていきました。

また、日本のビジネス習慣では「何を言ったか」ではなく、「誰が言ったか」が優先されることが多くあり、コミュニケーションコストが高いというペインを日頃から感じていました。加えて、私は人と話すことが好きでこの領域に関心があったので今のMiiTelのアイデアに勝ち筋を見ました。

回答の続きをみる
回答1
回答掲載日
2021.02.26
尾花 政篤

東京大学経済学部卒。2013年4月より株式会社ベイカレント・コンサルティングにて、主に保険会社を対象としたマーケティング・IT戦略立案やIT投資管理などに従事。2017年8月に株式会社hokanを創業し、代表取締役に就任。保険代理店向けの顧客・契約管理システムhokanを開発・提供。2023年3月末に退任。2023年6月よりSansan株式会社に入社。契約データベースのContract One PdMと、グループ子会社の言語理解研究所のAIコンサルタント兼セールスマネージャーを兼務。

創業当時、日本においてはまだInsurTech領域に参入している競合はあまり存在していませんでした。アメリカではソフトバンクが3億ドルを投資したレモネードなどのInsurTechスタートアップが存在していましたが、国内では2018年がInsurTech元年と呼ばれており、まだあまり目立った競合の存在はなかったという認識です。

事業の勝ち筋としては「人経由での販売」x「比較検討」の領域を支援することがキーになると考えていましたね。日本国内において、オンラインでの保険販売は8%ほどしかなく、未だに保険の営業の方から直接「人」経由で買う方が大半です。また、『ほけんの窓口』のように複数の保険を比較検討して買う習慣が一般消費者に根付いてきているとも感じていました。そのため、乗合代理店と呼ばれる複数の保険会社の委託を受けている代理店向けのサービスからはじめました。

実は、初めは保険代理店向けのサービスではなく、一般消費者向けに保険をデジタルで販売しようと構想していたんです。しかし、進めていく中で法規制の問題や人経由での販売が大事であると感じ、乗合代理店向けのサービスにフォーカスしていきました。InsurTech領域でSaaSのような形態をとっている競合はいなかったため、スピード感をもち、CSをしっかりと行っていければ勝てるのではないかというのが、当時の勝ち筋でした。

回答の続きをみる

おすすめの質問

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

新規会員登録/ログイン