1回答

M&A後に買主と上手く付き合うために大塚さんのポジションで意識されたこと、行動されたことでうまくはまったもの、逆効果だと思ったものなどありましたら伺いたいです。

質問

M&A後に買主と上手く付き合うために大塚さんのポジションで意識されたこと、行動されたことでうまくはまったもの、逆効果だと思ったものなどありましたら伺いたいです。

1件の回答

回答1
回答掲載日
2020.10.29
大塚 雄介

2006年、株式会社ネクスウェイ(元リクルート)にて、主にBtoB新規事業開発に従事。新規事業戦略立案・法人営業・Bマーケティング・UX設計・UI開発まで一貫して行う。2012年に、レジュプレス株式会社を創業。同社にて「人生のストーリーを語るサービスSTORYS.JPを運営。STORYS.JPの代表作は、映画の興行収入28億円・映画観客動員数200万人・書籍116万部を達成したビリギャル。2014年、コインチェック株式会社へ社名変更し、仮想通貨交換所 コインチェックを開始。主に、マーケティング・広報・事業開発・ロビイング統括。

先日の取材記事でも「結婚」と表現させていただきましたが、あくまでマネックスとコインチェックはこれまで別々の人生を歩んできています。そのため当然それぞれが異なる性格や個性を持った組織です。違う個性を持つものが一緒にいるからこそ、チームの意味があると思っているので、カルチャーを無理やり一緒にしたりはしませんでした。

それから、すごく細かいことですが、お互いに「僕らは」や「我らは」という主語で、同じワンチームとして話すことをも意識しています。

回答の続きをみる

おすすめの質問

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン