INSIGHT
18-11-28-Wed

2ヶ月で2600個のファンクラブが開設された「CHIP」など4社──押さえておきたい資金調達ニュース【11月12日〜11月25日分】

TEXT BY MASUMI OSAKI
前記事
#25
連載 資金調達の週報
#26
次記事
#27

資金調達が活況となり、日々のニュースが溢れている。
全てを追いきれない読者のために、
FastGrowでは週次で国内外スタートアップの資金調達ニュースを紹介。

今週は日本から4社をピックアップした。

2018年11月19日〜2018年11月25日分

過去の週報はこちら

Chapter
/

エボラニ:チャットやWeb上で動くミニアプリ構築サービス

Anybot

資金調達概要

調達額
7000万円
調達先
LINE Ventures
D4V
有安伸宏氏
南澤佑樹氏
坂本達夫氏など

サービス概要

LINEチャットやWeb上で動くミニアプリ開発サービス「Anybot」を運営。

AnybotはLINEなどのメッセンジャーツールやWeb上に接客や予約、決済などの機能を持った“ミニアプリ”を構築できるサービスだ。同社によると、ミニアプリは中国のマーケットで特に盛り上がっている領域の一つなのだそう。実際に同国の主要なメッセンジャーサービス「Wechat」内には100万以上のミニアプリが誕生しているという。

導入企業にとっては開発コストを抑えられるだけでなく、ユーザーにアプリのダウンロードや登録の負担を強いることなくサービス提供、顧客管理できるのが特徴だ。

Anybotは今後、自動車や不動産、宿泊施設など業界ごとにOEM提供や基盤技術の提供を通じて業界・業務特化型のソリューションを展開していく計画。その第一弾である大学・専門学校向けサービス「Anybot for college」は、すでに200校前後で導入の予定があるという。

Chapter
/

RINACITA:スマホから簡単にファンクラブを作れるサービス

CHIP

資金調達概要

調達額
4600万円
調達先
East Ventures
佐藤裕介氏
中川綾太郎氏
古川健介氏
金靖征氏
深澤雄太氏
ほか個人投資家1名

サービス概要

スマホアプリから簡単に月額制のファンクラブを作成できる「CHIP」を運営。

2018年8月のリリースから2ヶ月で2万DLを突破し、2600を超えるファンクラブが開設されているCHIP。ファンクラブの名前や説明文、月額料金などを決めるだけですぐにファンクラブを作成できるのが特徴だ。

近年は事務所などに所属せずに、YouTubeやSNSなどを通じて自身の作品や活動を発信するアーティストやインフルエンサーが増えてきた。CHIPでは、そのような個人に新たな収入源を提供することを目指しているという。

今回調達した資金を活用して、新たな機能開発やマーケティングを強化していく方針だ。

Chapter
/

Wakrak:2万人が登録するデイワークアプリ

ワクラク

資金調達概要

調達額
1億円
調達先
オプトベンチャーズ
ANRI
ドリームインキュベータ

サービス概要

1日単位で仕事を探せるデイワークアプリ「ワクラク」を開発。

ワクラクは手軽に1日単位で仕事をしたいというユーザーと、人手が足りない企業をつなぐサービスだ。ユーザーはアプリ内で雇用契約書を締結した後、当日職場に行くだけ。履歴書や面接の準備も必要ない。

ビジネスモデルは採用が発生した場合に、企業側がユーザー給与の10%分の手数料を支払う仕組み。企業は初期費用や月額費用がかからないためコスト削減につながるだけでなく、「〇日の〇時に人が欲しい」というピンポイントでの採用課題を解決できるのが特徴だ。

現在は約2万人が登録。今回の資金調達により、企業への導入やアプリの利用者増加に向けた強化を進めるだけでなく、地方への展開も実施していくという。

Chapter
/

ストリートアカデミー:対面型のスキルシェアサービス

ストアカ

資金調達概要

調達額
3.8億円
調達先
スパイラル・ベンチャーズ・ジャパン
TBSイノベーション・パートナーズ
モバイル・インターネットキャピタル
APAMANグループのグループ会社

サービス概要

教えたい人と学びたい人をつなぐスキルシェアプラットフォーム「ストアカ」を運営。

人に教えたいスキルのある個人が誰でも先生になって講座を開くことができるストアカ。オンラインではなく対面スタイルを採用していて、複数人の生徒が参加するワークシェア形式が多いのが特徴だ(マンツーマンも可能)。

現在は全国で25万人以上のユーザーが登録。掲載されている講座も170ジャンル、2万3000講座以上と幅広い。対面型のためエリアの制約はあるものの、首都圏だけでなく福岡や関西への展開も進めているほか、東京メトロ、蔦屋書店、近鉄百貨店など法人との共同開催や自治体との取り組みも実施している。

調達した資金を活用して、首都圏以外への地域展開に注力していくという。

今週は計4社の調達状況を紹介した。今後も、FastGrowは週次で調達状況を発信していく。

前記事
#25
#26
次記事
#27
#26
2ヶ月で2600個のファンクラブが開設された「CHIP」など4社──押さえておきたい資金調達ニュース【11月12日〜11月25日分】
[文]大崎 真澄

FastGrowアカウントでできること

気に入った
記事・企業・求人のキープ

毎日編集部が厳選した
記事のまとめメールが届く

※配信停止可能

FastGrowが主催する
イベントの予約

ポジション求人への
エントリー

FastGrow更新情報や厳選ニュースをチェック

関連記事
注目の連載
記事一覧にもどる