ゴーストレストラン、市民権を得るか?ガイアックスが支援を拡大──スタートアップ関連の注目M&A・資本提携ニュース

関連タグ

「イノベーターの成長を支援し、未来社会を共創する」をミッションに掲げるFastGrowは、さまざまなコンテンツを通して、いま注目すべき次世代の成長企業と出会う機会を提供している。

月刊『スタートアップの注目M&A・資本提携ニュース』では、編集部が厳選したスタートアップ関連の注目M&A・資本提携ニュースをまとめてお届け。M&A・資本提携の様子を定点観測していれば、新たなビジネスモデルが見えてくるはずだ。今月は4件をピックアップした。

  • TEXT BY KEISUKE KOSAKAI
  • EDIT BY YUI TSUJINO
SECTION
/

GRC
ゴーストレストラン事業の急拡大へ

参照:ゴーストレストランの専門家集団 GRC株式会社との資本業務提携に合意

資本提携概要

株式会社ガイアックスGRC 株式会社(2021年3月設立)が資本業務提携

サービス概要

GRC株式会社は、不動産オーナーに対するゴーストレストラン※の開業・運営の支援をおこなう。

※ゴーストレストラン:客席を持たずデリバリー販売のみを行う飲食店を指す。

株式会社ガイアックスは今年4月に、韓国のクラウドキッチン最大手企業と合弁でクラウドキッチン事業を目的とした新会社WECOOK Japanを設立している。

※クラウドキッチン:ゴーストキッチンの集合体を指す。

この市場には、既存のレストラン・居酒屋チェーンなども続々参入し、2021年は“ゴーストキッチン元年”、2022年は“クラウドキッチン元年”と言われている。今回の資本業務提携により、両社はゴーストレストラン・クラウドキッチン事業をさらに成長させていく予定だ。

SECTION
/

ディーゼロ
九州最大級のWeb制作会社が?

参照:株式会社Kaizen Platformによる子会社化に関するお知らせ

資本提携概要

株式会社Kaizen Platform株式会社ディーゼロ(2000年8月設立)を子会社化

サービス概要

株式会社ディーゼロは、年間300件以上の制作・運用実績を持つ九州最大級のWeb専門の制作会社。

株式会社Kaizen Platformは、顧客接点を改善する動画制作、UX、DXサービスを展開。

今回の子会社化により、Kaizen Platformが創業当初から提供している「Webサイト改善を支援するUXソリューションビジネス」の提供価値を向上させる。さらに、支援内容の拡充として、「新たな市場機会の創出」や「Webサイトの開発から運用まで一気通貫出の支援」といった新たな取り組みを進める体制まで構築する予定だという。

両社ともに、長期にわたってUX サービスを提供してきた点でのシナジーを追求し、“なめらかな働き方の実現”に向けて、技術提供や地域での雇用創出を強化していく。

SECTION
/

souco
荷主企業の輸送ニーズをサポート

参照:トランコムと物流スタートアップのsouco、業務提携契約を締結

資本提携概要

トランコム株式会社株式会社souco(2016年7月設立)が資本業務提携

サービス概要

株式会社soucoは、物流施設・倉庫と荷主のマッチングプラットフォーム『souco』を展開。

全国の物流施設や倉庫の空きスペースを抱える企業と、スペースを必要とする企業の情報を集約している。

トランコム株式会社は、中長距離を中心とした貨物と空車の輸送マッチング(求貨求車)サービスなどを展開している。

物流業界は、トラックドライバーの慢性的な不足や、環境負荷の低減という難題といったさまざまな課題を抱えている。各企業が果たすべき責任と役割がより一層問われるようになっている。今回の資本業務提携により、トランコムが持つ求貨求車サービス約13,000社のパートナー企業の情報と、souco社が展開する『souco』のソリューションが合わさり、連携物流業界の課題解決に向けて尽力していく。

SECTION
/

さとゆめ
地域の活性化を沿線から加速する

参照:JR東日本スタートアップとさとゆめが資本業務提携を締結

資本提携概要

JR東日本スタートアップ株式会社株式会社さとゆめ(2012年4月設立)が資本業務提携

サービス概要

株式会社さとゆめは、地方創生に特化した、伴走型の事業プロデュース会社。

JR東日本スタートアップ株式会社は、駅や駅周辺の魅力と価値の向上に取り組んでいる。

両社は、沿線に点在する空き家をホテル客室に改修し、沿線全体をホテルに見立てる沿線活性化事業『沿線まるごとホテル』のサービス開発に取り組み、2021年2月~4月に実証実験を行った。

そして、実証実験が良好な成績・評価を得たことから、『沿線まるごとホテル』の事業化を始めとする、地方創生分野における様々な協業を積極的に推進していく予定だという。

地方都市や農山漁村では過疎化が顕著となっており、JR東日本グループとしても沿線の過疎高齢化や乗降客数減の課題に直面している。今回の資本業務提携により、『沿線まるごとホテル』の世界観を構築し、新たな滞在型観光やマイクロツーリズムの創出を目指す。

こちらの記事は2021年08月16日に公開しており、
記載されている情報が異なる場合がございます。

記事を共有する
記事をいいねする

執筆

小酒井 圭祐

国内スタートアップの資金調達ニュースをまとめていきます。トレンドの変遷を追っていくことに興味があります。趣味は筋トレとプログラミング。

編集

辻野 結衣

1997年生まれ、東京都在住。関西大学政策創造学部卒業し、2020年4月からinquireに所属。関心はビジネス全般、生きづらさ、サステナビレイティ、政治哲学など。

おすすめの関連記事

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン